RAVpower RP-PC133

どうも、しかまる(@shikamarurobo)です。

 

急速充電器も数多のメーカーが参入し、本当に良い製品が多く出回るようになってきましたね。

そんな中、「コレはヤベェ…」と思う新商品が登場してしまいました。

 

それが今回ご紹介するRAVPower RP-PC133です。

RAVPower RP-PC133

 

何がヤバイかというと、圧倒的なほどの使いやすさです。

 

最大65Wのパワフルさにもかかわらず、手の平にすっぽり収まるサイズ感。大きさはわずかに5cmしかありません。

手の平サイズのRAVPower RP-PC133

 

しかもUSB-CとUSB-Aの2ポート搭載なので、あらゆるデバイスで使うことができます。

 

しかまる
急速充電器の中では最高傑作かもしれない…

 

スマホだけでなくノートPCも充電したい人、外出時の荷物を少しでも軽くしたい人は必見の商品です。

 

RP-PC133のまとめ
  • PD・QC対応の最大65Wのパワフル出力
  • 業界最小クラスのサイズと重さ
  • 安心の30ヶ月長期保証付き

 

それではRP-PC133について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

 

この記事はメーカー様より商品をご提供頂き、作成しております。

 

RP-PC133のスペック・デザインは?

RAVPower RP-PC133

RAVPower RP-PC133だけに限らず、充電器を選ぶ際の大きなポイントは3つあります。

 

  1. サイズ・デザイン
  2. ポート数
  3. 充電出力

 

他にも安全性などがありますが、ほとんどの場合でこの3つが決め手になってきます。

 

しかまる
最近の製品はどれもオシャレだし、安全面もかなり考慮されてるからね。

 

これらの視点からRP-PC133のスペックやデザインについてご紹介していきます。

 

サイズ ・デザイン

RAVPower RP-PC133は「GaN(窒化ガリウム)」を搭載した、最大65W出力のパワフルな急速充電器です。

RAVPower RP-PC133

 

GaN(窒化ガリウム)とは‥?

電力効率と耐圧性に優れた最新鋭の半導体素材。従来より小さなサイズで、より大きな電力を出力できるようになった。

 

幅5.5×高さ5.5センチと女性の手にも収まるほどのサイズ感。カバンやポケットに入れておいても邪魔になりません。

RAVPower RP-PC133

 

厚さは約3.1センチ。隣のコンセントに干渉しにくいサイズなので、タコ足配線でも使いやすいです。

RAVPower RP-PC133のポート

 

そしてRP-PC133を初めて手に取った時に驚いたのは圧倒的な軽さ。たった120グラム程度しかなく、iPhone8よりも軽くなってます。

手の平サイズのRAVPower RP-PC133

 

しかまる
このコンパクトさは、GaNのおかげ!

 

次はデザインについて。全体的にマットな質感に仕上がっており、傷や指紋が目立ちにくくなっています。

RAVPower RP-PC133

 

裏面には「これだけ小さいけど65Wだ!」とアピールするかのように、65と刻印されているのが印象的。これは好き嫌いがあるかもですね。

RAVPower RP-PC133の裏面

 

しかまる
個人的には結構好きですよ!

 

RP-PC133のコンセントプラグは収納が可能です。指が引っ掛かる程度に少しだけ突出しているので、開閉がしやすいです。

RAVPower RP-PC133のコンセントプラグ

 

充電ポートの上にはLEDランプがあり、通電しているかどうかの確認が一目で分かります。

コンセント挿入時にのみ青く光ります。

 

カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色展開。どちらもシンプルで良い感じです。

RAVPower RP-PC133のホワイト

出典:Amazon

 

ポート数

RAVPower RP-PC133はUSB-CポートとUSB-Aポートを1つずつ搭載。同時に2台のデバイスを充電できます。

RAVPower RP-PC133のポート数

 

USB-CポートはPD3.0対応で急速充電が可能。

大容量の電力供給によりノートPCへも充電できます。

 

PDとは…?
PowerDeliveryパワーデリバリーの略称。従来よりも大容量の電力を供給できる仕組みにより、デバイスへの急速充電とパソコン等の大型機器への充電を可能にした技術のこと。

 

またPD Pioneer Technologyにも対応しているので、複数台でも効率の良い充電をしてくれます。

 

PD Pioneer Technologyとは…?
RAVPowerの独自技術。接続したデバイスの数や種類を自動的に判別し、最適な電力配分を行うことができる仕組み。

 

USB-AポートはQC3.0に対応。

PDほどではないですが、USB-Aポートの中ではトップクラスの出力が可能です。

 

QCとは…?
Quick Chargeクイックチャージの略称。Qualcommクアルコムが開発したデバイスを高速で充電する技術。一般的な充電器よりも約4倍の速度で充電することが可能な技術。

 

RAVPower独自の技術「iSmart」により、デバイスに合わせた最適な充電にも対応しています。

 

iSmartとは…?
RAVPower独自の充電技術。接続された機器を自動的に検知し、機器に適する電流で充電してくれる機能。

 

しかまる
最新・独自技術がたくさん搭載されている機器です!

