最近はスマホにイヤホン端子がなくなり、どんどんイヤホンがコードレスに移行していってますよね。iPhoneもiPhone7からイヤホン端子がなくなり、lightningケーブルに変換アダプタを挿さないとイヤホンが使えなくなりました。

 

これに困ってる人も多いんじゃないでしょうか?何といっても充電しながらイヤホン使えないし!

 

それがキッカケでBluetoothのワイヤレスイヤホンを購入しようと思っても、どれがいいか分からない…そんな方にぜひ参考にしてもらえればと思います!

 

ロボ太
ワイヤレスイヤホン、いいですよー!何と言っても操作楽やし、邪魔なコードもないんで良いですねー!

 

ワイヤレスイヤホンを選ぶポイントは?

ワイヤレスイヤホンを選ぶポイント4つあります。

  1. バッテリー
  2. 音質
  3. 操作性
  4. 持ち運びやすさ

どれも大事ですが、全てをクリアしようとすると高品質で高価格になりますし、最低限だけクリアする場合ば価格は抑えられます。ワイヤレスイヤホンの中でも、それぞれの特長を持った3製品をご紹介していきたいと思います。どれも高評価でおすすめの製品です。

 

AirPodsとZolo Libertyシリーズのスペック比較

AirPodsZolo LibertyZolo Liberty+の3製品のスペックを比較しました。

AirPodsZolo LibertyZolo Liberty+
カラーホワイトブラック/ホワイトブラック/ホワイト
重量46g358g399g
最大利用時間

(イヤホン単体)

5時間3.5時間3.5時間
最大利用時間

(充電ケース利用時)

24時間以上24時間48時間
防水性能未公表

※おそらく未対応

IPX5IPX5
Bluetooth対応してるがバージョン未公表Bluetooth4.2Bluetooth5.0
音声アシスタント
周囲音取り込み機能××
ケース取り出し時の自動接続
付属品充電ケース

Lightningケーブル

充電ケース

GripFitコート4種類

イヤーチップ3種類

microUSBケーブル

充電ケース

GripFitコート4種類

イヤーチップ3種類

microUSBケーブル

保証期間12ヶ月18ヶ月間18ヶ月間
販売価格(税込)18,144円7,999円14,980円

 

AirPodsを選ぶポイントはここ!

AirPodsを選ぶ際のポイントはこの3つです。

 

①毎日使いたくなる抜群の使いやすさ!

AirPodsとにかく使いやすいのが一番のメリットです。Appleの設計だけあってiPhoneと同じようにシンプルで簡単に使うことが可能です。初回のみBluetoothでペアリングさえ設定してしまえば、次回からはケースから出しただけで自動でデバイスと接続します。これが非常に楽です。

 

ビジネスマンが使うようなBluetoothイヤホンマイクの電源ボタンなどはありません。さらに、AirPodsには感知センサーが付いているので耳から離れたと判断しただけで音楽は停止になります。再度、耳に装着すると自動で続きから再生を開始します。人と会話する時や、AirPodsを落としてしまった時などの使い勝手もいいんですよね。

 

また、iPhoneの設定画面からAirPodsのカスタマイズも可能です。こんな感じです↓

 

右耳、左耳で好みの操作に設定できますが、2つまでしか設定できないのが少し残念ですね。1タップ、2タップとかで使い分けできるとなお良しなんですが…

 

②優秀なバッテリー持ちで急速充電にも対応!

AirPodsは充電ケースを併用することで、24時間以上利用することが出来ます。私も往復2時間の通勤で使ってますが、2週間に1回くらいのペースしか充電していません。つまり月2回!!これってかなり少ないですよね!

 

しかも1回フル充電をすると、イヤホン単体でも最大5時間も連続で使い続けられるんです。純粋にすごいです。東京から博多までの新幹線でずっと音楽を聴いてられます。

 

しかも急速充電にも対応しており、充電ケースで15分充電するだけでイヤホン単体で3時間も使えるようになります。…凄すぎて、もはやよく分かりません。笑

 

③ポケットに入れても邪魔にならない持ち運びやすさ!

AirPods重量46gと非常に軽いです。単三電池2本分よりも若干軽いくらいです。しかもとてもコンパクトです。ポケットにiPhoneとAirPodsを入れても全然かさばらないです。男性にも女性にも、通勤にも通学にもおすすめです。

 

もっと詳しく知りたい方はこちら!

 

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,213 (2019/08/21 23:41:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

Zolo Libertyを選ぶポイントはここ!

Zolo Libertyを選ぶ際のポイントは2つです。

 

①高品質で低価格!コスパ最強!

Zolo Libertyの一番の特長はコスパの良さと言っても過言ではないでしょう。最大24時間というAirPodsと同じバッテリー時間を備えているにも関わらず、価格は7,999円という超低価格です。

 

充電ケースから取り出しただけで自動接続し、音質も悪くありません。初めてワイヤレスイヤホンを購入する方で、とりあえずストレスなく聴けたら何でもいいという方にはベストな製品です!

 

②安心して長期利用できる保証が魅力的!

Zolo Libertyには18ヶ月間のメーカー保証がついてきます。というよりもANKER製品には全て18ヶ月間という保証がついてくるんです。AirPodsよりも6ヶ月も長く保証してくれるので、安心して使えますね!

 

ちなみにAirPodsは保証が終了するとバッテリー関連の修理は5,800円(片耳)、それ以外の故障や紛失は7,800円(片耳)かかります。「…Zolo Liberty1台買えるやん!!」って思ってました。せっかくお金をかけて利用するなら、長く使いたいですよね!

 

もっとZolo Libertyを詳しく知りたい方はこちら!

 

created by Rinker
Anker
¥6,999 (2019/08/21 05:00:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

Zolo Liberty+を選ぶポイントはここ!

Zolo Liberty⁺を選ぶ際のポイントは2つです。

 

①AirPodsを上回る驚異的なバッテリー時間!

AirPodsも十分にバッテリーの時間は優秀なのですが、Zolo Liberty+2倍の48時間もバッテリーが保ちます。48時間というと通勤や通学なら1ヶ月に1回も充電する必要がない可能性がありますね。頻繁に充電するのが煩わしい人や、長時間の移動が多い人には非常にオススメです。

ロボ太
48時間はスペック良すぎ…

 

②高機能が備わったZolo Libertyのハイエンドモデル!

Zolo Liberty+はほぼZolo Libertyを一回り進化させてようなスペックです。大体の機能や保証期間は踏襲したまま、バッテリーの持ちが良くなっています。バッテリーだけでなく「周囲音取り込み機能」も備わりました。

 

Zolo Libertyは付属のイヤーチップやGripFitといわれるカバーをすることで、自分の耳にぴったりフィットできるように組み合わせることができます。ぴったりフィットした状態で音楽を聴いていると、割と遮音性が高めなので周囲の音が聞こえにくくなります。いわゆる「ノイズキャンセリング」みたいな状況です。

ロボ太
ノイズキャンセリング機能は付いていませんので、ご注意を

 

 

 

そこで「周囲音取り込み機能」をオンにすることで、周囲の音を聞こえやすくしてくれます。なので自転車での移動中やランニング中などでも、周囲の車の音などが聞こえやすくなるので安全に音楽を楽しむことができます。人によっては周囲音を取り込みすぎて、音楽が聞こえづらいという人もいるみたいですが…笑

 

Zolo Liberty+に興味をもった方はこちらもどうぞ!

 

created by Rinker
Anker
¥8,800 (2019/08/21 05:00:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

それぞれの製品の特長をまとめてみました。

AirPodsZolo LibertyZolo Liberty+
バッテリー
音質
操作性
持ち運びやすさ
価格

 

非常にバランスが良く、高性能なのはAirPodsに決まりです。少し相場よりも価格が高いですが、iPhoneを持っている方であれば非常にオススメです!一度使ってしまうと離れないですよー!

 

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,213 (2019/08/21 23:41:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

ロボ太
あまりお金をかけれないけど、購入して公開したくないという方はZolo Libertyをおすすめ!

Zolo Libertyは非常にコスパがいい製品ですし、長いこと使える製品ですので安心ですからね!

 

created by Rinker
Anker
¥6,999 (2019/08/21 05:00:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

とにかく長時間バッテリーが欲しい方はZolo Liberty+です。48時間のバッテリーは非常に魅力的です。バッテリーの割にZolo Libertyと変わらないサイズ感なので悪いところはあまりないですね。ただ、ハイエンドモデルなだけあってAirPods並みに価格が高くなります。

 

購入時にはしっかり考えましょうね!

 

created by Rinker
Anker
¥8,800 (2019/08/21 05:00:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

どのワイヤレスイヤホンを選んだとしても、コードのイヤホンと違ってワイヤレスイヤホンは充電する必要があります。充電の手間は少し増えるかもしれませんね。コードが絡んだり、動いたときにスマホからイヤホンが抜けたりと煩わしいことが無くなるメリットは大きいと思います。

 

私も一度使ってから、コードのイヤホンを使うことは無くなりました。ぜひワイヤレスイヤホンで快適な素晴らしい毎日を過ごしましょう!

 






おすすめの記事