【2020年】おすすめ充電式カイロ3選&正しい選び方!冬だけでなく夏も活躍するのでコスパ最強!

 

どうも、ROBOTA(robota_g)です。

 

寒い季節になってきましたね。通勤・通学時は手が冷たい…でも使い捨てカイロを買って毎日使うのは勿体ない。

 

実は充電式カイロを使うことで、「経済的(コスパ最強)」「電源ONですぐ温かくなる」というメリットがあります。使い捨てカイロを使っている人は経済面・利便性から見ても充電式カイロは「アリ」だと思うので、参考にしてみてくださいね!

 

というわけで本記事は「【2020年】おすすめ充電式カイロ3選&選び方!冬だけでなく夏も活躍してコスパ最強!」について書きました!

 

充電式カイロおすすめの選び方

 

充電式カイロの選び方①温度&温度調整の有無

 

充電式カイロの選び方①は「温度&温度調整機能の有無」です。

 

充電式カイロは温度を変更できないタイプから低温・中温・高温と段階を分けて変更できるタイプがあります。最低でも2段階の変更が出来る方が使い勝手がいいので、できるだけ温度調整が可能な充電式カイロ購入することをオススメします。

 

ロボ太
温度調整機能が付いても、そこまで値段に差はないですよ。

 

充電式カイロの選び方②バッテリー容量(●●mAh)

 

充電式カイロの選び方②は「バッテリー容量」です。

 

充電式カイロのバッテリー容量は「mAh」というアルファベットで表記されています。これだけみてもバッテリー量が多いのか少ないのかわかりにくいですよね。

 

iPhone7が1回のフル充電で約3000mAh程度(目安です)なので、5000mAhのバッテリーを搭載しているのであれば、iPhone7の約1.66倍のバッテリー量を搭載していることになります。

 

出来るだけ充電式カイロのバッテリー量は多い方が使い勝手がいいですが、あまり多いと「サイズが大きくなる」「値段が高くなる」とデメリットが発生します。

 

ロボ太
約5000mAhあれば、カイロとしては電池切れのストレスなく使うことができますよ!

 

充電式カイロの選び方③その他機能の有無

 

充電式カイロの選び方③は「その他機能の有無」です。

 

充電式カイロには、カイロ機能だけでなく「モバイルバッテリー機能」や「ライト機能」など大バッテリー量を活かした機能を搭載している場合があります。

 

モバイルバッテリー機能は非常に優秀なので、できるだけ搭載しているタイプを選ぶことをおすすめします。理由としては、充電式カイロが夏場(カイロを使わない時期)でも無駄にならないからです。

 

ロボ太
充電式カイロや使い捨てカイロって夏場に使わないですもんね(;´Д`)

充電式カイロはこんな人におすすめ

 

おすすめ出来る人①使い捨てカイロを使っている

 

使い捨てカイロを毎日使っている人は充電式カイロで何回も使った方がコスパ最強です(詳しい計算は下記)。

 

ロボ太
圧倒的に1回あたりの単価が充電式カイロの方が安いので控えめに言っても経済的。

 

おすすめ出来る人②カイロにお金を使いたくない人

 

①と近いですが、使い捨てカイロって毎日使っていると馬鹿にならない値段になります。1日1個ではなく、朝の出勤時・夜の帰宅時と1日2個使うことも多いと思います。

 

塵も積もれば山となる。毎日使っているとバカにならないコストになってしまいますよね。

 

おすすめ出来る人③すぐに温かくなりたい人

 

使い捨てカイロは開封したらカシャカシャして酸素に触れされることで徐々に温かくなってきますよね。

 

充電式カイロは電源をONにしたら最短で3秒程度で温かさを感じることができます。また温度調整も可能なので、充電式カイロは使い捨てカイロのように熱くなりすぎる心配がありません。

 

ロボ太
当然、電源をOFFにすることも可能なので、燃費・コスパ最強!

 

充電式カイロはコスパが良い【簡単に料金計算】

 

充電式カイロは使い捨てカイロと比較すると圧倒的にコスパがいいです!

 

参考数値
  • 充電式カイロを2,200円と仮定
  • 使い捨てカイロは安いモノでまとめ買いすると<1個11.5円>と仮定
  • 耐久回数が仮に500回(フル充電回数)と仮定して計算します。
  • バッテリー容量は5200mAhで計算

 

充電式カイロが必要になる冬の時期(11月~3月頃)に毎日使っても約3年間以上は使える計算です。価格も2,200円(2019/11/05 時点)なので、単純計算すると【2,200円÷500=4.4円/1回フル充電 】1回4.4円で使うことができます。

 

充電式カイロのバッテリー容量は5200mAhあるので、カイロ機能だけでは1日でバッテリーが無くなることはないです。なので、2日に1回フル充電する計算だと、カイロ機能を1回あたり約2.2円でカイロを使える計算です(電気代は除く)。

 

充電式カイロおすすめ3選

先述したポイントを踏まえて、おすすめの充電式カイロをご紹介していきます。

 

①Alfway充電式カイロ

 

5200mAhモバイルバッテリー機能付きの「Alfway充電式カイロ」です。

 

 

Alfway充電式カイロ「手のひらに余裕で収まるコンパクトサイズ」なのに「5200mAhのバッテリー搭載」でモバイルバッテリーとしても使える優れものです。

 

ロボ太
1台2役(カイロ+モバイルバッテリー)でとても便利です!

 

使う時だけ電源をON/OFF出来るので、使い捨てカイロを購入して使うより経済的です。夏の時期はモバイルバッテリー、冬は+αでカイロ機能を使えます。

 

 

 

Alfway充電式カイロの全体のイメージはこんな感じです。

 

片手で扱えるサイズ感なので女性の方も持ち運びしやすいサイズですよ。

 

 

Alfway充電式カイロの重量は「約138g」と非常に軽量です。通勤・通学で毎日使っても重たくないですし、邪魔にならないサイズ感です。

 

 

Alfway充電式カイロは、カイロ機能以外にも「モバイルバッテリー機能」を搭載しています。

 

バッテリー量は約5200mAhです。5200mAhのバッテリー量が多いのか少ないのかわかりにくいと思うので、iPhoneXのフル充電回数出来る回数で表します。

 

iPhoneXのバッテリー量が「約3110mAh」なので、約1.67回分の充電が可能なバッテリー量です。ちょっと外出先で使うなら十分なバッテリー量です!

 

 

Alfway充電式カイロ「カイロ機能」&「モバイルバッテリー機能」搭載の1台2役の電子カイロです。

 

USBで簡単に自宅でも出先でも充電が可能ですし、Alfway充電式カイロ以外のガジェットの充電が無くなった場合にはモバイルバッテリーとして使える優れものです。

 

ロボ太
電子カイロは冬場は使えるけど、夏場は活躍の場がないという点が弱点でしたが、それを見事に解消した商品です!

 

レビュー記事

 

②BigBlue 充電式カイロ

 

BigBlue充電式カイロ「10000mAhの大容量バッテリー」「2段階温度調整」「ライト機能搭載」と役立つ機能がたくさん搭載された充電式カイロです。

 

スマホのフル充電回数
  1. iPhone7 約3.2回
  2. iPhone7 Plus 約2.2回
  3. Galaxy S8 約2回

 

BigBlue充電式カイロのバッテリー量は充電式カイロの中ではトップクラスの「10000mAh」を搭載しています。

 

10000mAhは、iPhone7で言うと約3.2回フル充電することが可能。充電式カイロは冬以外は役に立たないというイメージをお持ちの人も多いと思います。BigBlue充電式カイロはバッテリー量が10000mAhと多いので夏もモバイルバッテリーとして活躍してくれます。

 

ロボ太
バッテリーはモバイルバッテリー並み。スマートフォンを2~3回フル充電できるぐらいのバッテリー量を搭載しています。

BigBlue充電式カイロはインジゲーター(バッテリー残量がわかる)が搭載されているので、電池切れになる前に充電することが可能です。

 

ロボ太
BigBlue充電式カイロは嬉しい温度調整機能付きです。

 

 

 

「高温⇔低温」を切り替えて使うことが出来るので、自分に合った温度に調整することが可能です。強モードは本体温度40~55℃で、弱モードは本体温度35~45℃とされています。

 

またBigBlue充電式カイロには4段階の電池残量インジゲーターがあるので、一目で電池残量を把握することが可能です。BigBlue充電式カイロの充電し忘れを防いでくれます。

 

 

BigBlue充電式カイロは大容量バッテリーを活かしてライト機能を搭載しています。

 

これいつ使うんだろ?って思ってましたが、カイロを使う時は外で使う機会が多いのでライトがあると意外と重宝しますよ。車のカギが見つからないとか、手元が見えないとか・・・かなり助けられます。

 

レビュー記事

created by Rinker
BigBlue
¥3,299 (2020/04/03 11:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

③OCOOPA USB充電式カイロ

 

OCOOPA USB充電式カイロ」はカイロ機能だけでなく、5200mAhのモバイルバッテリー機能付きです。

 

 

普段はモバイルバッテリーとして使いつつ寒い時にはカイロとして使えるという二段構えです!

 

 

OCOOPA USB充電式カイロのメリットは使いたい時にON・OFFが出来るという点でしょう。通常のカイロは一度開封してしまうと終わりですが、OCOOPA USB充電式カイロはいつでもON・OFFすることができます。

 

安い・いつでもすぐ使えるというのが「OCOOPA USB充電式カイロ」の最大のメリットなのではないでしょうか。

 

ロボ太
通常のカイロと比べると経済的でいつでも使えるという点で利便性抜群だね!

OCOOPA USB充電式カイロ「3段階の温度調整」が可能です。通常のカイロは温度調整が難しいですが、OCOOPA USB充電式カイロであれば、ボタン1つで簡単に温度を変更することができます。

 

温度調整
  1. 低温35℃
  2. 中温45℃
  3. 高温55℃

 

OCOOPA USB充電式カイロは発熱速度も速くスイッチオンから「約3秒」で両面を急速加熱してくれます。通常のカイロでは「シャカシャカしてもなかなか温まらない」「温まった時にはすでに遅い」なんてことが多々ありました。

 

OCOOPA USB充電式カイロでは即加熱してくれて温かいのでそういったストレスもゼロになりますよ!

レビュー記事

OCOOPA 充電式カイロ
OCOOPA

 

【まとめ】おすすめ充電式カイロ&選び方!

本記事は「【2020年】おすすめ充電式カイロ3選&選び方!冬だけでなく夏も活躍してコスパ最強!」について執筆致しました。

 

充電式カイロは「経済的」で「利便性」も抜群です。寒い時期に使い捨てカイロを使っている人は一度検討してみてくださいね。

 

\気に入ったらSNSでシェアしよう/

この記事のURLをコピーする

\ 今すぐチェック!! /

この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう