【2018年】iPhone6Sを最もお得に契約できるのはY!mobile!




毎年、秋になると恒例ですが、Appleから新iPhoneの発表がありますよね。

 

マシーンくん
年々iPhoneは成長を遂げているような気がしますが、どうも最近はパッとしない印象です。

 

iPhone8はiPhone7に比べてワイヤレス充電以外は大きく変わったところもないです。

 

iPhoneXはディスプレイが大きくなり、顔認証になるという大きな変化がありましたが、サイズも顔認証も興味がない私には何も良いことがありません。

 

むしろ価格が上がり続ける一方なので、新しい機種には手を出しづらいです。

 

ロボ太
私はiPhone6SやiPhone7程度の性能で、安く使いたいのです。

 

そう考えている方も実は多いのではないでしょうか?

ということで、今回はiPhone6Sで最も安く契約できる会社をまとめてみました。

 

iPhone6Sのスペック

同じサイズのiPhone8と比較していきたいと思います。

 

スペック比較iPhone6SiPhone8
スペースグレイ/シルバー/ゴールド/ローズゴールドシルバー/スペースグレイ/ゴールド/レッド
容量32GB/128GB64GB/256GB
サイズ高さ138.3mm×幅67.1mm×厚さ7.1mm高さ138.4mm×幅67.3mm×厚さ7.3mm
重量143g148g
ディスプレイ4.7インチ4.7インチ
チップA9A11
カメラ12MP12MP
フロントカメラ5MP7MP
Bluetooth4.25.0
連続通話時間最大14時間最大14時間
ネット利用時間最大10時間最大12時間
耐水/防塵×
ApplePay
Touch ID
ワイヤレス充電×

 

ロボ太
スペック的にはさすがにiPhone8が優秀です。

 

iPhone8の特徴としては、耐水・防塵に対応し、ワイヤレス充電も可能となりました。

 

また、ApplePayではsuicaやICOCAなどの公共機関でのカードにも対応し、コンビニなどで使うiDやQuicPayでの支払いも可能となりました。

 

とても便利になりました。

 

ロボ太
ただ、これらのスペックが必須ではないという方も多いのではないでしょうか?

 

特にワイヤレス充電はあまり利用している方を見ないです。

 

ロボ太
電話やネットが中心の方はiPhone6Sで十分ではないでしょうか?

 

iPhone6Sを取り扱いしているのは7社

 

 

ロボ太
3~4社程度と思っていたので、想定よりも多かったです。

 

docomoもdocomo with対象機種としてiPhone6Sを販売を開始しました。

 

docomoで安くiPhoneを利用できるのであれば非常にメリットがありますよね。

また、取り扱う会社によってiPhone6Sの容量が違うことがあります。

 

基本的には32GBと128GBの2パターン選ぶことが多いですが、海外モデルやApple再整備品などを提供している会社は64GBでの提供となってます。

 

iPhone6Sを最もお得に利用できるのは…

 

[box class="blue_box" title="前提条件は下記の通り"]◾️利用中の機種はiPhone6S(32GB)

◾️変更後の機種もiPhone6S(32GB)

◾️MNP(のりかえ)をした場合で計算

■通話プランはカケホーダイ(5~10分)

◾️データは2〜3GB

◾️家にネット回線はない

◾️家族割引の適用なし(家族で1人だけが利用)[/box]

①docomo

プラン名月額料金
カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)1,700円
ベーシックパック(~3GB)4,000円
インターネット接続サービス300円
docomo with-1,500円
iPhone6S端末代1,233円
下取りプログラム-
ユニバーサル料3円
合計5,736円

 

docomoの下取りプログラムは、新機種の本体代総額から10,000円を値引く形となります。

 

ですので、本体代39,600円から10,000円を値引きした29,600円を24回分割しています。

 

docomoのトータル月額料金の変動はこちら

利用月数合計料金
~12ヶ月目5,736円
~24ヶ月目5,736円
25ヶ月目以降4,503円

 

やはりドコモは少し割高ですね。

 

ただし2年後はdocomoで4,503円で利用できるのは非常に魅力的です。

 

マシーンくん
docomo withという2年後以降でも割引されるサービスが非常に大きいです。

 

docomoショップによっては、本体代を割り引いてくれるかもしれませんので、1年目から安く利用できるかもしれませんね。

ぜひ一度探してみてはどうでしょうか?

 

②Y!mobile

 

プラン名月額料金
スマホプランS(2→3GB)2,980円
データ増量オプション(2年間)0円
iPhone6S端末代2,700円
月額割引‐1,200円
ワンキュッパ割‐1,000円
下取りプログラム‐500円
ユニバーサル料3円
合計2,983円

 

Y!mobileの特徴としては大手キャリアと同等の通信速度を持っているにも関わらず、月額の料金が圧倒的に低価格です。

カケホ(10分まで)+データ3GBでこの料金は、非常に優秀なプランです。

 

但し、期間限定の割引がありますのでご注意を。

 

Y!mobileのトータル月額料金の変動はこちら

利用月数合計料金
1ヶ月目~12ヶ月目2,983円
13ヶ月目~24ヶ月目3,983円
25ヶ月目以降2,983円

 

13~24ヶ月目は割引が1つ無くなってしまいますが、それでも安いです。

25ヶ月目以降には割引が全て終了する代わりに、端末代も完済するので2,983円という低価格で利用することが可能になります。

 

 注意
25ヶ月目以降も3GBで利用する場合は「データ増量オプション」を継続で申し込みする必要がございますが、25ヶ月目以降は月額500円かかってしまいます。「データ増量オプション」を廃止した場合は月間データ2GBとなります。

 

③UQmobile

 

プラン名月額料金
おしゃべりプランS(3GB)3,980円
増量オプション(2年間)0円
スマトク割‐1,000円
イチキュッパ割‐1,000円
iPhone6S端末代2,304円
マンスリー割‐800円
下取りプログラム‐170円
ユニバーサル料3円
合計3,317円

 

UQmobileは今話題の格安SIMの1つですよね。

特に通信速度が3大キャリア並みに早いだけでなく、とても低価格です。

 

総合評価が非常に高い会社の1つです。

 

マシーンくん
最近CMもやたら見ますね。

 

UQmobileのトータル月額料金の変動はこちら

利用月数合計料金
1ヶ月目~12ヶ月目3,317円
13ヶ月目~24ヶ月目4,317円
25ヶ月目以降3,983円

 

トータル月額料金を見て思ったのは、意外と高いということ。

3,000円台なので十分安いのですが、もっと安いイメージがありました。

 

一番気を付けないといけないのは、基本プランに割引が2つかかっていること。そしてホームページにはいかにも1,980円が通常料金と思わせるような表記になっていることです。

 

ロボ太
UQmobileは調べていて本当にホームページが分かりにくかったです。備考欄が多すぎるんですよね。

 

また、Y!mobileと同じように2年間のみデータ容量が増えています。2年目以降も3GBで利用したい場合は有料となるのでご注意を。

 

④mineo

プラン名月額料金
auプラン(Aプラン)
デュアルタイプ+データ3GB1,510円
mineoでんわ10分かけ放題850円
iPhone6S端末代2,475円
ユニバーサル料3円
合計4,838円

 

mineoは非常に細かくオプションを選ぶことができます。しかも、ただ選んで追加していくだけなのでとても分かりやすいシステムです。

 

ロボ太
ただし、カケ放題(5~10分)という条件下であれば少し割高な印象です。

 

また、mineoは海外版SIMフリーのiPhone6Sの提供となり、容量も64GBのみとなります。しかも台数限定みたいですので、ご購入はお早めに!

 

mineoのトータル月額料金の変動はこちら

利用月数合計料金
1ヶ月目~12ヶ月目4,838円
13ヶ月目~24ヶ月目4,838円
25ヶ月目以降2,363円

 

2年後のiPhone6Sの分割支払いが終わった後は圧倒的な安さ!

 

「電話しないから10分かけ放題はいらんよー」って方は月額1,513円で利用できます。

 

ロボ太
むしろ安すぎてコワイ。今までは何やったのでしょうか…

 

⑤BIGLOBE

プラン名月額料金
スマホまる得S+プラン(タイプA)2,430円 ※2年後:3,480円
対象端末値引き特典‐1,050円
10分かけ放題0円
iPhone6S端末代2,350円
ユニバーサル料3円
合計3,733円

 

私はBIGLOBEがiPhone6Sを取り扱っていることすら知らなかったです。

意外と料金も安く、速度も格安SIMの中では非常に優秀な数値を出しています。

 

 

BIGLOBEのトータル月額料金の変動はこちら

利用月数合計料金
1ヶ月目~12ヶ月目3,733円
13ヶ月目~24ヶ月目4,783円
25ヶ月目以降3,483円

 

25ヵ月目以降は3,483円という低価格なので、UQmobileよりも安いです。

au系のSIMは非常に優秀な会社が多いので、試してみるのもありでしょう!

 

⑥Smrat Mobile Phone(スマモバ)

 

プラン名月額料金
月額基本料金(1GB)3,980円
スマート通話定額プレミアム850円
iPhone6S端末代 ※36回分割1,500円
月々割 ※36回‐1,500円
ユニバーサル料3円
合計4,833円

 

あまり聞きなれない会社ですが、iPhone6Sを取り扱いしている数少ない会社です。

スマモバは全国に多くの携帯ショップを展開している会社で、格安SIMの中では珍しい存在です。

 

ロボ太
少し料金は高めの設定になっています。

 

また、端末は36回分割での支払いで、データ通信も1GBまでのプランになっています。

1GB以上もありますが、1GBでこの価格なので料金的に選ぶことは少ないかもしれませんね。

 

スマモバのトータル月額料金の変動はこちら

利用月数合計料金
1ヶ月目~12ヶ月目4,833円
13ヶ月目~24ヶ月目4,883円
25ヶ月目以降4,883円

 

一時的な割引がないので、ユーザーからすると料金体系は分かりやすいかもしれませんね。

ただ、やはり料金が高めなので敢えてスマモバを選ぶ必要はないかと思いますが…

 

⑦J:COM Mobile

 

プラン名月額料金
月額基本料金(3GB)2,980円
スタート割‐1,000円
かけ放題5分850円
iPhone6S端末代 ※48回分割1,250円
ユニバーサル料3円
合計4,083円

 

条件によってはiPhone6Sを1,980円で契約することができるという最強格安SIM会社の1つです。

ただ、データ3GB+かけ放題プランを追加するとそれなりの金額になるので、安さのメリットは薄くなるのが残念です。

 

ロボ太
ちなみにJ:COMのiPhone6SはAppleの再整備済み品ですので、64GBモデルしかありません。

 

J:COMのトータル月額料金の変動はこちら

利用月数合計料金
1ヶ月目~12ヶ月目4,083円
13ヶ月目~24ヶ月目5,083円
25ヶ月目以降5,083円

 

結果的に見ると非常に高い金額となってしまいました。

1年間限定の割引が消えてしまうことで、5,000円台になってしまうのは非常に大きなデメリットです。

 

ロボ太
もはや格安SIMではないと言い切ってもいいでしょう。

 

また、個人的に一番嫌なのが端末代が48回分割での支払いになるということ。

 

ロボ太
4年も同じ機種使えるかって話ですよね。

 

48回分割でこの価格であれば、契約するメリットは1つもないですね。

ただ、0.5GBプランは本当に安いです。ほぼWi-Fiしか使わないという方にはメリットありますね。

 

まとめ

iPhone6Sを7社比較しましたが、2年間の費用で最もお得だったのは、Y!mobileでした!

 

通信会社2年間の費用月額料金(2年平均)順位
①docomo137,664円5,736円7位
②Y!mobile83,592円3,483円1位
③UQmobile91,608円3,817円2位
④mineo116,112円4,838円5位
⑤BIGLOBE102,192円4,258円3位
⑥Smrat Mobile Phone(スマモバ)117,192円4,883円6位
⑦J:COM109,992円4,583円4位

 

 

この結果を見るとY!mobileが最もお得でしたが、かけ放題がいらない方とか、データ容量がもう少し少なくていい方など条件によって大きく変わってきます。

 

mineoやJ:COMなどは典型的なパターンですよね。

 

iPhone8はまだまだ高いのでiPhone6Sで十分だよという方は、ぜひこちらを参考にして賢くiPhoneを契約しましょう!

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう