【Cheero CHE-626 レビュー】驚異のサイズ感!低価格ながらも質の良いサウンドを実現したワイヤレスイヤホン

 

cheero Wireless Earphones Light Style(CHE-626)は無駄なものを省いたシンプルなワイヤレスイヤホン!優しい雰囲気のホワイト×ブルーのデザインで、男性だけでなく女性にもおすすめの製品です。

 

またCHE-626の特徴としては超リーズナブル!音楽を楽しむために十分なスペックは搭載しているにも関わらず、Amazonで4,000円台という驚異的な価格です。

 

しかまる
もちろん通話もできますよ!

 

実際に使ってみた音質や使用感も、これから詳しくご紹介していきたいと思います。

 

Cheero CHE-626 レビューまとめ
  • 持ってることを忘れるほどの軽量さ
  • バランスの取れた良いサウンド
  • ムダを省いたシンプルなスペック
  • 質が良いのに超リーズナブル

 

 

この記事はメーカー様より商品をご提供頂き、作成しております。

 

Cheero CHE-626のデザイン・スペックは?

Cheero CHE-626インナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンで、Apple AirPodsを彷彿させるデザインとなっています。

 

インナーイヤー型とは…?

耳に引っ掛けて使用するタイプ。開放感があり外部の音が聴こえやすいのがメリット。やや音漏れやイヤホンが外れやすいのが気になりますが、密閉感が苦手な方におすすめ!

代表的なイヤホンAirPods・iPhone付属のイヤホン

 

各イヤホンの重さはわずかに4グラム。長時間の利用でも耳が痛くなりにくいです。

 

左右どちらのイヤホンにもマルチインジケーターが搭載されており、ランプの色で接続状況などを把握できるのは嬉しい機能です。

 

また雨や汗を防げる防水規格IPX5もクリアしているので、ランニングやジムのトレーニングでも気兼ねなく使用できます。

 

CHE-626の充電ケースは約7.1センチ×3センチの子どもの手のひらにも収まるサイズ感。市販の付箋とほぼ同じサイズなので超コンパクトです。

 

しかまる
ポケットに入れていても邪魔にならないです

 

厚さは約2.6センチで、100円玉より少し大きいサイズ。あまりかさばらないので、どこにでも持ち歩けますね。

 

ちなみに重さもイヤホン込みで約40グラムと超軽量。持ち運んでいることを忘れそうなほどです。

 

充電ケースの外側にはバッテリーレベルインジケーターが搭載されているので、大まかな充電残量がすぐに分かります。

 

ただしバッテリー残量が2段階しかないので、「あとどれくらい使えるだろう…」というのが分かりにくいのはデメリットです。

 

注意!
ランプが1つになると残量が少ないです。早めに充電を行いましょう。

 

ケースの背面にあるボタンを押せば残量ランプが点灯するので、面倒な操作は一切ありません。

 

またボタン横にはケースの充電に利用するUSB-Cポートが搭載されています。

 

しかまる
microUSBじゃなくて、USB-Cなのは嬉しい!

 

付属品は下記の通りです。

 

  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • 充電ケーブル(USB-A to C)
  • 取扱説明書 兼 保証書

 

充電ケーブルはついていますが、残念ながらコンセントに挿す充電器はついていません。

 

Cheero CHE-626の音質は?

ワイヤレスイヤホンを使う上で誰もが気になるのが「音質」ですよね。できれば綺麗な音が良いでしょう。

 

Cheero CHE-626は高音がとてもクリアで、想像以上に綺麗なサウンドが印象的です。

 

しかまる
これで3000円台!?って疑うレベルです。

 

ズンズンというような低音は少し弱く感じましたが、この価格帯にしては十分満足できるレベルでかなりバランスが良いイヤホンだと思いました。

 

CHE-626には高音質コーデックAACに対応しているので、iPhoneと相性が良く綺麗な音を楽しむことができます。

 

音質はあくまでも主観です。素人目線の意見として参考にしてください。

 

 

Cheero CHE-626のバッテリーは?

Cheero CHE626イヤホン単体5時間、ケース併用で約17.5時間の利用が可能です。

 

バッテリーの持ち

イヤホン単体約5時間
ケース併用約17.5時間

 

イヤホン単体で5時間も使えれば、他製品と比べても十分な時間です。カフェなどで使っていてバッテリー切れになる心配もないでしょう。

 

参考
AirPodsPro:約4.5時間
AirPods:約5時間

 

ちなみに充電ケースは約1時間でフル充電ができるので、夜に充電を忘れていても出勤前の準備をしてる間にほぼ充電できちゃいます。

 

Cheero CHE-626の使用感は?


どれだけスペックが良くても使いづらかったり、ストレスを感じるレベルだと良い製品とは言えません。

なので、実際にCheero CHE-626を使ってみた使用感もご紹介していきたいと思います。

 

装着感は可もなく不可もなく。インナーイヤー型の中では高い安定性

Cheero CHE-626を初めて装着した感想は「可もなく不可もなく」。インナーイヤー型の中では、良い感じに耳に引っ掛かってフィットしているので安定していると思います。

 

ですが、やはりカナル型と比べるとやや不安定。ちょっと取れそうな感じが少し不安になります。

 

しかまる
ここはイヤホン形状の好き嫌いによるよね。

 

ただAirPodsのようなCHE-626の形状は、装着時に安定する傾向があります。日常生活では全く問題ないレベルなので安心してもらって大丈夫です。

 

遮音性は低め。密閉型が苦手な人におすすめ

インナーイヤー型の特性上、CHE-626も遮音性が低めです。外の音が聞こえやすいので、ランニング中などでも車が近づいているのも分かりやすいです。

 

しかまる
周りの音が聞こえないと、外で使う時は少し危ないからね

 

ただし電車に乗ってる時やカフェで作業している時など、周りの音が気になってしまって集中できないことがあります。とにかく周りの音を遮断して、1人の時間に集中したいという方にはおすすめはできません。

 

やや音漏れはあり。電車内では気づかないレベル

CHE-626はやや音漏れしやすい構造になっています。というのもインナーイヤー型の特性上により仕方ないですが…

 

スマホの設定や音源にもよるかと思いますが、iPhoneの音量30%ほどで聞いてみた結果はこちらです。

 

音漏れについて…

電車内隣に座っていても聞こえないレベル

 

カフェの店内そばにいると音は聞こえるが、どんな歌か分からないレベル

 

オフィスなどの静かな個室60センチほど離れたところでも、音が鳴っているのが分かる

 

通勤などで使う分には気にならないですが、静かな場所で使う時は音量に注意してくださいね。

 

接続も安定し、音が切れることもなし。

Bluetooth接続はかなり安定していて、2時間音楽を聞いていても音が途切れることはありませんでした。

 

CHE-626はBluetooth5.0を搭載しており、従来のBluetooth4.2よりも大幅に安定性が高まっています。

 

Bluetoothの比較(4.2と5.0)
  • 転送速度が2倍に!
  • 通信範囲が4倍に!

 

ちなみに電車内などの人混みで使ってみても、目立った途切れはありませんでしたが、一瞬だけ音が飛ぶようなことが1~2回程度ありました。

 

しかまる
特に気になるレベルではなかったです。

 

動画再生中でも遅延はほぼなし

ワイヤレスイヤホンでよく気にされる動画再生中の遅延について。3つのYouTube動画で確認しましたが、遅延はほぼありませんでした。

 

YouTubeで見た動画
  1. ホリエモンとゴーン氏の対談動画
  2. ミルクボーイの漫才
  3. LiSA 紅蓮華 THE FIRST TAKE

 

特に対談や漫才は遅延・音ズレが気になるところですが、驚くほどズレがなかったです。

 

しかまる
低価格なのにしっかりしてるなという印象!

 

Cheero CHE-626の操作方法は?

Cheero CHE-626の操作方法はとっても簡単ですので、機器の操作が苦手な方でも安心して使えます。

 

覚えておくべき項目は2つで、「初期設定」と「イヤホン操作」です。

 

ペアリングは3ステップで超簡単!次回以降は自動ペアリング

CHE-626を購入したら、まずはスマホとペアリング(Bluetooth接続)を行う必要があります。たった3ステップで設定できるので一瞬で終わりますよ!

 

しかまる
今回はiPhoneの場合でご紹介しています。

 

  • STEP1
    CHE-626のイヤホンをケースから取り出す。

  • STEP2
    iPhoneの「設定」→「Bluetooth」へと進み、「CHE-626」をタップ。

  • STEP3
    CHE-626が「接続済み」になれば設定完了です!

 

しかも一度設定してしまえば、次回以降は設定不要。ケースからイヤホンを取り出すだけで、自動でスマホと接続されます。

 

しかまる
この機能のおかげで、すごいストレスフリーです!

 

ちなみに片耳だけを取り出して使用することもできるので、周りの音を気にしたい時などに便利です。

 

イヤホンの操作はタップ式!タップにコツが必要

CHE-626はスマホと接続されている状況であれば、イヤホンから音楽や通話の操作が可能になっています。

 

イヤホンのマルチファンクションエリアをタップするだけなので、超簡単です!

 

イヤホン操作一覧

左イヤホン右イヤホン
音楽再生/停止(左右どちらかを)2回タップ
次の曲へ-3回タップ
前の曲へ3回タップ-
Siriを起動(左右どちらかを)音楽が再生されてない時に3回タップ
通話に出る/通話を切る(左右どちらかを)2回タップ

 

しかまる
残念ながら音量の上げ下げや、早送りなどはできないです…

 

このイヤホン操作ですが2つだけ不満があります。

 

  1. 指の先端か爪でタップしないと反応が悪い
  2. タップ回数通りに動かないことがある

 

特にタップ時は指の先端か爪でタップするように意識してください。指の腹だと反応が鈍いので、正しく操作できない場合があります。

 

Cheero CHE-626のレビューまとめ

Cheero CHE-626をレビューしてきましたが、特長をまとめるとこんな感じです。

 

Cheero CHE-626 レビューまとめ
  • 持ってることを忘れるほどの軽量さ
  • バランスの取れた良いサウンド
  • ムダを省いたシンプルなスペック
  • 質が良いのに超リーズナブル

 

一言でいうと「必要な機能だけを凝縮した、コスパ最強のイヤホン」です。

 

飛びっきり音質が良いわけでも、高機能スペックを搭載しているわけでも、バッテリーが長いわけでもないですが、シンプルでありながらとても使いやすい。

 

しかまる
ある意味、理想のイヤホンともいえると思います!

 

いくつものワイヤレスイヤホンを評価してきた僕が、Cheero CHE-626を数字で評価してみた結果はこちら。

 

CHE-626を使ってみた感想は…

デザイン
持ち運びやすさ
音質
バッテリー
安定性/遅延
操作性
装着感
音漏れ
遮音性
総合評価【3.9】

 

初めてワイヤレスイヤホンを使う方、5,000円以下でスペックが髙いイヤホンを探している方におすすめの一品です!

 

 

おすすめ記事はこちら

\気に入ったらSNSでシェアしよう/

この記事のURLをコピーする

\ 今すぐチェック!! /

この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう