【集中力がアップ!?】iPhone「スクリーンタイム」のメリットや使い方を徹底解説!

 

遂にiOS12が9月18日より配信されました。

 

今回のアップデートではiPhoneを使って生活を管理するような新機能が追加されたり、今までの機能がより使いやすく改良されたりと大きく変わりました。

 

Apple曰く、カメラの起動が最大70%も速くなり、キーボードの表示も最大50%も速くなったみたいです。

 

さらに、重い負荷がかかっている時に今までに比べて最大2倍速くアプリケーションを起動することができるなど、iOS12は好アップデートの可能性が高そうですね。

 

しかまる
とはいえ、まだ配信されたばかりですのでバグがあるかもしれませんが…笑

 

iOS12で様々な新機能が搭載された中でも私が一番注目したのは、新機能「スクリーンタイム」です。

 

この新機能「スクリーンタイム」についてご紹介していきたいと思います。

 

iPhone新機能「スクリーンタイム」とは?

スクリーンタイムは、アプリケーションとウェブサイトにどのように時間を費やしているかの詳しい情報を知るための機能です。iPhoneやiPadを手にとる頻度についての情報を提供します。

引用:iOS 12に作業中断を減らし、画面を見ている時間を管理するための新機能が導入

 

仕事や日常生活が便利になる一方、ゲームやSNSなど誘惑が非常に多く出てきました。

 

しかまる
その魅力に負けて、仕事や勉強の合間で触ってしまっている人も結構いるんではないでしょうか?

 

そのような煩悩を抑制してくれるのが、この「スクリーンタイム」です。

 

まとめ
「iPhoneばっかり触ってんじゃねえぞ!その時間勿体ないから!」っていう機能

 

「スクリーンタイム」のメリット・デメリットとは?

では、「スクリーンタイム」のメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

 

あくまでも「自分ならこうだな」という状況をお伝えしていきますので、是非参考にして頂ければと思います。

 

スクリーンタイムのメリットって何?

  1. 仕事や作業に集中できる。
  2. 子どものスマホ使いすぎを抑制する。

大きくこの2つです。実際にどういうことか説明していきましょう。

 

①仕事や作業に集中できる。

今日本でスマホの1日の利用時間は何時間くらいか分かりますか?

 

10代~20代は約2時間程度と言われています。(出典:総務省情報通信国際戦略局情報通信経済室)

 

しかまる
ん?意外と短い気がする…

 

確かに思っていたよりは短い気がしますが、毎日2時間別のことに使える時間が増えると思うと、凄く2時間は大きく感じますよね。

 

この2時間を仕事や作業に集中することで、より効率良い豊かな人生を歩める可能性は高いかもしれませんね。

 

②子どものスマホ使いすぎを抑制する。

スマホ依存症という言葉を聞いたことはありますか?

 

スマホ依存症とはスマートフォンを手放せなくなった結果、「睡眠不足や引き籠りがちになるなど健全な生活を送れなくなること」を言います。

 

中には自ら命を落としてしまう若者も多くなっています。

 

スマホを使いすぎるとこのような深刻な問題も発生してしまいます。

 

しかまる
親としては見過ごせないですよね。

 

スクリーンタイムを利用することで、少しでもスマホ依存を抑制することが可能になるでしょう!

 

反対にスクリーンタイムのデメリットは?

デメリットは特にありませんが、1点だけ注意すべき点があります。

 

  1. 設定をしっかりしておかないと、緊急時でも電話やアプリが利用できなくなる危険性がある。

 

利用時間を制限したはいいものの、本当に使わないといけない時に使えないと非常に困ります。

 

そういった時に対して、一部アプリの許可をしておけば緊急時の対応もバッチリですね。

 

具体的な設定方法はこれからお伝えしていきます。

 

「スクリーンタイム」の使い方・設定方法

では実際の操作方法を紹介していきます。

 

  • STEP1
    iOSをアップデート
    設定方法
    1. ホーム画面より「設定」
    2. 「一般」
    3. 「ソフトウェア・アップデート」
    4. 「ダウンロードとインストール」
  • STEP2
    スクリーンタイムをオン
    設定方法
    1. ホーム画面より「設定」
    2. 「スクリーンタイム」をタップ
    3. 「続ける」
    4. 「これは自分用のiPhoneです」を選択

     

  • STEP3
    休止時間をカスタマイズ

    休止時間とは、画面をみない時間帯のことです。この休止時間中は許可したアプリか電話以外は利用できません。「決まった時間中は利用させたくない」という方には、こちらの設定が必要です。

     

    設定方法
    1. 「休止時間」をタップ
    2. 「スクリーンタイム・パスコード」を入力or設定
    3. 「休止時間」をオンにする
    4. 「開始」「終了」の時間帯を設定し、休止時間を決めます。

     

     

    これでこの時間中は指定したアプリ以外利用できなくなります。ちなみに休止時間前になるとポップアップが表示され、休止時間を迎えるとロックがかかったような画面になります。

  • STEP4
    App使用時間を制限

    アプリの使用時間を設定し、時間を超えるとアプリが利用できなくなります。毎日12時に制限はリセットされ、再度利用が可能となります。

     

    設定方法
    1. 「App使用時間の制限」をタップ
    2. 「スクリーンタイム・パスコード」を入力or設定
    3. 「制限を追加」をタップする
    4. 制限したいアプリを選択し、「追加」をタップ
    5. 制限する時間を設定します。曜日によって利用できる時間の変更も可能です。
    6. 「使用制限終了時にブロック」にチェック

     

     

     

    「使用制限終了時にブロック」にチェックを入れると、制限時間を迎えた時点でアプリ利用中でも強制的にロックされます。

     

    続けて利用したい場合はスクリーンタイム・パスコードを入力すると利用できますが、パスコードが分からない場合は利用できません。

     

    しかまる
    アプリ毎の制限はできず、ジャンル毎の利用制限となります。
  • STEP5
    常に許可しておくアプリを選択

    休止時間を超えても、このアプリだけは利用したい・使えるようにしておきたいって事、ありますよね。例えば、連絡手段である電話やLINEだけ許可ということも可能です。

     

    設定方法
    1. 「常に許可」をタップ
    2. 「スクリーンタイム・パスコード」を入力or設定
    3. 常に使えるアプリを選択します。

     

  • STEP6
    iPhoneの一部コンテンツ設定を制限

    「コンテンツとプライバシーの制限」を行うと、アプリではなくiPhoneの設定を制限できます。AppStore内での課金やBluetoothなど幅広く制限できます。

     

    設定方法
    1. 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ
    2. 「スクリーンタイム・パスコード」を入力or設定
    3. 制限・許可する設定を選択します。

     

 

【まとめ】スクリーンタイムのメリット・使い方

個人的には「スクリーンタイム」は面白い機能だと思います。

 

仕事中にスマホを触りまくっている訳でもないですが、制限があるだけで自分を律することができますからね。自分を追い込んで集中したい人には効果的な機能かもしれませんね。

 

また、子どもの勉強にも非常に有効的だなと思いました。

 

しかまる
子どもは窮屈な思いをするかもしれませんが…笑

 

普段からあんまりスマホ触らないよーって人にはあまり関係のない機能かもしれませんね!ぜひ自分好みにカスタマイズしてみましょう!

 

\気に入ったらSNSでシェアしよう/

この記事のURLをコピーする

\ 今すぐチェック!! /

この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう