【2019年度】Gmailでよく使うメールのテンプレート(ひな形)を作る方法・やり方




 

仕事でGmailを使っているという人は多いと思います。特に事務職をしていると同じメールを何度も送る場面が多いのではないでしょうか。

 

得意先への定期連絡・社内の業務連絡など、文章自体は長いのに内容は毎回少し変える程度のメールも多いと思います。そんな時に役立つ方法は「メールのテンプレート(ひな形)を作っておくこと」です。

 

Gmailでテンプレート(ひな形)を使って作業効率アップ

 

私も実際に「業務連絡」や「社外への定期的な依頼」をテンプレート(ひな形)化しています。同じ内容を毎回メールで打たなくていいので非常に効率が良くなります。しかし、社内でメールのテンプレート化を案内すると「作るのが面倒」という声が聞こえてきます。

 

わざわざテンプレートを作るためにメールを打つのは面倒かもしれません。しかしこの機能は一度打ったメールをテンプレート化(ひな形)することが出来る機能なのです。

 

つまり実際にメールを送る際に作った「長いメール」や「社外へのフォーマルな文章」をそのたびにテンプレート(ひな形)化しておけばいいのです。そうすれば、次回から手間のかかる「長いメール」を打たなくてもテンプレート(ひな形)を呼び出すだけで簡単にメール作成できるので業務の効率アップが出来ます。

 

では、Gmailのテンプレート(ひな形)の作成方法について解説します。

 

 

Gmailのテンプレート(ひな形)の作成方法

 

では、Gmailでテンプレート(ひな形)を作る方法についてお話します。手順に通りに設定してみてください。

 

 

Gmailの「歯車(設定マーク)」をクリックして「設定」を押してください。

 

 

設定内の「詳細タブ」をクリックして、「テンプレート」を有効にしてください。

 

 

設定からテンプレートを有効にしたら、次に「メール作成ボタン」をクリックしてください。

 

 

右下の「その他の機能」のボタンをクリックすると、「テンプレート」というボタンが追加されています。これをクリックして、作った下書きをテンプレート(ひな形)化することが可能です。

 

ロボ太
メールを作るたびにテンプレートとして保存しておくと便利ですよ!

 

 

【まとめ】Gmailでよく使うメールのテンプレート(ひな形)を作る方法・やり方

本記事は「テンプレート(ひな形)の設定は非常に簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!」について執筆致しました。

 

Gmailのテンプレート(ひな形)機能は非常に便利です。仕事でよく使う「定期連絡」や「社内の業務連絡」はテンプレート(ひな形)化しておくことで、業務効率の大幅改善に繋がります。

 

ロボ太
テンプレート(ひな形)の設定は非常に簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!
Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう