【実践済ノウハウ公開】YouTubeチャンネル登録1000人を超える方法【割りと簡単に達成できる】




 

どうも、YouTuberのROBOTA(robota_g)です。

 

YouTubeを初めて5ヵ月目でチャンネル1000人達成。初心者なりにメジャーなYouTuberさんなどを参考にして試行錯誤してみました。そこで得たリアルな役立つノウハウや実践してみてダメだったノウハウを紹介します。

 

 

ロボ太
YouTubeは収益化(チャンネル登録1000人)超えると楽しい!

 

おそらく、以下のような私と同じ境遇の方には役に立つんじゃないかなぁと思うので、ぜひ読んで頂けると嬉しいです。

 

この記事が役立つ人
  1. YouTubeでチャンネル登録1000人に届かず行き詰ってる人
  2. YouTubeを始めるか悩んでいる。でも難易度が高そうと不安な人

 

 

YouTubeのチャンネル登録が1000人を超える前(収益化前)やYouTubeをはじめる前は本当に稼げるのか心配ですよね。私も上手くいくのか、動画を作っても誰も見てくれないんじゃないか?と不安でいっぱいでした。

 

  • 実際にやったけど無駄だったこと
  • 効果があったこと対策

 

自分で実践したことにより得た情報を公開したいと思います。同じような悩みのある方には参考になると思うので読んでみてくださいね。

 

と言うわけで、本記事は「【実践済ノウハウ公開】YouTubeチャンネル登録1000人を超える方法・難易度とは」についてお話します。

 

過去の数値(0ヶ月目~3ヵ月目)

 

YouTubeチャンネル登録1000人を超えるやり方・ノウハウ

 

結論から言うと「チャンネル登録1000人」は誰でも達成可能なハードルです。

 

誰でもポイントを押さえてやれば、YouTubeの収益化(1000人登録)は可能だと考えています。実際にYouTube初心者の私でも達成できたので信ぴょう性はあると思いますので参考にして下さい。

 

YouTubeチャンネル(概要)
  • スポーツ系
  • 特定のジャンル攻め
  • 毎日投稿
  • ブログ経験(SEO)はあるが、YouTubeは初参戦(素人)

 

YouTube1000人登録達成までに実施した5つの具体的対策

★具体的な5つの対策
  1. チャンネル登録1000人達成までの具体的対策①専門性を高める
  2. チャンネル登録1000人達成までの具体的対策②ペルソナを意識する
  3. チャンネル登録1000人達成までの具体的対策③SEOでキーワード検索流入を狙う
  4. チャンネル登録1000人達成までの具体的対策④毎日投稿する
  5. チャンネル登録1000人達成までの具体的対策⑤試行錯誤する

 

私がYouTubeチャンネル登録1000人を達成するまでに、実施したことについてお話していきます。大きく分けて5つです。

 

先に結論を言ってしまうと「重要なのは小技ではなく、視聴者に有益な情報をどれだけ提供できるか」です。これを意識して取り組めばYouTubeチャンネル登録数1000人は確実に達成できるハードルです。

 

チャンネル登録1000人達成までの具体的対策①専門性を高める

チャンネル登録1000人、さらには1万人・10万人と増やすためには専門性を高めることが必須です。チャンネル登録をしよう!と思う要因は「次にまた見たい!」と思うからですよね。

 

チャンネル登録したいと思う時は?

「このチャンネルを登録しておいたら自分の興味のある分野の情報が得られる」

「この人が面白いからまたみたい」

 

専門性が高い内容でジャンルが統一されていることで、YouTubeのチャンネル登録したらこんな動画が見られるんだ。と分かりやすいので「YouTubeのチャンネル登録する意味」がわかりやすいので登録数が増えやすくなります。

 

もう1つのパターンは「この人が面白いからまたみたい」です。これは人物自体が個性的で面白い(超絶美人・壮絶な経験をしている)必要があります。

 

 

最初から圧倒的タレント性がある人は「散歩してるだけ」でYouTubeのチャンネル登録はぐんぐん伸びていきます。これは内容が面白いからチャンネル登録するというのではなく、その人を見たいからチャンネル登録する。

 

でも、99.9%の人がこんなタレント性は持ち合わせていません。

 

なので、「このチャンネルを登録しておいたら自分の興味のある分野の情報が得られる」と思って貰う必要があります。その為には、同じジャンルで「より専門的に深いノウハウを提供する」ことが大切です。

 

なので、YouTube始めようかなぁと思っている人は「自分の得意なことはなにか?」「好きなことはなにか?」これを書き出してみて、いくらでも動画で語れるようなモノを選ぶことをオススメします。

 

チャンネル登録1000人達成までの具体的対策②ペルソナを意識する

 

チャンネル登録1000人達成するためには、動画ごとに「ペルソナ設定」をすることが大切です。これをするかしないかで、YouTubeチャンネルを見てくれた人がチャンネル登録してくれる動画になるのか決まります。

 

ロボ太
ペルソナ設定とは、作ろうとしている動画を見てもらいたい人はどんな人なのか具体的に設定することを指します。

 

ペルソナ設定例

 

ペルソナ設定を簡単に説明すると「YouTube動画を作る前にどんな人に向けた動画を作るのか書き出す」ことです。上記のようにどんな人に向けて動画を作るのが具体的に設定しておきます。

 

そうすることで「YouTubeで話す時に同じ境遇の人へ」的確なメッセージを送ることができるので、YouTubeチャンネルのファンが増えやすくなるのです。

 

チャンネル登録1000人達成までの具体的対策③SEOでキーワード検索流入を狙う

ブログと違いYouTubeはそこまで「SEOが必要ない」とも言われていますが、個人的には検索流入で安定してチャンネル閲覧者が増えるのでオススメしています。

 

特にYouTube初心者の内は、チャンネルパワーが弱いので「関連動画」や「ブラウジング機能」で表示される数が極めて少ないです。なので、「検索流入」を狙ってSEO対策はしておいた方が絶対にいいですよ。

 

簡単なSEO対策方法

 

YouTube初心者でも簡単にSEO対策する方法「サジェストキーワード」を意識することです。サジェストキーワードとは、上記の画像のように「ブログ」と入力したら、自動で人気のあるワードが出てきます。

 

これを「サジェストキーワード」と言います。これは直近で検索数が多いキーワードなので、そのサジェストキーワードをタイトルに入れることで「検索流入数アップ」が期待できるのです。

 

ロボ太
まずはサジェストキーワードを意識することで検索流入数アップが期待できます!

 

チャンネル登録1000人達成までの具体的対策④毎日投稿する

 

毎日投稿必要・不要は賛否両論ありますが、

私はYouTube初心者こそ「毎日投稿は必須」だと思います。

 

★毎日投稿が必須な理由
  1. 動画作成に慣れるスピードが早くなり、クオリティーアップに繋がるから
  2. 数を出せば再生されやすい動画の傾向を学べるから

 

動画100本作成するまでは、チュートリアルぐらいの感覚でやることをオススメします。数本作った程度では、YouTubeでの再生回数なんて全く上がりません。1本上げるたびに再生回数を気にしていたら、せっかくいい内容のYouTubeチャンネルであっても「動画作成を継続」することが出来ません。ぶっちゃけYouTubeを100人始めたら99人以上が辞めると思います。それぐらいハードです。

 

ロボ太
「まずは100本作ってみる→その中でも再生数が多いところを攻める」最初はこれが大事。

 

なので、試行錯誤はもちろん毎回必須ですが、YouTubeチャンネル登録1000人に早く到達して収益化したいのであれば「まずは動画100本毎日投稿」をして作ることが大切です。そして1本1本試行錯誤を繰り返す。泥臭いですが、これが最短ルートです。

 

チャンネル登録1000人達成までの具体的対策⑤試行錯誤する

 

YouTubeのチャンネル登録1000人に到達するためには「日々の試行錯誤」が大切です。

 

思考停止して毎日同じような動画をアップしていても、確実に伸び悩みます。「④で毎日投稿がすることが大事」と話しましたが、正確には「毎日投稿しつつ毎日試行錯誤する」です。

 

★YouTubeの試行錯誤内容
  1. 内容は視聴者にとって「有益な情報」であるか
  2. もっと興味を惹ける話し方はないか
  3. 今流行りで興味のあることはなにか
  4. 画質・音質は問題無いか
  5. さらに見やすい編集にできないか

 

このようにもっとどうしたら視聴者に役立つ有益な情報を提供できるのか、楽しませられるのか。これを常に考えてYouTubeチャンネルをブラッシュアップしていくことが大切です。「有益な情報を提供」するこれが一番大事だと思いました。

 

ロボ太
それを意識すれば「チャンネル登録1000人」は割と簡単に到達することができますよ。

YouTube登録1万人を目指して実施予定の対策

YouTubeチャンネル登録1000人を達成できたので、次は1万人目指してチャレンジしていきます。割とブログで得た知識が役立ったので、ブロガーの人はチャレンジしてみることをオススメします!

 

テキストが廃れることはないと個人的には思っていますが、時代の流れには乗った方が有利だと思います。

 

①SNS強化(Twitter・Instagram・TikTok等)

 

今までSNSにはあまり力を入れられていませんでしたが、情報発信をする上では確実に必須アイテムです。Twitterのフォロワーが多ければ、それだけで多くの人に「YouTubeでアップした動画を紹介」したり「商品販売」をすることができます。

 

②より専門性を高め「視聴者に有益な情報」を提供する

 

YouTubeには大きく2つのタイプがあります。1つ目は「人にフォーカスしたチャンネル」2つ目は「ジャンルを絞ったチャンネル」です。

 

1つ目は「人」にフォーカスしているので、タレント性が要求されます。これはタレント性や企画力がモノを言う世界なので、YouTube初心者には厳しいジャンルです。まずYouTube初心者(チャンネル登録1000人を目指している)の人は「ジャンルを絞って」チャンネル作成することをオススメします。

 

例えば、「カメラ機材」や「ダイエット」等に絞ったチャンネルをオススメします。これは自分の好きなモノを選んだ方がより専門性が高まるので、好きなジャンル・興味のあるジャンルを選択するようにしましょう。

 

同じジャンルでYouTubeに動画投稿を続けると、そのジャンルを好きな人が集まるようになるのでチャンネル登録がされやすい状態にすることができます。それが前者の「人」にフォーカスした場合は、人が面白くない・企画が面白くない場合は全くチャンネル再生数が伸びません。

 

タレント性は後回しでオッケー。「ジャンルを絞った専門性の高いチャンネル」を作り続けているうちに、単純接触効果(毎回動画を見ることで親近感を覚える)で勝手に「人」にフォーカスされるようになります。

 

実際に私のチャンネルもジャンルを絞ったチャンネルで「人」にはフォーカスしていませんが、チャンネル登録1000人程度でも自分のファンが増えてきました。なので順番は「ジャンルを絞る→人にフォーカス」が正解だと思います。

 

【まとめ】

本記事は「【実践済ノウハウ公開】YouTubeチャンネル登録1000人を超える方法・難易度とは」について執筆致しました。

 

約4ヶ月で何とかチャンネル登録1000人達成しました。実際に無駄なことをいっぱいして遠回りしてきましたが、遠回りした分勉強になりました。

 

「視聴者目線で有益な情報を提供する」これが一番大切なので、自分本位なYouTubeチャンネルにならないように意識してみてくださいね。そうすることでYouTubeチャンネル登録1000人は割と簡単に達成することが出来ます。

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう