超便利!iPhoneのコントロールセンターをカスタマイズする方法!




 

今回はiPhoneのコントロールセンターを自分好みにカスタマイズする方法をお伝えします。

コントロールセンターの機能

ロボ太
「コントロールセンターって何?」って人も多いんじゃないでしょうか?

名前は聞きなれないかもしれませんが、おそらくiPhoneを使ったことがある人は一度は見た事があると思います。コントロールセンターとはこれのことです。

 

そう、iPhoneの画面下から出てくるコイツです。実はコントロールセンターを上手いこと使うと非常に便利なんです。自分好みに便利に使えるように、カスタマイズしていきましょう!

 

コントロールセンターのカスタマイズ方法

設定手順
「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」

ここで必要な機能を追加や削除して頂ければカスタマイズ完了です。ちなみにカスタマイズできる内容は以下の機能です。

 

  • Apple TV Remote
  • Wallet
  • アクセシビリティのショートカット
  • アクセスガイド
  • アラーム
  • カメラ
  • ストップウォッチ
  • タイマー
  • テキストサイズ
  • フラッシュライト
  • ボイスメモ
  • メモ
  • 画面収録
  • 運転中の通知を停止
  • 拡大鏡
  • 停電力モード
  • 計算機

アラーム、カメラ、タイマー、メモ、計算機はよく使うアプリなので、コントロールセンターに追加していてもいいかもしれません。

 

標準のコントロールセンターの機能をご紹介

今回のカスタマイズとは違いますが、標準のコントロールセンターの機能をご紹介します。

 

ネットワーク関連

ここからネットワークに関する情報を設定することができます。

ネットワーク関連
  1. 機内モード
  2. Wi-Fi
  3. モバイルデータ通信
  4. Bluetooth
  5. AirDrop
  6. インターネット共有

あれ?4つしか表示ないけど…って方!この4つのアイコンを長押ししてください。こんな画面が出てきませんか?

 

これでAirDropやインターネット共有ができるのは非常にありがたいですよね!早速使っていきましょう!

 

ミュージック

言わずともお分かりかと思いますが、音楽を再生/早送り/巻き戻しが可能です。わざわざミュージックを開く必要がないので、便利ですよね!

 

画面向きロック

画面の向きをロックできます。横になってスマホを見るときとかに勝手に横画面表示になるのを停止できます。意外と知らない人もいるみたいですね。

ロボ太
私の両親も知らずに、頑張って画面の向きと戦ってました。

 

おやすみモード

おやすみモードは就寝時に設定しておくと、着信や通知音を知らせないようにしてくれます。これで真夜中のグループLINEの通知音に悩まされることもありません!

 

おやすみモードをカスタマイズしたい方はこちらもどうぞ!

 

ミラーリング

画面ミラーリングはAppleTV等のデバイスがあればiPhoneの画面をTVに映すことができます。

 

明るさ調整

上下にスクロールすることで明るさを調整できます。画面の明るさを自動調整にしてる場合は、変更しても勝手に修正されてしまう可能性があります。

 

音量調整

上下にスクロールすることで音量を調整できます。

 

あまり聞きなれない機能をご紹介

せっかくなんであまり普段使っていない機能をご紹介していきます。

 

Apple TV Remote

Apple TVをお持ちの方はiPhoneからApple TVを操作できるようになります。つまりリモコンになるってことですね!

 

Wallet

ApplePay対応のカードや、搭乗券などのチケット、スタバなどのクーポンなどを登録しておくことで、すぐにWalletを起動できます。Walletはホームボタンを2クリックしても反応するので、そちらでもありですね!コンビニやガソリンスタンドではとても重宝します!めっちゃ楽!!

 

アクセシビリティのショートカット

アクセシビリティ機能を素早く有効にすることが出来ます。ちなみにアクセシビリティとは、iPhoneの操作をサポートするような機能です。AssistiveTouch、スイッチコントロールなどの機能があります。

 

Assistive Touchとはこれです。

特にAssistiveTouchは色んなショートカットを作っておけるので、利用されてる方も多いですね!

 

アクセスガイド

アクセスガイドとは、デバイスで1 つの App しか使えないように制限し、App のどの機能を使えるようにするかを管理できる機能です。子どもに自分のiPhoneを触らせてあげる時に制限できるので、誤作動の心配をしなくても大丈夫です。

 

テキストサイズ

これは文字のままではありますが、テキストサイズを設定にいくことなく変更できます。

 

ボイスメモ

内蔵マイクを利用して、音声を記憶します。ふと思いついたことを忘れないように記憶させたい時に活用できます。メモを開いて文字を入力できない状況では重宝しますね!

 

画面収録

iPhoneの画面をそのまま録画できます。ゲームの操作画面を録画したり、操作が分からない方に実際の操作を録画してあげたりと、様々な場面で活用できます。

 

ちなみに画面収録を長押しすることで、マイクのオン/オフも選ぶことができます。操作画面と音声を一緒に録画してあげると、分かりやすいかもしれませんね!

 

もう少し「画面収録」を詳しく知りたい方はこちら!

 

運転中の通知を停止

運転中の通知をオフにしてくれるので、運転に集中できます。「運転中の通知を停止」をオンにしておくと、iPhoneが運転中と認識した時点で自動的に通知をオフにしてくれます。

 

着信音やメッセージの受信音、アプリなどの通知音をオフにできます。ちなみに連絡してきた人には、現在運転中ということが伝えられます。

 

拡大鏡

名前の通り、虫眼鏡のように拡大してみることができます。「拡大鏡」を起動するとカメラのようなアプリが起動し、画面上で拡大操作をすることができます。

 

低電力モード

このアイコンを選択することで、「低電力モード」をオンにすることができます。低電力モードでは、一時的にバッテリー消費を抑えることができます。但しオンにすると、メールの取得・HeySiri・Appのバックグラウンド更新・Appの自動ダウンロード・一部の視覚操作がオフになります。

 

特にメールの取得とバックグラウンド更新が停止してしまうということは、メールなどのレスポンスが遅くなってしまいますので、注意が必要です。

 

まとめ

コントロールセンターはカスタマイズすることで非常に便利に使うことができます。個人的にはWi-Fiやカメラ、フラッシュライトを使う機会があるので、非常に助かってます。

 

あと驚いたのは、インターネット共有も実はコントロールセンターで操作できるということですね!よくテザリングを使う人は知っていて損はないはず!

 

ロボ太
ちなみに今回の記事は「iOS11」で紹介してますので、少し画面が違う場合はiOSを確認してみてください。

 

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう