【SOUNDPEATS Truengine SE レビュー】高音域強化・低音域強化ドライバー2基搭載!高音質おすすめワイヤレスイヤホン

 

ロボ太

どうも、ROBOTA(robota_g)です!最近はワイヤレスイヤホンの種類が増えてどれがいいのかわかりにくいですよね。ワイヤレスイヤホンで大事なのは「音質」「Bluetooth接続の安定感」「連続可能再生時間(バッテリー量)」です。

 

今回ご紹介する「SOUNDPEATS Truengine SE」は、左右に高音域強化ドライバーと低音域強化ドライバーを2基搭載、これによりこの安価な価格帯ではありえない高音質を実現しています!

 

 

Bluetooth接続に関しては、Qualcomm独自の左右独立通信テクノロジー「TrueWireless Stereo Plus」を採用。左右間の通信が無くなるので、信号伝送の安定性がアップ!これにより切れにくい安定した接続を実現。

 

ロボ太
バッテリーに関しては、なんとイヤホン本体だけで連続再生6時間以上の長時間再生が可能です!

 

1年間メーカー保証があるので、ワイヤレスイヤホンをはじめて購入する人にもおすすめの商品です。

 

高音質&Bluetoothの高い安定感があるワイヤレスイヤホンなので、Bluetooth接続が不安定になりやすい満員電車に通勤・通学で乗るような人にピッタリですよ!

 

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥5,990 (2020/01/21 04:41:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

気になるところへ読み飛ばす

 

SOUNDPEATS Truengine SEの外観・スペック

 

「SOUNDPEATS Truengine SE」のスペックについてレビューしていきます。見た目がシンプルで老若男女問わず使いやすいデザインなので、どんな方にも使いやすいワイヤレスイヤホンです。

 

ロボ太
どのワイヤレスイヤホン買っていいかわからない!って人には間違いない商品ですよ。

 

おすすめワイヤレスイヤホンはこちら

スペック

製品名SOUNDPEATS Truengine SE
型式カナル型 完全ワイヤレスイヤホン
連続使用可能時間27時間
形状デュアルドライバー / AAC&aptX対応
規格TWS Plus

 

「SOUNDPEATS Truengine SE」で特に魅力的なのが、TWS Plusです。デバイスとイヤホン片方が通信するのではなく、デバイスから両耳のイヤホンに同時に通信することにより圧倒的な接続の安定を生み出すことに成功しています。

 

→TWS Plusの詳細は記事内のおすすめポイントへ(ここをクリック)

外観

 

この記事はメーカー様より商品をご提供頂き、作成しております。

 

SOUNDPEATS Truengine SEはブラックを基調としたクールなデザインです。イヤホン本体が赤く光るのもカッコいいですね!

 

 

SOUNDPEATS Truengine SEは左右それぞれに高・低音域を強化するドライバーを2基搭載。

 

スペックの高いスピーカーに利用されることが多い、ベリリウムめっきツイッターを採用しています。それにより音の歪みを抑えてクリアな高音の提供を実現しています。

 

 

イヤホン本体のみで連続再生が6時間以上可能です。

 

おすすめワイヤレスイヤホンはこちら

 

 

イヤホンと耳の穴のサイズが合わない人も付属品として各種サイズのイヤーパッド入っているので安心です。

 

ロボ太
ブラックの本体の中にあるスケルトン部分がかっこいいです!

 

 

 

SOUNDPEATS Truengine SEの充電ケースはイヤホン本体を約3.5回分のフル充電することが可能です。また15分間で最大2時間の連続再生が可能な急速充電に対応しています。

 

ロボ太
急なバッテリー切れもすぐに復活してくれるから重宝しますよ!

 

 

充電器の正面部分には「4段階のバッテリー残量を確認できるインジケーター」を搭載しているので、バッテリー残量を一目で確認することができます。

 

 

SOUNDPEATS Truengine SEはMicroUSBケーブルで充電が可能です。

 

 

SOUNDPEATS Truengine SEの充電ケース+本体の重量は約53gです。かなり軽量化されているので、毎日の通勤・通学で持ち運びも楽チンです。

 

 

ロボ太
イヤホン本体は約10gという驚きの軽さ。耳に長時間つける機会が多い人も、負担が少ないのでおすすめですよ!
created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥5,990 (2020/01/21 04:41:36時点 Amazon調べ-詳細)

SOUNDPEATS Truengine SEの3つのおすすめポイント

 

SOUNDPEATS Truengine SEは主に3つのおすすめポイントがあるワイヤレスイヤホンです。詳しくおすすめポイントを解説していきますので、ご自身の用途に合っているか確認してみてくださいね!

 

ロボ太
控えめに言ってコスパ最強のワイヤレスイヤホンです!

 

おすすめポイント①高音質(高低音域強化ドライバー2搭載)

 

SOUNDPEATS独自開発された他の同価格帯のワイヤレスイヤホンとは一味違うサウンド。

 

SOUNDPEATS Truengine SEは左右それぞれのイヤホンに高低音を強化するドライバーを2基搭載しています。またレベルの高いスピーカーに採用されるベリリウムめっきツイッターを採用することで「音の歪み」を抑えてクリアな音質を実現。これらを組み合わせた構造で【高・中・低の三音域】のレベルの高いサウンドを楽しむことができるワイヤレスイヤホンです。

 

ロボ太
★色々なワイヤレスイヤホンをレビューしてきましたが、この価格帯では間違いなくトップクラスの音質です!

 

 

SOUNDPEATS Truengine SEは高音質コーデックのatpX&ACC対応。iPhone・androidどちらでも音域が消えることが最小限になるので、高音質なサウンドを楽しむことができます。

 

ACC(主にiPhone)送信時に発生するタイムラグが最小限。圧縮により高音域が消えることも少ないため、iPhone等で音楽を高音質で楽しめます。
atpX(主にandroid)送信時に発生するタイミングが最小限。音域が削除されることがないので、高音質なサウンドをandroidスマホ等で楽しむことができる。

おすすめポイント②長時間バッテリー搭載(本体だけで6時間)

 

SOUNDPEATS Truengine SEはワイヤレスイヤホンイヤホン本体だけで「約6時間」充電ケースを含めると「27時間」の再生が可能です。

 

ワイヤレスイヤホン本体だけで「約6時間」の連続再生は、かなり長い部類に入ります。連続再生時間が長いと作業の途中でバッテリー切れを起こす心配がないので、長時間ワイヤレスイヤホンを使う人には「イヤホン本体の連続再生時間」は絶対に長い方が商品を選ぶようにしてくださいね。

 

また充電ケースにイヤホン本体をセットすると、自動で充電してくれます。SOUNDPEATS Truengine SEの充電ケースは「約3.5回のフル充電」が可能なので、ワイヤレスイヤホン+充電ケースで「約27時間」の連続再生が可能です。

 

ロボ太
私のように作業で長時間ワイヤレスイヤホンをつける人には「本体の連続再生時間」は長い方がいいですよー!

おすすめポイント③音切れ・音飛び対策の新技術(TWS Plus)採用


 

SOUNDPEATS Truengine SEは、Qualcomm独自の左右独立通信テクノロジー「TrueWireless Stereo Plus」を採用。

 

従来のBluetooth接続方法は、左右どちらかのワイヤレスイヤホン本体とスマートフォンを1次接続し、そこからワイヤレスイヤホン本体同士を2次接続するという方法でした。この方法は左右間の通信が必要になるので、信号伝送が不安定になりがちでした。

 

ロボ太
それを解決すべく登場したのが、Qualcomm独自の左右独立通信テクノロジー「TrueWireless Stereo Plus」です!

 

TrueWireless Stereo Plusは、スマートフォンから左右のイヤホンに同時に通信をするので信号伝送が圧倒的に安定し、接続が途切れなくなりました。また消費電力も低下するので、イヤホン本体の連続再生時間(バッテリー持続時間)もアップしました!

 

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥5,990 (2020/01/21 04:41:36時点 Amazon調べ-詳細)

SOUNDPEATS Truengine SE 評判・口コミ

 

SOUNDPEATS Truengine SEの評判と口コミを見ていきましょう。個人的には低価格なのに音質は抜群、TWS PlusによりBluetooth接続も圧倒的に安定しているので、この価格帯としてはむちゃくちゃコスパの高いワイヤレスイヤホンだと思いました。

 

ロボ太
好みがわかれるポイントがあるとすれば、イヤーパッドの遮音性が高いのでそこは賛否両論あるかなぁという感想です。基本スペックは同価格帯では群を抜いていますね!

 

 

充電ケースのバッテリー時間が長いタイプは多いですが、SOUNDPEATS Truengine SEはイヤホン本体の連続再生時間が6時間以上あるのが魅力ですよね。

 

 

音質は間違いないですね。1万円台のワイヤレスイヤホンも多く使ってきましたが、大差ない…というか、むしろ高音域に関しては勝っていると思います。

 


SOUNDPEATS Truengine SEはダイナミック型デュアルドライバ × ツーウェイクロスオーバーの構造なので、サウンドのレベルが非常に高いです。

 

ロボ太
簡単に言うと「音をよくするドライバーやスピーカーを搭載しているので圧倒的に音質のレベルが高い」ということです!

 

【まとめ】SOUNDPEATS Truengine SE レビュー

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥5,990 (2020/01/21 04:41:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

本記事は「【SOUNDPEATS Truengine SE レビュー】高音域強化・低音域強化ドライバー2基搭載!高音質おすすめワイヤレスイヤホン」について執筆致しました。

 

SOUNDPEATS Truengine SEは、「ワイヤレスイヤホン初心者の方」や「低価格帯で高スペックなワイヤレスイヤホンが欲しい」という人におすすめのワイヤレスイヤホンです。

 

Qualcomm独自の左右独立通信テクノロジー「TrueWireless Stereo Plus」(TWS PLUS)対応品は、値段が高い商品が多かったですが、SOUNDPEATS Truengine SEは、それをリーズナブルな価格で提供してくれています。

 

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう