XROUND VERSA

どうも、ロボタです。

 

最近ますますワイヤレスイヤホン業界が賑わってきましたねー。続々と各メーカーが新製品を出してきているので、楽しみが尽きません。

 

ロボタ
特にコスパが良い製品が増えてきた!

 

そんな激戦のなか登場したのが、XROUND社が発売した完全ワイヤレスイヤホン「VERSAバーサ」です。

XROUND VERSA

XROUNDとは…?
XROUND社は台湾に本拠地を構えるオーディオメーカー。3Dチューニングを始めとする高い音響処理技術が人気で、今とても注目されている会社です。先行して発売された台湾と日本のクラウドファンディングでは、合計で約1億円以上という驚異的な結果を残しています。

 

XROUND VERSAは圧倒的な高品質サウンドと、ほぼ全ての機能を搭載した高いクオリティが最大の魅力です。

 

ロボタ
10,000円台で購入できる製品の中ではトップクラスのスペック!

 

今まで30以上のワイヤレスイヤホンを使ってきましたが、間違いなく完成度はトップクラス。少しだけ我慢ポイントもありますが、自信を持っておすすめできる逸品です。

 

ということで、完全ワイヤレスイヤホン「XROUND VERSA」について詳しくご紹介していきます。

 

XROUND VERSAのまとめ
  • 迫力のある高品質なサウンド
  • 抜群の心地よさを誇る装着感
  • イヤホンは超軽量かつ小型化を実現
  • ただしケースはやや大きくてかさばる…
  • 品質と使いやすさが優秀。細部にこだわった機能性

 

 

詳細スペックはこちらをタップ
カラーブラック,ホワイト
サイズ(ケース)幅7.2×高さ4.5×厚さ3.2cm
重さ(イヤホン本体)約5g (合計 10g)
重さ(イヤホンケース)※イヤホン込49g
プロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP
音質コーデックSBC,AAC,aptX
ドライバーダイナミック6㎜チタンコートドライバー
チップQualcomm QCC3020
Bluetoothver5.0
防水IP67
アクティブノイズキャンセリング-
CVCノイズキャンセリング8.0
連続再生時間8時間
最大再生時間(ケース併用)40時間(ケース32時間)
充電時間約1.5時間
充電ポートUSB-C
ワイヤレス充電
付属品充電ケーブル(A to C)、イヤーピース2種類×3サイズ,イヤーフック4種類、取扱説明書、クイックガイド

 

この記事はメーカー様より商品をご提供頂き、作成しております。

XROUND VERSAのデザイン・スペックは?

XROUND VERSAはカナル型の完全ワイヤレスイヤホン。落ち着きのある上品な仕上がりがカッコ良いです。

XROUND VERSAのイヤホン

カナル型とは…?
耳の穴に差し込むタイプ。遮音性が高く、音漏れがしにくいのがメリット。装着感がキツイ分、激しい運動でも外れにくく音も聴き取りやすい。

 

上品さを醸し出しているのが、このマットな質感。指紋や傷がつきにくく、オシャレなので個人的には気に入ってます。

マットな質感で上品さもある

 

ロボタ
ロゴもアクセントになって、僕はけっこう好きなデザインです!

 

イヤホンの重さは2つセットで約9g。耳に装着しているのを忘れるほどの軽量感です。

たった10グラムで超軽量

 

サイズ感は最近のカナル型イヤホンに比べるとやや小さめ。耳への圧迫感が少ないので、長時間着けても疲れにくいです。

他製品と比べてやや小さい

(左)XROUND VERSA(右)EarFun Free

 

イヤホン外面にはインジケーターが搭載されており、接続状況が見ただけですぐに分かります。

イヤホンのインジケーターランプで状況を確認

 

すぐ横には物理操作ボタンを搭載。軽く押し込むだけで、スマホを触ることなく音楽再生や曲送りができるので便利です。

音楽をボタン操作で簡単に操れる

 

XROUND VERSAの特徴の1つでもあるのが「高い保護力」です。アウトドアでも使いやすいIP67に対応し、水や塵などをしっかり防いでくれます。

IP67とは…?
防塵性能6等級・防水性能7等級を表す規格。粉塵が全く内部に侵入せず、水深1mに30分間沈めても動作に影響がでないレベル。

 

ロボタ
防塵まで対応しているイヤホンは希少!

 

次に充電ケースについて。イヤホンと同様、充電ケースもマットな質感に仕上がっており、上品さが高評価ポイントになっています。

ケースもマットな質感でサラサラ

 

ロボタ
さらさらと手に持った感覚も良い感じです!

 

充電ケースは7.2×4.5×3.2cmで、他製品よりもほんの少し大きいサイズ。

XROUND VERSAのケースと500円玉

 

気になるのは「厚み」。500円玉とほぼ同じ大きさになっています。

ケースはやや厚めの500円玉サイズ

 

ただ大きいと言っても手にすっぽり収まるサイズなので、持ち運びにストレスを感じるほどではありませんのでご安心を。

手に収まるサイズ感のケース

 

充電ケースの重さはイヤホン込みで約49g。見た目のわりに超軽量設計となっています。

ケースはイヤホン込みで49g

 

ただ残念ながらXROUND VERSAの使いづらいポイントの1つにもなっているのが、充電ランプが1つしか搭載されていないところです。

充電ランプは正面に1つだけ

 

イヤホンのバッテリー残量はスマホで確認できますが、充電ケースは表示されないので急なバッテリー切れに対応できないので注意が必要です。

 

ロボタ
ケース併用でトータル40時間も使えるので、そこまで心配は必要ないと思いますが…

 

充電ケースへの充電はUSB-Cを採用。汎用性が高く地味に嬉しいポイントです。

充電にはUSB-Cを採用

 

またXROUND VERSAはワイヤレス充電にも対応。ワイヤレス充電規格「Qi」に対応しているため、今までよりも格段に楽ラク充電できるようになりました。

ワイヤレス充電中のVERSA

 

しかも充電感度も良好。これで「充電ができてなかった…」という失敗をすることもありません。

 

さいごにXROUND VERSAの付属品はこちらになります。

XROUND VERSAの付属品一覧

 

付属品一覧
  • 充電ケーブル(A to C)
  • イヤーピース2種類×3サイズ
  • イヤーフック4種類
  • 取扱説明書

 

XROUND VERSAの音質は?

高音質を楽しめるVERSA

XROUND VERSAの音質は、今まで使ってきた中でも相当なハイクオリティ。まさに脱帽したといっても過言ではありません。

 

特に中高音域が超クリアで迫力があり、細かな音まで聴こえてくるのが体感できます。

 

ロボタ
まさにHi-Fiレベルの完成度です!

 

Hi-Fiとは…?
High Fidelityの略称で「高忠実度/高再現度」のこと。より原音に近い音を再現できるので、高音質なサウンドを楽しめる。

 

あと高音域だけでなく、低音域も程よく表現されているのがXROUND VERSAの魅力の1つ。ロックな曲が好きな方にもおすすめです。

 

ただし「とにかく低音を重視!」という方には、少し物足りないかも。トップクラスの製品に比べて、やや深みがない印象があります。

 

サウンドの評価

高音域
中音域
低音域

 

実際に2曲聴いてみました。

YOASOBI|夜に駆ける

疾走感のあるサウンドがクリアに表現され、とても心地よい。透き通るような高音が魅力的!

MAN WITH A MISSION|database

迫力があり臨場感もある。もう少し重低音があれば文句なし!

 

SONY・ゼンハイザー・Panasonicなど高音質なワイヤレスイヤホンに比べても、超コスパが良いです。10,000円台で購入できることを思うと、完成度はかなり高いといえます。

 

音質はあくまでも主観です。人それぞれ好みがありますので、1つの意見として参考にしてください。

XROUND VERSAのバッテリーは?

40時間ものロングバッテリー

XROUND VERSAはイヤホン単体8時間、ケース併用で40時間も使えるロングバッテリーを搭載しています。

 

連続再生時間

イヤホン単体約8時間
ケース併用約40時間

 

イヤホン単体8時間というのは、他製品と比べてもかなり長い。出張やリモートワークなど、長時間の利用も安心です。

 

ロボタ
こんな小さなボディで8時間も使えるのに驚き…

 

一般的な製品だと連続利用5~6時間の製品が多いです。ただ、同価格帯のイヤホンと比べると「ちょっと長いかな」というくらいの印象になっています。

 

イヤホン単体の再生時間比較

XROUND VERSA8時間
Anker Soundcore Liberty 2 Pro8時間
AVIOT TE-D01d mk211時間
パナソニック RZ-S30W7.5時間
YAMAHA TW-E5A6.5時間

 

ケース併用で40時間使えるのも少し長め。面倒な充電の頻度が少なくなるのはメリットですよね!

通勤時間を往復2時間とすると、1回の充電で20日間も使えることになります。

 

ケース併用利用時の再生時間比較

XROUND VERSA40時間
Anker Soundcore Liberty 2 Pro32時間
AVIOT TE-D01d mk2120時間
パナソニック RZ-S30W30時間
YAMAHA TW-E5A26時間

 

ワイヤレスイヤホンの弱点でもあるバッテリー面を上手くカバーできている製品になっています。

 

XROUND VERSAの使用感は?

VERSAの使用感はかなり優秀

ここからはXROUND VERSAの使用感についてご紹介していきます。

 

装着感は抜群。運動時でも心配なし

正直に言って、装着感は今までの製品と比べても抜群に良いです。コンパクト設計のおかげなのか、耳にフィットする感じが明らかに他製品と違います。

イヤーフックあり

イヤーフックありの場合

 

走ったり、頭を軽く振ったりしても、落ちる気配は全くありません。かなり安定感があります。

 

このフィット感を実現できているのは、計算された「イヤホン形状」と、付属されている「イヤーピース・イヤーフック」のおかげでしょう。

 

あなたにピッタリ!豊富なイヤーピースとイヤーフック

前述したとおり、XROUND VERSAには6セットものイヤーピースと、4種類のイヤーフックが付属されています。

イヤーピースとイヤーフックで装着感はかなり良くなる

 

可動式コンフォートイヤーピースS,M,L
遮音イヤーピースS,M,L
イヤーフックS,M,L,フックなし

 

ワイヤレスイヤホンを楽しむにあたり、イヤーピースは重要。自分に合ったものを選ぶ必要があります。

 

ということで、それぞれのイヤーピースの違いをまとめてみました。

イヤーピースの種類特性
可動式コンフォートイヤーピース耳のくぼみにやさしくフィット、長時間装着もラクラク。
遮音イヤーピース遮音、深みのある豊かな低音を実現

 

といっても、イマイチ本当か分からないと思うので、実際に装着してみた率直な感想もお伝えしていきます。

 

装着感重視なら「可動式コンフォートイヤーピース」

まず、装着感を重視するなら絶対にコレです。遮音イヤーピースと比べて、明らかに圧迫感がありません。

可動式コンフォートイヤーピースが使いやすい

 

それでいて遮音性もそれなりに高いので、細かな音まで聴こえるので音楽を楽しむことができます。

 

ロボタ
僕のおすすめはコレ!

 

このイヤーピースがウリにしているのが「耳のくぼみに合わせて動く」ところです。他のイヤーピースと違って、耳の構造に沿って曲がってくれるので優しく深くフィットしてくれます。

 

ロボタ
ホントにフィット感はかなり良い感じです!

 

「遮音イヤーピース」は選ぶ必要ないかも…?

次に遮音イヤーピースですが、コレは選ぶ必要ないかもしれません。遮音性も低音も、さほど可動式コンフォートイヤーピースと変わらないからです。

 

ロボタ
実際に曲を聴き比べしてましたが、正直なところ僕には違いがよく分かりませんでした。

 

むしろ長時間使っていたら少し耳が痛くなったので、個人的には可動式がおすすめです。

 

イヤーフックによる安定感は計り知れない

さいごにイヤーフックについて。これは是非とも使ってほしいです。

イヤーフックで安定感がアップ

 

ロボタ
このイヤーフックがあるだけで、安定感が全然違う。走って階段を駆け上がっても、ズレる気配すらありませんでした。

 

イヤーフック無しで使ってみましたが、やはり少し安定感に欠けます。アウトドア・運動時に使う人なら、絶対必須アイテムです。

イヤーフックなし

イヤーフックなしの場合

 

遮音性◎。適度にシャットアウト

しんどくならない、ちょうど良いくらいに環境音をシャットアウトしてくれます。

ましてや音楽を聴いていれば、電車の音・車の通過音・周りの会話はほぼ聴こえません。

 

ロボタ
音楽に集中したいという方におすすめです!