 

充電出力

RAVPower RP-PC133は2ポート合計最大65Wの高出力充電が可能です。

RAVPower RP-PC133

 

各ポートの出力数
  • USB-C:最大65W(5V=3A, 9V=3A, 12V=3A, 15V=3A, 20V=3.25A)
  • USB-A:最大18W(5V=3A, 9V=2A, 12V=1.5A)

 

65Wの出力であれば、Macbook Pro 15インチのようなノートPCでも約2時間で充電できてしまいます。

 

しかまる
めっちゃ速い!!

 

もちろんスマホやタブレットの充電も可能で、iPhone11であれば約1時間50分ほどでフル充電できます。

 

充電の目安
  • iPhone11:約1時間50分
  • iPhoneXR:約1時間45分
  • iPhone11 Pro Max:約1時間50分
  • iPad Pro:約2時間25分

 

iPhone11なら約30分で50%程度まで急速充電できるので、充電を忘れていた時にも活躍してくれますよ。

RP-PC133で充電時のPixel3の充電目安時間

ちなみにPixel3なら50%から100%まで約31分

 

RP-PC133は2台同時充電でも自動的に最適な電力を供給してくれるので、効率の良い充電が可能です。

 

RP-PC133の使用感は?

RAVPower RP-PC133とMacbook Air 2020

RAVPower RP-PC133の実際の使用感や出力数についてご紹介します。

 

注意出力数は機器により違いますので、参考程度に考えてください。

 

出力数について

まずはUSB-Cポートで充電した結果です。

 

USB-Cポートの充電出力結果
  • Pixel3:19.797W(8.85V×2.23A)
  • Macbook Air 2020:42.4W(19.6V×2.15A)

 

どのデバイスも十分な充電出力が出ているのが分かります。

 

RP-PC133のPixel3充電時の出力結果

Pixel3の充電出力結果(19.797W)

 

RP-PC133のMacbook Air充電時の出力結果

Macbook Air 2020の充電出力結果(42.4W)

 

Macbook Airは他製品でも45W以上の充電が確認できていないため、おそらく最大出力での充電ができています。

 

次にUSB-Aポートで充電した結果です。

USB-Aポートの充電出力結果
  • iPhone7:6.85W(5.13V×1.33A)
  • Pixel3:8.65W(5.16V×1.68A)

 

RP-PC133のiPhone7充電時の出力結果

iPhone7の充電出力結果(6.85W)

 

RP-PC133のPixel3充電時の出力結果

Pixel3の充電出力結果(8.65W)

 

スマホでも最大スペックとは言わないものの、十分な充電出力が出ていました。

 

同時充電について

2台同時充電の出力数の結果です。

スマホ2台でも最大出力で同時充電ができました。

 

2台同時充電の出力結果(スマホ+スマホ)
  • iPhoneSE:2.72W(5.07V×0.53A)
  • Pixel3:15.77W(8.87V×1.77A)

 

RP-PC133でPixel3とiPhoneSEの充電出力結果

iPhoneSE(USB-A)+Pixel3(USB-C)

 

スマホとパソコンの場合でも問題なく、最適な電力を供給してくれます。

 

2台同時充電の出力結果(スマホ+ノートPC)
  • Pixel3:7.33W(5.13V×1.43A)
  • Macbook Air 2020:46.142W(19.6V×2.35A)

 

RP-PC133のPixel3とMacbook Air充電時の出力結果

Pixel3(7.33W)+Macbook Air 2020(46.14W)

 

ノートPC充電時でも出力数に全く問題なし。デバイスの最大出力での充電ができています。

 

またiPhone7とMacbook Air 2020の充電出力結果はこちら。

2台同時充電の出力結果(スマホ+ノートPC)
  • iPhone7:5.84W(5.13V×1.13A)
  • Macbook Air 2020:46.122W(19.6V×2.34A)

 

RP-PC133のMacbook AirとiPhone7充電時の出力結果

iPhone7(5.84W)+Macbook Air 2020(46.12W)

 

デバイスが変わっても計測結果に問題なし。十分な出力ができています。

 

使いやすさ

コンセントに差し込んだときに、充電器が邪魔に感じることってありますよね。

 

RP-PC133を壁にあるコンセント口で使う場合は、約5.5センチほど突出します。よく人が通る場所だと少しだけ注意する必要がありそうです。

壁付コンセントで充電中のRAVPower RP-PC133

 

しかまる
そんなに気にするほどではないですけどね。

 

タコ足コンセントなどで使う場合でも特に邪魔になりません。ただし、このような横との間隔が狭いものだと大きめの充電器とは一緒に使えないのでご注意を。

タコ足コンセント利用時のRAVPower RP-PC133

 

持ち運びやすさ

すでに先述の通り、最新技術Gan(窒化ガリウム)によりとてもコンパクトです。手に持っても片手でしっかり収まります。

 

ガジェットポーチにも余裕で入るほど省スペースなので、ポケットに入れて持ち運ぶこともできます。

ガジェットポーチに入るほど小さいRAVPower RP-PC133

 

安全性と保証

最後に充電器の安全性について。

充電中は充電器本体が熱くなりますが、手で持てなくなるほどは熱くなりません。

 

しかまる
充電器の中では火傷しそうなほど、熱くなるものもあるからね…

 

また過電流や過熱を不正でくれる保護機能も万全で、日本での使用基準をクリアしたPSEマークも取得済みです。

RAVPower RP-PC133のPSEマーク

 

PSEマークとは…?
「電気用品安全法」という日本で定められた規格内の電気製品で、表示することが義務付けられているマーク

 

もし充電不良などの不具合が発生しても、RAVPower独自の最大30ヶ月保証により長く安心して使うことができるのは大きなメリットです。(30ヶ月保証には製品登録が必要)

 

しかまる
安全面も考慮され、長期保証付きなのは超安心ですね!

 

関連【最大30ヶ月保証】RAVPowerの長期保証に登録する方法

 

RP-PC133を他製品と比べると?

RP-PC133とRP-PC105

RP-PC133(左)とRP-PC105(右)

 

RAVPower RP-PC133を同クラスの他製品と比較してみました。

 

同クラスの製品と比べてみると…

サイズ重さ最大出力(USB-C)最大出力(USB-A)ポート数その他価格(Amazon)
RAVPower RP-PC133
幅5.5×高さ5.5×奥行3.1120グラム65W(PD3.0対応)18W(QC3.0対応)2ポートGaN搭載4,599円
RAVPower RP-PC105
幅6.5×高さ6.5×奥行3.1151グラム61W(PD3.0対応)12W(iSmart対応)2ポート-4,399円
Anker PowerPort III 3-Port 65W
幅7.5×高さ7.1×奥行3.0166グラム45W(PD3.0対応)12W(2台充電時は合計20W)3ポートGaN搭載3,999円
AUKEY Omnia USB充電器 PA-B3
幅5.2×高さ5.2×奥行3.0102グラム65W(PD3.0対応)12W2ポートGaN搭載4,980円
BRAYDEN 66W USB-C 急速充電器
幅7.0×高さ3.5×奥行3.5120グラム66W(PD3.0対応)10W2ポートGaN搭載5,499円

 

同クラスの製品と比較してみても、コンパクトさはトップクラス。

残念ながら最小の座は「AUKEY Omnia USB充電器 PA-B3」に譲っていますが、USB-Aの性能はRP-PC133の方が優れています。

 

また、前モデル「RP-PC105」と比べてみると小さくなったことは一目瞭然。

RP-PC133とRP-PC105

RP-PC133(左)とRP-PC105(右)

 

しかも、USB-C・USB-Aのどちらの最大出力数も進化しています。GaN搭載の恩恵をしっかり受けていることが分かりますね!

RP-PC133(左)とRP-PC105(右)

RP-PC133(左)とRP-PC105(右)

 

コンパクトかつ高性能な65W急速充電器なら、RAVPower RP-PC133が一番おすすめです。

 

RP-PC133のレビューまとめ

RAVPower RP-PC133

RAVPower RP-PC133の特徴をまとめてみました。

 

RP-PC133のまとめ
  • PD・QC対応の最大65Wのパワフル出力
  • 業界最小クラスのサイズと重さ
  • 安心の30ヶ月長期保証付き

 

RP-PC133はGaN搭載のパワフルでコンパクトな65W急速充電器です。

他製品と比べても出力数や保証はトップクラス。ノートPCとスマホを使っている方、出張などの外出が多い方におすすめです!

 

RAVPower RP-PC133の評価は…

サイズ
ポート数
ポートの種類
充電出力
使いやすさ
総合評価【4.3】

 

 

また同メーカーRAVPowerから、もっとパワフルな最大90Wの急速充電器「RP-PC128」も発売されています。Macbook Proのような高い出力数が必要な方はこちらも要チェックです!

\気に入ったらSNSでシェアしよう/

この記事のURLをコピーする

\ 今すぐチェック!! /

この記事も人気です
コメント一覧
  1. アバター Naka より:

    クーポンはどこですか?

    • ROBOTA ROBOTA より:

      Nakaさま>>コメントありがとうございます。クーポンは5/20で終了いたしましたので、掲載を停止させて頂きました。ご覧になって頂いたところ申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

  2. アバター ケンジ より:

    役立つ記事を有難うございます。お手数ですが、ここで使用されているケーブル(NIMASO)の品番を教えていただいてもよろしいですか?

    • しかまる(ROBOTA) しかまる(ROBOTA) より:

      ケンジさま>>コメントありがとうございます!NIMASOのケーブルは「Nimaso USB Type C ケーブル L字型(C3-W01M)」となります。リンクも貼っておきますので、もし宜しければここから確認ください。https://www.amazon.co.jp/dp/B07ZB517H4?tag=robota-22&linkCode=osi&th=1&psc=1
      (※こちらのリンク経由で購入された場合、当サイトに報酬が発生しますので、気分がのらない場合は直接Amazonで検索をお願いします。)

コメントを残す

Twitterでフォローしよう