【EarFun Airレビュー】USB-C充電・タッチ操作・IPX7の完全ワイヤレスイヤホン

ロボタ
こんにちは、物販系のフリーランスとして日々様々なガジェットに触れているロボタと申します。

 

ワイヤレスイヤホンの中にも様々なものがありますが、タッチ操作が可能でハンズフリーなワイヤレスイヤホンは、ストレスもなく非常に有用です。

その他、type-C充電が可能であれば既存のケーブルを使いまわして利用することもできますし、防水性も兼ね備えていれば日常から運動の時まで幅広く使うことができますよね。

これらの条件を満たすのが、EarFunの「EarFun Air」です。

 

EarFun Airは同時に「iFデザインアワード 2020」と「CES 2020 イノベーションアワード」を受賞した「唯一の完全ワイヤレスイヤホン」であり、近年非常に注目が集まっています。

人間工学を元に考えられたフォット感のあるデザイン、自動ペアリング機能から安定したBluetooth 5.0接続を実現しています。

また6mm径のデュアルグラフェンドライバーを採用しており、不要な振動を抑えるので、深みのある低音とクリアな高音で楽しむことが可能です。

ロボタ
そんなわけで、EarFun Airを実際に利用し、レビュー記事として特徴や性能について解説していきます。

 

この記事はメーカー様より商品をご提供頂き、作成しております。

EarFun Airの外観と付属品

EarFun Air」は完全防水仕様(IPX7)のBluetoothワイヤレスイヤホンです。

IPX7とは…? 防水規格IPX7とは「水に浸しても影響がない」と定義されている防水規格です。一定の条件下で30分間水に浸しても問題ない仕様になっております。
つまり汗をかいている時に利用できるのは勿論、ちょっとした水溜まりに落としてしまっても雨の日に利用しても全く問題ありません。
開封してみたところ下記のような感じ。しっかりとした箱に包まれており、高級感があります。

ロボタ
重量は両耳合わせて10.8g、ケースは44.7gという結果でした。他のワイヤレスイヤホンと比較すると、やや重めかと思われます。

外観は下記のようなブラックで、派手じゃない分選択しやすい色だと言えますね。

またワイヤレスイヤホンは下記のケースに格納して充電を行います。

イヤホン単体で利用すると最大再生可能時間は6時間、収納ケース分も含めると、最大で35時間利用することが可能です。

ロボタ
また急速充電に対応しているので、10分充電すれば120分使えるようになるとのこと。ストレスフリーで非常に便利なイヤホンだと言えるでしょう。

 

 

ケース寸法は下記の画像の通りで、持ち歩くのに困らないコンパクトなサイズ。AirPods Proケースより若干大きいくらいのサイズです。

またケースの下面からUSB-C端子で充電することができます。近年type-Cのコードは他のガジェットとも汎用性が高く、使いまわすこともできるでしょう。

付属品は充電ケース・イヤホン本体の他に「イヤーチップ・USB-C端子・説明書」がついています。イヤーチップは3種類ありますので、フィット感に困ることはないでしょう。

注意
アダプターは付いていませんので別途ご用意ください。

EarFun Airをペアリングする方法

次にEarFun AirをBluetoothとペアリングする方法について解説していきます。

ペアリング状態にする

EarFun Airはケースを開けると自動的に電源がオンになり、ペアリングモードになります。イヤホンのLEDが点滅していればペアリングモードになっている証拠です。

Bluetooth機器の接続設定をする

次にBluetoothをオンにすると、「その他のデバイス」のところに「EarFun Air」と表示が出てくるので、それをタップしましょう。

ペアリング完了を確認する

接続が完了すると「接続済み」にステータスが変わるので、これでペアリング完了です。

ロボタ
一度Bluetoothで接続すると、次に利用する時から「自動ペアリング」で利用することができるので、手間をかけることなく使用することができますよ。

EarFun Airを使ってみた感想

EarFun Airは、XS/S/M/Lサイズのイヤーピースがあるので、長時間付けて利用していても不快感が全くありませんでした。

またイヤホン自体はノイズキャンセリング機能が搭載されているので周囲の雑音はカットしてくれますし、6mmデュアルグラフェンドライバーによって、繊細且つ重低音な音を感じることができます。

イヤホンを外すと再生が止まり、付け直すとまた自動的に再生が始まる仕様になっているのも非常に魅力的ですね。

何より良かったのがイヤホンの側面をタッチすることによる「タッチ操作」で音楽再生や通話の機能を一部操作できることで、下記のような操作をすることができます。

再生/一時停止ダブルタップする
曲送り3回タップする(R)
音量を上げる触れたままにする(R)
音量を下げる触れたままにする(L)
電話を受ける/切るダブルタップする
着信拒否2秒間触れたままにする
通話を保留にして、新しい電話に対応する3回タップする
2つの通話を切り替える3回タップする
新たにかかってきた電話を拒否する2秒間触れたままにする

 

ロボタ
ハンズフリーで直感的に操作することができるので、是非利用を検討してみてはいかがでしょうか?

\ 公式サイトを今すぐチェック /

EarFun Airレビューまとめ

本記事では、「【EarFun Airレビュー】USB-C充電・タッチ操作・IPX7の完全ワイヤレスイヤホン」についてレビューしました。

EarFun Airは水に浸水しても問題ないIP7仕様なので、日常からスポーツシーンまで幅広く使用することができます。

また汎用性の高いUSB-Cの端子であるため、他のガジェットと親和性も高い点も魅力の1つです。

音質に関してもノイズキャンセリング機能と6mm径のドライバーをの複合振動板を採用しており、高音域では滑らかに、低音域では迫力のある音を感じることができます。

またタッチ操作機能によりハンズフリーで扱うことができる為、ストレスを感じることなくワイヤレスイヤホンとしての機能を使用することができるでしょう。

ロボタ
5500円とは思えない高クオリティな仕上がりなので、是非利用してみてくださいね。

\ 公式サイトを今すぐチェック /

\気に入ったらSNSでシェアしよう/

この記事のURLをコピーする

\ 今すぐチェック!! /

コメントを残す

Twitterでフォローしよう