 

ただしランニングや自転車など、外で使うときは周りの音が聴こえにくいので気をつけてくださいね。

 

また音漏れについてですが、ほぼありません。顔から20cmほど離れたところで、やっと音が聴こえてくる感じです。(音量50%の場合)

 

なので電車だけでなく、オフィスや図書館などでも安心して使えますよ!

 

通信接続も超安定!途切れもほぼなし

ワイヤレスイヤホンはBluetoothによる「通信の安定感」もとても重要です。

 

XROUND VERSAを数時間連続で使ってみましたが、超がつくほど安定していて快適。遅延や途切れもほぼなく、ストレスフリーで楽しむことができました。

XROUND VERSAとiPhone

 

ただし電車の乗降時には人が一箇所に集まるせいか、一瞬だけ音が乱れることはありました。気になるほどではなかったですが。

 

これだけ安定して使えるのは「Bluetooth5.0」「クアルコム製チップ」のおかげ。またTWS Plus技術による左右同時転送の力も間違いなく大きいですね!

TWS Plusとは…?
Qualcom社が開発した左右のイヤホンに同時伝送をする技術。音の途切れが減るだけでなく、低遅延やバッテリーが減りにくいというメリットがある。

 

操作感度はやや遅め。操作がしづらいのも残念…

XROUND VERSAはイヤホンを押すことで、スマホを触ることなく音楽操作が可能です。

イヤホンからボタン操作が可能

 

実際に操作できる項目は後ほどご紹介します。

 

タッチ式と違って、誤作動が圧倒的に少ないのは良いですね。

 

ただし、イヤホン操作については操作感度がほんの少し遅く感じます。

 

ロボタ
他製品と比べて、ワンテンポ遅れてくる感じです

 

それ以上に気になる点もあります。操作ボタンが硬いので、少し操作しづらいんです。

 

結構イヤホンを押し込まないといけないので、耳が少し痛くなるのは残念なポイントと言えるかもしれません。

 

追記(2020/8/17)

後日、XROUND様からご説明頂いたところ、「IP67防塵防水レベルを満たすため、硬軟素材を組み合わせた高密度の二色射出成型ハウジングを採用しています。これが原因で、ボタンを押した時は少し押す力が必要になります。」との回答頂きました。

つまり高い保護力がゆえに、ボタンが硬くなっているということですね。XROUND様、お忙しい中ご連絡ありがとうございました。

 

XROUND VERSAの操作方法は?

VERSAのイヤホン操作

先ほどお伝えした通り、XROUND VERSAはイヤホンで簡単に操作することができます。

 

受話や曲送りだけでなく音量操作まで対応

イヤホン操作はボタンで

イヤホン外面のボタンを押すことで、いろいろな操作が可能になっています。

実際にイヤホン単体で操作できることはこの通りです。

 

イヤホン操作一覧

操作一覧左イヤホン右イヤホン
音楽の再生/停止(左右どちらかを)1回押す
音量アップ-3回押す
音量ダウン-2回押す
次の曲へ3回押す-
前の曲へ2回押す-
音声アシスタント起動(左右どちらかを)2秒間長押し
通話開始(左右どちらかを)1回押す
通話終了(左右どちらかを)1回押す

 

他製品との違いとして、音量アップまでイヤホン操作できるのはメリットです。

 

ただ、少しクセがあるのが左イヤホンは「曲操作」、右イヤホンは「音量操作」と別れているところ。

一般的なものと少し違うので、慣れるまで少し時間がかかる人もいるかも。

 

ロボタ
でも、これだけの操作ができたら十分ですよね!

 

ペアリングは5STEPで超簡単!

XROUND VERSAを初めて使う時はBluetoothのペアリングが必要。とは言っても操作は超簡単で、たった5ステップで完了します。

 

ロボタ
今回はiPhoneの場合でご紹介しています。

 

  • STEP1

    充電ケースからイヤホンを取り出す

    充電ケースから取り出してペアリング設定

  • STEP2

    iPhoneの「設定」→「Bluetooth」から「XROUND VERSA-L」をタップ

  • STEP3

    「接続済み」になったら、この画面で少し待機…

  • STEP4

    ポップアップが表示されたら「ペアリング」をタップ

  • STEP5

    「XROUND VERSA-R」が上の段に表示され、「XROUND VERSA-L」が「接続済み」になれば設定完了です!

このペアリング設定は一度のみでOK。次回以降はケースから取り出すだけで自動的にデバイスと接続してくれます。

ケースから取り出すだけで自動ペアリング

 

ちなみに片耳だけでも使えるので、周りの音を気にしたい時・会話をしたい時にも便利です。

 

XROUND VERSAを他製品と比較すると?

XROUND VERSAと他製品を比べてみると

XROUND VERSAを同価格帯の製品と比べてみました。

 

商品名サイズ(ケース)重さイヤホン形状音質コーデックチップBluetooth連続再生時間(イヤホン)連続再生時間(ケース併用)ドライバーアクティブノイキャンCVCノイキャン片耳モードイヤホン操作方法防水規格ワイヤレス充電搭載ポート充電時間価格関連
XROUND VERSA

 

約 7.2×4.5×3.2cm49gカナル型SBC,AAC,aptXQualcomm QCC30205.08時間40時間6mmダイナミック型(チタンコート)-8.0ボタン式IP67USB-C1.5時間12,980円-
Anker Soundcore Liberty 2 Pro

5.7 × 7.9 × 3.0 cm約70gカナル型SBC,AAC,aptX-5.08時間32時間11mmダイナミック型--ボタン式IPX4USB-C1.5時間14,380円-
AVIOT TE-D01d mk2

5.9× 5.9× 3.4cm約92gカナル型SBC,AAC,aptXQCC30205.011時間120時間6mmダイナミック型-8.0-タッチ式IPX5USB-C2時間11,385円-
パナソニック RZ-S30W

7.4 × 3.9 × 3.0 cm約53gカナル型SBC,AAC-5.07.5時間30時間6mmダイナミック型--タッチ式IPX4-USB-C4時間13,200 円-
YAMAHA TW-E5A

--カナル型SBC,AAC,aptXQCC30205.06.5時間26時間6.2mmダイナミック型--タッチ式IPX5--2時間16,500円-

 

他製品と比べてバッテリーの持ち時間がやや短いのは気になりますが、スペックは全体的に高めなのが分かります。

 

バランスが良くて欠点もないので、とても使いやすいです!

 

ロボタ
これから初めて使う方、快適に使えたら何でも良いという方に、おすすめです!

 

XROUND VERSAのレビューまとめ

XROUND VERSA

XROUND VERSAを使って見た上で、メリット・デメリットをまとめてみました。

 

XROUND VERSAのまとめ
  • 迫力のある高品質なサウンド
  • 抜群の心地よさを誇る装着感
  • イヤホンは超軽量かつ小型化を実現
  • ただしケースはやや大きくてかさばる…
  • 品質と使いやすさが優秀。細部にこだわった機能性

 

XROUND VERSAは「圧倒的な高品質サウンドと、ほぼ全ての機能を搭載した高いクオリティ」が一番の魅力です。

 

ロボタ
ホントに弱点がなく、ハイクオリティ。

 

繊細ながらも迫力のあるサウンドは、きっと万人に気に入られること間違いなしです。

また、イヤーピースやイヤーフックを活用することでより一層音楽を楽しめるのもメリット。装着感は抜群に安定しています。

XROUND VERSAのイヤホン

 

しかしながら、イヤホン操作残量確認ケースの大きさなど、我慢ポイントもいくつかあるのも事実。

 

これ以外は完璧と言えるほど機能が充実してるので、高品質で使いやすいワイヤレスイヤホンを探している方におすすめです!ぜひ使ってみてくださいね。

 

 

\ XROUND VERSAの評価 /

デザイン
持ち運びやすさ
音質
バッテリー
安定性/遅延
操作性
装着感
音漏れ
遮音性
総合評価【4.3】

 

\気に入ったらSNSでシェアしよう/

この記事のURLをコピーする

\ 今すぐチェック!! /

コメントを残す

Twitterでフォローしよう