誰でも分かる!格安SIMの選び方と5つのポイント




さて、今回は格安SIMの選び方と5つのポイントをお伝えします。

・聞いたことあるけどよく分かってない方。
・本当にお得なのかどうかややこしくて分からない方。
・変えたいと思ってるけど、どうしたらいいか分からない方

こんな方に対して分かりやすくお伝えできればと思います。

 

そもそも格安SIMとは?

 

格安SIMとは、名前の通り「通信費が安いSIMカード」のことです。

この格安SIMカードを販売してる会社のことを、「MVNO(Mobile Virtual Network Operator)」といいます。和訳すると、「仮想移動体通信事業者」といいます。

この格安SIMカードを自分のスマホに挿入することで、通常よりも安く電話や通信ができるようになるのです。

 

ほぼ全ての携帯電話・スマホにSIMカードが必要です。

このSIMカードが通信事業者と通信を行なうことで、いつでもどこでも電話やネットができているのです。

SIMカードが無い場合は電話や通信はできませんが、WIFI環境下では通信は可能になります。

 

格安SIMはなぜ安く提供できるの?

数年前までは大手キャリア(docomo,au,Softbank)が市場を牛耳ってましたが、少しずつ環境が変わってきています。

スマホの普及と国からの通信費の見直しで、格安SIMが台頭してきている状況です。

 

※キャリアとは…通信提供をしている会社のことをいい、データや音声を通信を通して運ぶという由来からそう言われています。

そのキャリアの中でも『docomo、au、softbank』は大手3キャリアと総称されることがあります。

 

通信の自由化も進み、楽天やAEONなどの大企業も通信事業に参入するようになりました。

今まで3社しか無かった通信事業者が飛躍的に増えた為、差別化を図る為にも通信費を安く提供するMVNOが増えてきたのです。

では具体的にどういうところが要因で安く提供出来ているのでしょうか。

もう少し詳しく説明しましょう!

MVNOが格安SIMを提供できるのには、ちゃんと理由があります。

 

通信インフラはキャリアから借りている!

MVNOは大手キャリアから通信インフラを借りて運用しているので、設備投資コストを大幅に抑えることができているのです。

簡単に例を述べると、MVNOがdocomoの電波を借りて利用者に提供してるんです。

勿論、MVNOはdocomoに使用料としてお金を支払いますが、投資コストを抑えることができるので、お得ですよね。

 

大手キャリアが通信費を安くできないの?

勿論できるはずです!基地局も建設してしまえば、通信費は丸々儲けになるんですから!

と思うところですが、実は維持費ってすごくかかるんです。

基地局を運営するのにも人件費や修繕費、エリア拡大による投資費もかかるんですから。

もし全ユーザーに対して安くなるプランを提供してしまうと、億単位の損失は間違いありません。安く提供してまで新規シェアを獲得するメリットは大手キャリアには無いんでしょうね。

 

ちなみに、実際にシェアを取りにいって利益があまり伸びなかったことはあります。

カケホーダイの登場の時です。

数年前にdocomoがカケホーダイを提供開始した際にユーザーは獲得できましたが、利益率はやはり下がったみたいです。利益予想を1200億円も下方修正したみたいですね。

あまりにも多くの方がカケホーダイに変更した結果です。

[blogcard url="https://www.google.co.jp/amp/s/iphone-mania.jp/news-51444/amp/"]

 

 

2.営業コストや広告コストを最小限に。

一番イメージしやすいのは、店舗がないということです。

docomo,au,Softbankの店舗はよく見かけると思いますが、MVNOの店舗ってあまり見かけなくないですか?

店舗やCMのような人件費や店舗運営費などの固定費を大幅にカットしています。

勿論、広告コスト0であれば認知度は低いままですので、ある程度の宣伝は各社していますけどね。

 

例外なところでいうとY!mobileです。

PHOTO

Y!mobileは店舗もたくさん持っていますが、PHSという特殊な業態だったのと、Softbankのグループ会社という点から少し違う立ち位置ではありますね。

最近はTVCMもかなり増えてきましたが、大手3キャリア+Y!mobileに比べるとMVNOのCMはすごく少ないですよね。

以前は有吉弘行さんやベッキーさんがCMで「mineo」を宣伝してましたし、最近では深田恭子さんらが「UQモバイル」を大々的に宣伝していますが、それでもMVNOの宣伝は控えめな気がします。

3.端末開発コストを削減できている。

大手キャリアはそれぞれの会社用に端末をメーカーに作ってもらってます

例えば、XPERIAやGALAXYであればdocomo、au、SoftBankで取り扱っていますが、京セラのスマホはauとSoftBankだけで取り扱ってます。

 

また、XPERIAでもそれぞれのキャリア専用に規制をかけたりしています。

ですので開発コストがかかるのは当たり前ですよね。

 

それに対してMVNOはSIMフリー機というどの携帯会社でも利用できる端末を販売してます。

また汎用性が高いですので、端末の販売価格も圧倒的に安いです。しかもあくまでも、メインはSIMカードの販売ですからね…

戦う土俵が違う感じです…笑

 

格安SIMを利用する時のメリットとは?

大きなメリットは3つです。

順に説明していきます。

 

1.圧倒的に料金が安い

やはり一番は料金でしょう。大手キャリアに比べて大きな差があります。

提供しているMVNOによっては、3GBで900円位の料金で利用することもできます。

大手キャリアでは最低でも5,000円位はかかってきます。

どこの格安SIMがいいかは、あとで記述させていただきますね。

 

2.端末の購入が不要

端末を購入しなくても契約できるんです。

勿論、端末の準備が必要ですが、昔使ってた端末や中古の端末を準備するだけで使えます。

つまりお金があんまりかからないということですね。

 

大手キャリアでiPhoneが0円ってやってない?端末にお金かからないんだったら、そっちでいいのでは?

 

 やってます!でも実は、そこには少しカラクリがあるんです!

大手キャリアのiPhoneが実質0円というのは事実です。

ですが実は2年か3年かけて端末代を払ってるんです。ただ、端末代とともに割引も付いて来てるだけです。

 

ん?でも0円なら良くない?何が悪いの?

 

 いや、良くないんです。少し細かく説明しましょう。

 

端末代実質0円の大きなポイントは3つあります。実質0円に騙されないように注意しましょう。

 

1.端末代以下の料金にはならない

端末代は割引の対象外ということです。

基本料金やオプション料金からしか割引は適用できません。

少し具体的にしましょう。iPhone8やiPhoneXの端末は通常80,000円〜100,000円程度します。

それを24回支払いにすると月額3,000〜4,000円程度を毎月の基本料金と一緒に支払ってます。

ただ、この端末代と同じくらいの割引を24回適用させて実質0円という仕組みです。

 

ですので、計算式としてはざっくりこんな感じ。

基本料金5,000円
端末代(2年間)4,000円
割引(2年間)-4,000円
合計5,000円

 

簡単にするとこんな感じです。ですが、問題はこの割引が基本料金しか割り引けないという点です。

 

もし基本料金を安くしようと安いプランに変更したとしましょう。

基本料金2,000円 ※ここから割引
端末代(2年間)4,000円  ※ここから割引できない!
割引(2年間)-4,000円
合計4,000円

基本料金を下げても料金が全然下がらないんですね。これは『docomo、au、Softbank』全て共通です。

 

こんな表記で各社割引を持っています。

docomo   : 月々サポート割引
au    : 毎月割
Softbank : 月月割

 

他にも学割とか色んな割引をやってますが、端末代はほぼ全て割引対象外です。

非常に残念ですよね…でも意外と知らない人も多いんです。

 

2.そもそもの基本料金が高い

大手キャリアはそもそもの基本料金が高いです。

僕の記憶ではどんだけ安くても5,000円位はかかってたと思います。

勿論少しでも安くする方法はありますが、その場合は2年や3年の契約縛りが発生したり、期間限定の割引だったりします。

ですので、先程の①のように基本料金を下げても費用はあまり変わらないですし、そもそも下げれるプランもないということです。

 

3.分割払い中の解約には残債を支払う必要がある

この問題はよく揉めてる人がいます。

そもそも契約した時の「実質0円」を「端末代0円」とも思ってた人が多いですね。

先程の①のように端末代を支払っているという認識がないんです。

 

ですので1年位で「やっぱりやめまーす」って解約した時に、端末残債の請求が高くてトラブルになってることは多いみたいです。

ちなみに端末残債=端末代×残支払回数になるので、4,000円の端末代で残り1年支払う予定だった場合は、4,000×12回=48,000円かかります。

もちろん、解約するので割引も消滅してしまいますので全額支払う必要があります

 

結局言いたいことは、格安SIMは端末に依存しませんので、昔使っていた端末でも、今使ってる端末でも、貰った端末でも、新品や中古の端末でも何でも構いません。

自分のニーズに合わせて準備して下さい。対応さえしている端末であれば、格安SIMでお得に使うことができます

 

3.解約の縛りが緩い

多くの格安SIMは解約金を設けていません

ですので、やめたい時にやめることができるんです。

 

これは個人的には有り難いです。というのも、大手キャリアと大きく違うからです。

簡単にいうと「2年間は使ってね。その代わり少し月額料金を安くしとくよー。でも約束破ったら、お金もらうからねー」というのが携帯会社の一般的な「縛り」です。

他の会社、まさに今回みたいな格安SIMが急に出て来て、安いから乗り換えようと思っても、簡単には乗り換えさせてくれないのが現状です。

しかも、2年経過しても25ヶ月目と26ヶ月目のみが解約金0円の対象となるため、トラブルは多いでしょうね。

契約してる時に何から何まで説明聞いてる人もいないでしょうし、店員さんが説明してなかったら分からないですから。

少し脱線しましたが、簡単にまとめると、「自分の使い方に合わせていつでも変更できるというのは大きなメリットですよね!」ということです。

 

格安SIMの注意点やデメリットは?

ここまで良いことばかりでしたが、残念ながら格安SIMにもデメリットはあります。

 

1.アフターフォローに不安

格安SIMのほとんどはインターネットや電話からの申し込みということです。

この理由はこの記事でも記入してますが、営業コストを抑える為に店舗の運営をほぼしてないという点でしょう。

大手キャリアの店は周りにいっぱいありますが、UQモバイルやmineoの店舗とか見たことありますか?

あまりないですよね?それくらい少ないんです。

この店舗が少ないという点が不安要素になりえます。

 

では、なぜ店舗が無いとアフターフォローに不安があるのか。単純ですよね!

分からないことや困ったことがあっても、直接会って対応してもらえないんです。

電話やメールでしか対応してもらえないんで、何か不具合や故障があっても対応に時間がかかってしまうんですよね。

急ぎの時とか本当にそれは困る!そこはどうしても弱いところです。

 

2.速度が遅い

これが格安SIMの一番の問題ではないでしょうか。

MVNOはそれぞれ大手キャリアから通信インフラを間借りしています。

このことが通信速度に関係してきます。

 

例えばですが、docomoの通信インフラがパワー100だとしましょう。

そのパワー100で現在のdocomoユーザーをカバーしてます。

「その内のパワー10くらいを貸して下さいよー」って言って借りてるのが、MVNOです。

 

ですので利用する電波はdocomoなんですが、パワー10の運営をするのはそれぞれのMVNOなんですね。

そこにユーザーが100万人いて、パワー90のdocomoとパワー10のMVNOで闘わした場合、そりゃパワー10のMVNOは負けますよね。

ユーザーが増えれば増えるほど、混雑してしまって速度が遅くなるということです。

また、ユーザーによって利用する時間や地域も違いますので、さらに速度が遅く感じてしまうことがあります。

ですが、全てのMVNOが速度が遅いという訳ではありません。

先程のパワーを多く借りているMVNOは余力があるので早いです。

有力なMVNOとしては、ワイモバイル・UQモバイル・mineoあたりです。

使ったことがありますが、ストレスなく利用できますし、大手キャリアと同じくらいの速度が出ていました。

利用状況に合わせた格安SIMを選びましょう。

 

3.初期費用が多くかかる場合がある

これは利用する端末にこだわりがある方が当てはまります。

特にiPhoneやXPERIA、GALAXYなどの高性能の端末を、常に最新の機種で使いたい方です。

 

基本的に100,000円程度しますので、最新の機種が出るたびに購入する場合は大きな出費になります。

また、最新機種でなくiPhoneの中古機種でも50,000円程度するものもザラにあります。

使いたい機種によっては端末にかかる初期費用は高くなりやすいのでご注意ください。

 

4.大手キャリアのサービスを受けれない!

メールサービスやポイント、様々な店舗で使えるクーポンみたいなものです。

 

メールは移転先のMVNOのものを利用する形になり、現在利用しているメールアドレスは利用できなくなります。

ですが、GmailやYahoo!メールなどのPCメールは利用できますので、この機会に変更してしまうことをオススメします。

PHOTO

 

次に、ポイントとはdocomoポイントやauポイントなどのサービスです。

貯めたポイントを端末代の値引きやオプション品と交換できていましたが、移行した場合は全て消滅します。

移行する前にポイントを使ってしまう事をオススメします。

 

最後にクーポンです。これはSoftbankが最初にスタートしましたが、スーパーフライデーといった色んな店で使える無料クーポンです。

PHOTO

サーティワンや吉野家が有名ですよね!このサービスは大手キャリアが独自でやっているので、サービスを受けることができなくなります。

 

あと、キャリアWIFIもダメになるので、カフェなどでは使えなくなります。

PHOTO

 

5.支払方法が限定される

ネットでの契約が主の為、クレジットカードのみの会社が多いです。

大手キャリアでは口座振替や窓口払いもあります。今のご時世ではクレジットカードが主流ですのでそんなに影響はないかもしれませんね。

 

6.一部機能が使えないものがある

契約にもよりますが、LINEやテザリングが使えないことがあります

LINEはSMS(ショートメール)が受けることができる契約であれば使うことができますので、電話+ネットの契約を結んでしまえば解決します。

但しID検索はできないようになっています。

原因としては格安SIMでは年齢認証ができない為です。

これはLINE社が18才未満のトラブル防止の為に設けているシステムなので、回避はできません。

今現在、LINE IDが検索できるのは大手3キャリアとワイモバイルLINEモバイルだけです。

またテザリングですが、各MVNOと機種によって条件があります。

この機種であればできるけど、iPhoneはダメとかです。

テザリングが必須の場合、使う端末や使い方を少し変えないといけないかもしれません。

 

格安SIMを選ぶ時の5つのポイント

さて、やっと本題です!

今までのメリットとデメリットを踏まえて、格安SIMの選び方のポイントをまとめたいと思います。

 

Point 1.自分の利用状況を把握する

格安SIMにする上でまず最初にする重要なことです!

大体の方が格安SIMに変更する目的は、料金を下げるということだと思います。

では、速度が遅くなっても、とにかく安いSIMカードにしたらいいんでしょうか?

いや、違いますよね。それでも良い人もいると思いますが、嫌な人の方が多いんではないでしょうか?

では、どうするか…現状の自分の使い方を把握するしかありません。最低でも把握しないといけないのは、この4つです。

使い方(ネットのみ?電話とネットがいる?)
料金(今何円くらい毎月支払ってるの?)
データ使用量(毎月どれくらいネットを利用してるの?)
通話料(毎月どれくらい電話してるの?)

これらを把握することで一番自分に適した格安SIMを選択することができます。

 

ちなみに大手キャリアでの料金・データ使用量・通話料は下記の管理画面から調べることができます。※ID等の登録が初期登録が必要になることがあります。

Point 2.利用したい端末が対応しているかを把握する。

いざ、利用しようとしてもSIMカードが端末に対応していないと意味がありません。

ですので、まずは利用する端末状況を把握しましょう。

調べる必要があるのは、SIMフリー端末なのか、SIMロック解除ができるのかどうかです。

SIMロック解除ができるかどうかの確認方法はこちらです。

それぞれ、「対応周波数一覧」みたいな表記で記載してます。

 

 

中古や貰いものでどこのキャリアか分からない場合は、下記のURLから確認できます。

各機種の設定情報のどこかに「IMEI」という製造番号がのっていますので、ご確認ください。

「IMEI」番号を、下記のURLに入力して「該当がありません」と表示された場合は、そのキャリアではありませんので他のキャリアで試して下さい。

 

★どのキャリア端末かを確かめる方法はこちら

docomoで確認する方法

auで確認する方法

 softbankで確認する方法

Point 3.通信速度が速いMVNOを把握する

これは中々判断がつきにくいです。契約してから「やっぱり遅かった」では、残念ですよね。

ですので、通信速度はプロの方々がわざわざ調査してくれてるデータがありますので、そちらを参考にしましょう。

★格安SIMの通信速度比較は、この2サイトがおすすめです

 

[blogcard url="https://www.google.co.jp/amp/s/mobareco.jp/a80294/amp/"]

 

[blogcard url="https://www.google.co.jp/amp/s/kakakumag.com/amp/pc-smartphone/%3fid=11526"]

Point 4.望みのオプション機能があるか確認する

一般的なものでいくとこんな感じです。

カケホーダイプラン
独自のメールアドレス
留守電等のオプション機能
データ容量のシェア
データ容量の繰越
海外利用が可能かどうか
テザリングができるかどうか
LINE ID検索@LINEモバイル、ワイモバイル
一部アプリの通信無料@LINEモバイル
他サービスへのポイント還元@楽天モバイル

などなど…

これに関しては書ききれないので、どのMVNOにするか数社まで絞れたら確認してみて下さい。

MVNOによっては、有料のサービスもあるので、しっかり確認しておかないと「結局高くなってしまった」ってなるかもしれません。

必須なオプションをまとめておきましょう。

 

Point 5.料金と契約プランを確認する

最後に料金です!これまでの4つのポイントである程度、MVNOは絞れてきたのではないでしょうか。その中で料金と契約内容が良い所を見つけましょう!

 

通信容量無制限には要注意です!通信速度の条件があることが多いんです。

MAX 500KBとかだと、相当通信に時間がかかると思います。

 

個人的な意見としては、こんな感じです。

通信速度スピード感具体的な印象
1Mbps以下いらいらするレベル
1Mbps少し気になるレベル
3〜5Mbps★★まぁ普通レベル。画像とかデータが重いものがあると、少し気になるレベル。
7〜10Mbps★★★大体の作業がスムーズに行える。
10Mbps以上★★★★速い。快適。YouTubeも止まることないんじゃないかな。
20〜30Mbps以上★★★★★WiFiレベル。一瞬でページが変わるレベル。これ以上はないと思う。

 

おすすめのMVNOは?

それを踏まえた上で個人的なオススメは3つです。

UQモバイル

なによりも価格、通信速度ともに優秀で、満足度が高い格安SIMです。

簡単な電話とネットだけする方であれば、正直UQモバイルを選んでおけばハズレはないかと思います。

特徴を紹介します。

※通話定額付音声+データSIMで比較

 

データ小容量の場合

MVNO会社合計基本料金オプション(通話定額)データ容量備考
UQモバイル1,980円1,980円2GB2年後に1GBへ
mineo2,260円1,410円850円1GB
ワイモバイル1,980円(2,980円)1,980円無料2GB1年後に基本料金+1,000円
楽天モバイル1,980円(2,980円)1,980円無料2GB1年後に基本料金+1,000円
LINEモバイル2,570円1,690円880円3GB

 

データ中容量の場合

MVNO会社合計基本料金オプション(通話定額)データ容量備考
UQモバイル2,980円2,980円無料6GB2年後に3GBへ
mineo3,040円2,190円850円6GB
ワイモバイル2,980円(3,980円)2,980円無料6GB1年後に基本料金+1,000円
楽天モバイル2,980円(3,980円)2,980円無料6GB1年後に基本料金+1,000円
LINEモバイル3,100円2,200円880円5GB

 

データ大容量の場合

MVNO会社合計基本料金オプション(通話定額)データ容量備考
UQモバイル4,980円4,980円無料14GB2年後に7GBへ
mineo3,980円3,130円850円10GB
ワイモバイル4,980円(5,980円)4,980円無料14GB1年後に基本料金+1,000円
楽天モバイル4,980円(5,980円)4,980円無料14GB1年後に基本料金+1,000円
LINEモバイル4,100円3,220円880円10GB

 

この通り、通話定額付きプランであれば低価格で利用できます。

さらに、通信速度はMVNOでNo.1と言われるくらい評判がいいです。月に数回電話する程度で、ネットもそこそこ使う程度であればUQモバイルがベストだと思います。

しかし、データ容量は2年経過したら半分になりますのでご注意ください。

 

また、UQモバイルはKDDI系のMVNOになりますので、au回線に対応している機種またはSIMフリー機種のご準備が必要です。

UQモバイルのサイトで自身の端末が使えるか確認の上、契約をお勧めします。下記のリンクから確認できます。

[blogcard url="https://www.uqwimax.jp/products/mobile/sim/devices/"]

 

他にも家族割やキャンペーンを行っているので、積極的に利用して少しでも安く利用しましょう!

 

mineo

mineoは株式会社ケイ・オプティコムが運営している格安SIMで、関西では有名な関西電力の100%子会社です。

mineoの特徴は、docomoとauの2種類の取り扱いができる点です。

料金はデータ容量の割に安い印象です。

独自のメールアドレスやパケットシェアやパケットギフトも無料で利用できます。

 

フリータンクというユーザー全員で余ったパケットをあげたり貰ったりできる斬新なサービスも無料で利用できます。

このサービスは月2回までデータ容量を貰うことができるので、「少し足りない」とか「今月な想定外の利用が多かった」などの状態になった時、皆が貯めているフリータンクから貰うことができます。

お金もかからないので便利ですが、データをあげる方のメリットがないような気がします…

貰い続ける人が多くなると破綻しそうなサービスですけどね…モラルが問われるサービスです。

 

通話をする人にとっては通話定額オプションに加入しないと高額になってしまいます。通話定額オプションも800円以上しますので、少し高くなってしまうので注意して下さい。

 

対応機種は下記リンクで確認できます。

[blogcard url="https://mineo.jp/sph/store/select/"]

 

Y!mobile

ご存知の会社です。元々WILLCOMとして通話定額サービスを導入して多くのユーザーを獲得していました。

現在はSoftbankグループの一員ですので、通信もソフトバンクの通信網を一部利用しています。

大手キャリアの通信インフラを利用しているので、通信速度に定評があるのが特徴です。

 

また、どのMVNOよりも店舗数が多く、アフターフォローも充実しています。

ですが、他の格安SIMに比べると割高になっているので、料金重視している人には向いていないです。

安定した通信状況や充実したアフターフォローが、初めて格安SIMを利用される方にはお勧めです。

Y!mobile対応機種一覧は下記リンクで確認できます。

[blogcard url="https://www.ymobile.jp/service/others/simonly/"]

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

かなり多くの格安SIMがありますので、自分に合ったSIMカードをぜひ見つけて頂ければと思います。

 

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です

Twitterでフォローしよう