【SMSM】iPhoneに構成プロファイルをインストールする方法




 

KDDIのSmart Mobile Safety Manager(略称:SMSM)を利用するには、管理サイト上の設定とデバイス側での設定が必要となります。

 

ロボ太
今回はデバイス側での設定方法をお伝えします。

 

 

★注意
ちなみにiPhoneの場合の操作となりますので、androidは操作が違います。

ちなみにSMSMとは…

 

設定方法

早速、デバイス側での設定を進めていきましょう!ちなみに操作自体はやること多いですが、5~10分程度で完了します。

 

①Safariを開きます。

②URL入力欄をタップします。

③現在のURLを消して、下記のURLを入力します。
https://ausl.smartmanager.jp/i

 

 

④「企業コード」と「認証コード」を入力し、「送信」を押します。

⑤「許可」をタップします。

⑥「インストール」をタップ

 

 

⑦ご自身のiPhoneのパスコードを入力します。

⑧「インストール」をタップします。

⑨「インストール」をタップします。

 

 

⑩「信頼」をタップします。

⑪「完了」をタップします。

⑫この画面になれば、認証完了です。ホーム画面へ戻って下さい。

 

 

⑬「ポータル」をタップします。

⑭「構成プロファイルをインストールする」をタップします。

⑮「インストール」をタップします。

 

 

⑯「許可」をタップします。

⑰「インストール」をタップします。

⑱パスコードを入力してください。

 

 

⑲「インストール」をタップします。

⑳「インストール」をタップします。

㉑「完了」をタップします。

 

 

㉒この画面になれば、設定完了です。ホーム画面へ戻って下さい。

㉓「AppStore」から「smsm」と入力して検索します。

㉔「入手」をタップして、AppleIDパスワードを入力します。

 

 

㉕「インストール」をタップする。

㉖インストールが終わりましたら、ホーム画面に戻り、
「ポータル」をタップ

㉗「エージェント認証」をタップ

 

 

㉘「起動して認証」を押します。

㉙「開く」をタップします。

㉚「常に許可」をタップします。

 

 

㉛「許可」をタップ

㉜この画面になれば、画面を閉じてください。

 

 

ロボ太
以上で設定は完了です。

 

さいごに…【SMSM】iPhoneに構成プロファイルをインストールする方法

この設定を行うことで、あなたが作成したセキュリィティポリシーがiPhoneに適用されます。パスコードを8桁以上にしたり、英数字混在にできたりなどなど…こちらの構成プロファイルが入っていれば、遠隔で位置情報を取得したり、iPhoneをロックしたり、パスコードを削除できたりします。

 

パスコードの削除方法はこちらをどうぞ。

 

ロボ太
ただし、稀にデバイスと管理画面が同期できていない場合があります。

 

その場合は管理サイト側でリモート操作を行っても、上手く動作しないことがあります。注意して運用しましょう!

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう