【通勤・通学の必需品】Bluetoothイヤホンを選ぶなら、ANKERのZolo Libertyがコスパ最強!




 

最近電車に乗っている時に周りの人をよく観察するんですが、Bluetoothのイヤホンを使っている人って増えていますよね。昔はビジネスなどで利用する片耳のBluetoothイヤホンマイクが多かったですが、最近が両耳のBluetoothイヤホンマイクで音楽を聴く用として活躍してきています。

 

ロボ太
Bluetoothイヤホンマイクで有名なのは、やはりAppleの「AirPods」ですね。

 

サッカー選手の本田圭佑選手も愛用してるこれです!見たことありますよね?

 

ロボ太
「耳からうどん」と呼ばれているアレです。笑

 

他にも吉田選手や岡崎選手など多くの選手が愛用していました。ただ、AirPodsは16,800円(税抜)となかなか高いんです。でもBluetoothイヤホンマイクを使いたい…!

 

ロボ太
そんな方に今回オススメしたいのが、ANKERの「Zolo Liberty」です。

 

ANKERのZolo Libertyとは?

 

ロボ太
★ANKERというメーカーはご存知ですか?

 

元Google社員数名が2011年に立ち上げた企業で、高品質で低価格な商品を提供する会社として近年非常に注目されている企業の1つです。バッテリーやオーディオ関連など商品を主力として、iPhoneに関わるアクセサリも多く提供しています。Amazonの「Amazonランキング大賞2017(年間ランキング)」でも1位を取得しており、評価も非常に高いです。そのANKERが発売しているBluetoothイヤホンが「Zolo Liberty」です。

 

Zolo Libertyの特徴・スペック

Zolo Libertyのスペックを紹介していきます。

 

デザインについて

Zolo Libertyは充電ケースとイヤホン(左右)がセットで1つになっています。見て分かるように充電ケースも手のひらに収まるコンパクトさです。これだけコンパクトであれば持ち運びにも便利ですね。

 

ロボ太
また、耳に装着しても邪魔にならず、見た目もオシャレです。

 

 

ぴったり装着できるので激しい運動でも外れにくくなっています。コンパクトゆえに無くしやすいので、落ちにくいというのは実は重要なポイントですよね!

 

バッテリーについて

 

ロボ太
イヤホンを耳に入れて利用できる時間は約3.5時間の連続再生が可能です。

 

 

通勤時間には十分ですね。3.5時間って…短くない??そう思った方、大丈夫です。充電ケースを組み合わせることで最大24時間の利用が可能です。通勤・通学・お出かけの行きの時に利用しても、充電ケースに入れておけば帰りの時には充電MAXで利用ができます。非常にハイスペックなバッテリーを搭載しています。

 

ロボ太
往復3時間の通勤であっても8往復してもバッテリーが持つので、1週間に1度程度しか充電をする必要がありません。

 

音質について

高音だけでなく低音もしっかりと表現しています。私自身も音質は十分かなと思いますが、あまり音質について詳しく語れる訳ではないのでAmazonのレビューやTwitterの評判を参考にしてみてください。結構、音質については評判いいと思います。

 

保証期間について

 

ロボ太
ANKER製品の特徴として18ヶ月間の保証がついてきます。

 

 

通常の電子機器は6ヶ月~12ヶ月の保証が多いですが、ANKERはすべての製品に18ヶ月間を保証してくれます。保証期間内の故障は返金や交換など柔軟な対応をしてくれますので、非常に安心して利用できるのも良いところですね。ただし、故意的に壊したり外損がある場合には保証対象外となる可能性があるので、保証がついてるとしても愛着を持って使いましょう!

 

価格について

 

created by Rinker
Anker
¥18,800 (2019/11/12 15:50:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

ロボ太
★Bluetoothイヤホンの中でも7,999円と低価格になっています。

高音質、十分なバッテリー容量、長い保証期間をふまえると非常に価格は安いと思います。ちなみにAppleのAirPodsは17,260円とZolo Libertyの2倍以上の価格になります。さすがに購入するには少し勇気がいる価格ですよね。

 

created by Rinker
Apple(アップル)
¥18,480 (2019/11/12 10:09:42時点 Amazon調べ-詳細)

Zolo Libertyのおすすめポイント

ロボ太
大きく5つのポイントがあります。

 

どれもZolo Libertyを最大限に使いやすくするのに必要なポイントです。

 

①機器との接続が非常に簡単!

 

 

★3ステップで完了します。
  1. Zolo Libertyを充電ケースから取り出す。充電ケースから取り出したら自動でイヤホンの電源がオンになります。
  2. 接続したいデバイスのBluetoothをオンにする。
  3. Zolo Libertyの機器名がデバイスに表示されたら、接続を押す。しばらくするとペアリングが完了します。

 

非常に簡単ですよね!さらに、一度Bluetoothで接続すると次回から自動でデバイスと繋がってくれます。非常に楽です!

 

ロボ太
つまり、2回目からは充電ケースから出して耳に装着するだけで利用が可能なんです。

 

②簡単な操作性でストレスなく使える

1回タップや長押しなどの簡単操作で、スマホを取り出すことなく再生や停止、次の曲へ進めたりできます。

 

操作一覧

タップ(1回)曲の再生/停止

電話の受話/終了

タップ(2回)音声アシスタント起動(Siriなど)
長押し(1秒)【右イヤホン】

次の曲へ

【左イヤホン】

前の曲へ

長押し(3秒)音声アシスタント起動(Siriなど)

 

スマホをわざわざ取り出す必要がないところがポイントですね!

 

③防水・防汗に対応

IPX5の防水機能に対応し、ナノコーティングにより防汗機能も備えました。IPX5とは防水性能を表す指標です。

 

IPX5は「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)」ことを意味する。
直径6.3mmの注水ノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で試験を行う。

引用:KDDI IPX5の概要

 

つまりIPX5は水で濡れる分には影響はありませんが、水深防水には非対応ということになります。防水だからといってお風呂や川などに沈めてしまったら壊れる可能性があるので、注意しましょう!

 

④耳にフィットする組み合わせが可能

男性・女性・大人・子供だれでもフィットするように複数サイズのイヤーチップとGripFitジャケットが付属しています。

 

ロボ太
GripFitジャケットはフック無/Sサイズ/Mサイズ/Lサイズの4種類あります。

 

ちなみにGripFitはこんな感じのものです。フックが付いていますが、フックが無いものやサイズも選べます。イヤーチップはSサイズ/Mサイズ/Lサイズの3種類あります。自分に合った組み合わせを見つけましょう!

 

Zolo Libertyの少し残念なポイント

個人的に少し残念だなと思ったのは3つです。

 

①片耳(左)だけでの利用ができない。

Zolo Libertyは右イヤホンが親機、左イヤホンが子機になっています。なので右イヤホンがない場合は左イヤホンは使えないという状況になってしまいます。どうしても片耳だけに装着して利用したい場合は右イヤホンを装着しましょう。

 

②音量の変更はイヤホンからできない。

Zolo Libertyのイヤホン側で音量の変更はできません。状況によって音量を上げ下げしたいときはスマホを取り出して変更する必要があります。

 

ロボ太
ただし、Zolo Libertyは音声アシスタントに対応しているので、Siriなどを利用すればスマホを触ることなく音量の上げ下げは可能です。

 

音声アシスタントなので音量の微調整ができるのか微妙ですが…どちらにしても、音量の変更は頻度としてはそこまで多くないのであまり気にすることもないかもしれませんね!

 

③音ズレを起こす時がある。

Amazonのレビューなどでも書き込んでいる方もいらっしゃいますが、音ズレを起こすことがあります。普通に使っていると問題はないのですが、youtubeなどのネット上の動画音声は若干ズレがあるような気がします。

 

ロボ太
iPhoneやiPodに入れている音楽は特に問題ない印象です。

 

 

よく接続が切れたり、音が途切れたりすることが増えてきた場合、Bluetoothを再接続したり、接続状況をリセットすれば解決しました。不安定な場合は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

Zolo Libertyをリセットする方法

接続が不安定な場合は下記を試してみてください。

 

リセット方法
  1. イヤホンを充電ケースに戻す。
  2. イヤホンを再び取り出す。
  3. 左右のイヤホンを同時にダブルタップする。
  4. 再度、デバイスとZolo LibertyをBluetooth接続する。

 

これでリセットが完了です。

イラってしたらすぐに試してみましょう!

 

まとめ

 

ロボ太
★Zolo Libertyは「完全ワイヤレスイヤホン」を初めて利用する人には非常にオススメです。

AppleのAirPodsは少し高価ですし、失敗したときのショックは大きいですからね。笑デザインも個人的にはZolo Libertyの方がスタイリッシュで好きです。音質や使いやすさなどはぜひ一度ご自身で試してみてはいかがでしょうか!

 

created by Rinker
Anker
¥18,800 (2019/11/12 15:50:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

《追記》

ちなみに2018年11月にAmazonからSoundPEATS社のTrueFreeというワイヤレスイヤホンも発売になりました。高音質で安定した接続が可能なだけでなく、自動ペアリングや4時間の連続再生も可能になっています。充電ケースを併用すれば最大20時間まで利用もできる優れものです。スペックが高いにもかかわらず、Amazonで3,000円台で発売しているのでZolo Libertyに匹敵する魅力がありますので、ご興味のある方は考えてみてはいかがでしょうか。

 

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥2,800 (2019/11/12 19:56:42時点 Amazon調べ-詳細)
Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう