【速度比較】iPhoneのテザリングでWi-Fi、USB、Bluetoothのどれか一番速いか検証してみた。




 

iPhoneのテザリングを利用した人は知っていると思いますが、テザリングの接続方法にも種類があります。Wi-Fiで接続するのか、USBで接続するのか、Bluetoothで接続するのかを選ぶことができるんです。

 

 

接続方法が違うのであれば通信速度にも影響があると思ったので、実際に検証してみました!

 

ロボ太
また、それぞれの接続方法のメリット・デメリットもまとめましたので、テザリングをよく利用する方は必見ですよ!

 

 

 

接続方法の違いで通信速度はどれくらい違うのか?

今回はこんな条件で検証してみました。

 

★検証条件

■テザリングを行う機種

①iPhone7(Softbank)

②iPhoneSE(au) [/aside]

■テザリングを受ける機種

①PC(HP ProBook 430 G3、Windows10)

 

■通信速度を計測する方法

Fastを通してウェブブラウザ上で計測

 

■通信は下りのみ計測

 

ロボ太
早速1回目の計測結果です。
【1回目】iPhone7(Softbank)iPhoneSE(au)
Wi-Fi28Mbps17Mbps
USB22Mbps37Mbps
Bluetooth0.29Mbps0.2Mbps

 

大手キャリアのSIMはさすがに速いですね。最大37Mbpsも出ています。結果を見ても分かる通り、Wi-FiやUSBでの接続は高速通信していますが、Bluetoothの接続では急速に通信が遅くなっているのが分かります。

 

ロボ太
では2回目の計測結果です。
【2回目】iPhone7(Softbank)iPhoneSE(au)
Wi-Fi29Mbps14Mbps
USB82Mbps22Mbps
Bluetooth0.27Mbps0.18Mbps

 

遂にでましたね…最大82Mbps!!家の固定回線でもこんなに速い速度を見たことがありません…笑

 

ロボ太
最後に3回目の計測結果です。
【3回目】iPhone7(Softbank)iPhoneSE(au)
Wi-Fi21Mbps9.1Mbps
USB64Mbps30Mbps
Bluetooth0.3Mbps0.19Mbps

 

明らかにWi-FiよりもUSBの方が高速通信が出来ているのが分かりますね。

 

ロボ太
★3回の総合結果を平均にしてまとめました。
総合評価(3回平均)iPhone7(Softbank)iPhoneSE(au)
Wi-Fi26Mbps13.4Mbps
USB56Mbps29.7Mbps
Bluetooth0.29Mbps0.19Mbps

 

結果的に共通して分かったことは1つです。USBが超速いということですね。今後はWi-Fiでテザリングするよりも、USB接続でテザリングする方が快適に通信ができそうですね!

 

★注意
高速通信はUSB接続>Wi-Fi接続>Bluetooth接続の順に速い!! 

 

それぞれの接続方法によるメリット・デメリットとは

通信速度はUSBが圧倒的に速かったですが、Wi-FiやBluetoothで接続するメリットもしっかりあります。基本的にはWi-Fiでのテザリングで十分ですが、利用する状況・環境に応じて使い分けをしていくのもありですね!

 

「Wi-Fi」でテザリングをしたときのメリット・デメリット

★メリット
  1. ①ケーブル不要でテザリングができる
  2. ②高速通信は可能
  3. ②複数台とテザリング接続ができる
★デメリット
  1. ①スマホのバッテリーが消費しやすい
  2. ②他のWi-Fiの電波に干渉して、通信が遅くなることがある
  3. ③Wi-Fi対応機種でないとテザリングを受けることができない
  4. ④名前が不特定多数に表示されるので、セキュリティ面に気を付ける必要がある

 

「USB」でテザリングをしたときのメリット・デメリット

★メリット
  1. ①安定して高速通信が可能
  2. ②給電しながらテザリングができる
  3. ③有線接続なのでセキュリティは強い
★デメリット
  1. ①1台しかテザリングができない
  2. ②ケーブルが常に必要
  3. ③PCのバッテリーが消費しやすくなる
  4. ④スマホやタブレットではUSB接続できない

 

「Bluetooth」でテザリングをしたときのメリット・デメリット

★メリット
  1. ①スマホのバッテリー消費を抑えることができる
  2. ②Bluetooth接続なので不特定多数に晒されることがないので安心
★デメリット
  1. ①通信がかなり遅い
  2. ②PCとスマホのBluetooth接続が面倒(初期接続時のみ)

 

テザリングを接続する方法

Wi-Fi、USB、Bluetoothなど様々な接続ができることをお伝えしましたが、接続するための方法をお伝えします。

 

ロボ太
テザリングで接続するのは非常に簡単です。

 

一度接続してしまえば、次回からさらに楽に接続することができます。今回はPC(Windows10)で接続する方法をお伝えしていきます。

 

「Wi-Fi」で接続する方法

①iPhone上で「設定」⇒「インターネット共有」⇒「オン」にする

②PC上で「右下のWi-Fiマーク」をクリックし、テザリングを行うiPhone名をクリックする。

 

 

③「接続」⇒パスワードを入力し「次へ」を押して接続できれば完了です。

 

 

「USB」で接続する方法

  1. iPhoneとPCをUSBで接続する。 
  2. iPhone上で「設定」⇒「インターネット共有」⇒「オン」にする 
  3. PC上の「Wi-Fiのマーク」が「有線のマーク」に変更になり、iPhone上に「インターネット共有:1台接続中」と表示されれば接続完了です。

 

PC上の画面

 

iPhone上の画面

 

「Bluetooth」で接続する方法

ロボ太
Bluetoothの接続は一番手間がかかります。

 

  1. iPhone上で「設定」⇒「Bluetooth」⇒Bluetoothを「オン」にする
  2. PC上で右下のバーから「Bluetooth」をダブルクリックする。

 

 

③「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックする。

 

 

④「Bluetooth」をクリックする。

 

 

⑤検出された自分のiPhoneをクリックする

 

 

⑥iPhoneに表示されているPINを確認の上、「接続」をクリック

 

 

⑦iPhone上でもPCに表示されているPINを確認の上、「ペアリング」をタップ

 

 

⑧PC上の画面にこの画面が表示されれば完了です。

 

 

⑨iPhone上で「設定」⇒「インターネット共有」⇒「オン」にする

⑩PC上でBluetoothのマークの上で右クリックし、「パーソナルエリアネットワークへ参加」をクリックする。

 

 

⑪検出されたデバイスを右クリックし、「接続方法」⇒「アクセスポイント」と進む。

 

 

⑫「接続に成功しました」と表示されれば完了です。

 

 

⑬最後にWi-Fiのマークが有線のマークになっていれば通信も可能です。

 

 

まとめ

接続方法の違いによる特徴を簡単にまとめてみました。

Wi-FiUSBBluetooth
通信速度×
バッテリー消費×
セキュリティ
同時接続台数複数台1台1台
接続までの手軽さ

 

同じ電波を利用しているにもかかわらず、接続方法だけで大きく通信速度が変わってきます。それぞれの特徴を活かして、ぜひテザリングをフル活用してやりましょう!

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう