【誰でも分かる解説】iPhoneXRとiPhoneXsの違いは?価格やスペックなどを徹底比較!




 

iPhoneXRが2018年10月26日に発売されましたね。

 

ロボ太
前評判ではiPhoneXRが結構人気そうで、Apple渋谷でオープン前に700人も並んだみたいです。

 

予約してるもんじゃないのって思いますが…笑それだけ人気がありそうなiPhoneXRですが、iPhoneXsと比べて何が違うのでしょうか?スペックや価格などを比較してみました。

iPhoneXRとiPhoneXsのスペック比較

 

ロボ太
iPhoneXRとiPhoneXsのスペックを一覧にしました。

 

iPhoneXRiPhoneXs
価格(Apple公式)64GB:84,800円64GB:112,800円
128GB:90,800円256GB:129,800円
256GB:101,800円512GB:152,800円
サイズ(高さ)150.9mm143.6mm
サイズ(幅)75.7mm70.9mm
サイズ(厚さ)8.3mm7.7mm
重量194g177g
容量64GB/128GB/256GB64GB/256GB/512GB
カラーホワイト/ブラック/ブルー/イエロー/コーラル/レッドシルバー/スペースグレイ/ゴールド
ディスプレイ6.1インチ Liquid Retina HDディスプレイ5.8インチ Super Retina HDディスプレイ
IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ
HDRディスプレイ非対応対応
解像度1,792 x 828ピクセル解像度、326ppi2,436 x 1,125ピクセル解像度、458ppi
コントラスト比1,400:1コントラスト比(標準)1,000,000:1コントラスト比(標準)
メインカメラ12MPカメラデュアル12MPカメラ(広角と望遠)
最大5倍のデジタルズーム2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
絞り:広角 ƒ/1.8絞り:広角 ƒ/1.8 望遠 ƒ/2.4
3つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明)5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
インカメラ7MP7MP
チップA12 Bionicチップ

(次世代Neural Engine)

A12 Bionicチップ

(次世代Neural Engine)

3D Touch非対応対応
セキュリティ認証方式FaceIDFaceID
防水等級IP67等級IP68等級
防水性能水深1mで最大30分間の耐水水深2mで最大30分間の耐水
ワイヤレス充電対応対応
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
通話方式VoLTEVoLTE
予備電力機能付きエクスプレスカード対応対応
ApplePay対応対応
連続通話時間最大25時間最大20時間
インターネット利用時間最大15時間最大12時間
高速充電対応30分で最大50%充電30分で最大50%充電
SIMnanoSIM+eSIMnanoSIM+eSIM

 

ロボ太
比較して分かる通りiPhoneXRはスペックがiPhoneXsに比べ絞られており、低価格に抑えられているのが印象的です。

 

バッテリー稼働時間も向上し、使いやすい機種になっています。カラーの豊富さは昔のiPhone5Cをイメージさせますね。個人的にiPhone5Cは非常に気に入っていたので、iPhoneXRにも少し好印象です。笑

 

何よりも価格を重視する人はiPhone8を検討すべき!

 

ロボ太
まず大前提にカメラとかディスプレイとかバッテリー時間とかどうでもいいので、とにかく安くしたいという方、iPhoneXRは諦めた方がいいです。

 

 

 

価格重視するのでればiPhoneSEやiPhone8を購入すべきです。iPhoneXRはiPhoneXsの廉価版と言われていますが64GBで84,800円です。勿論、iPhoneXsに比べると2~3万円安いですが、正直そこまで安くはないんですよね。全画面ディスプレイでないとダメっていう人には、iPhoneXRはいい機種だなと思います。

 

iPhoneXRとiPhoneXsの大きな違いは4つ!

 

ロボ太
iPhoneXRとiPhoneXsのどちらを買おうか悩んでいる方、大きな違いは4つです。

 

ここだけは押さえとくべきというポイントだけまとめてみました。個人的にはこの4つ以外はあまり気にすることないかなと思います。

 

★補足
  1. カメラ性能の違い
  2. ディスプレイ性能の違い
  3. バッテリー性能の違い
  4. 価格耐の違い

 

【POINT①】カメラの性能が違う!

まず1つ目の大きな違いはカメラの性能です。スペックで比較する上ではカメラ自体の性能は12MPと同じですが、シングルカメラかデュアルカメラの違いが大きいです。

 

ロボ太
つまりiPhoneの背面にカメラが1つ付いてるか、2つ付いてるかの違いです。

 

カメラが2つ付いてるデュアルカメラだと、どう違うの?

広角と望遠の2つが出来るか、広角の1つしか出来ないかが変わってきます。広角と望遠の違いを簡単に説明します。

 

■広角:広い範囲を写し、遠近感を強調して撮影ができる。

■望遠:遠くのものを大きく写し、背景をぼかせることで被写体を強調して撮影ができる。

ロボ太
どうでしょう、イメージできましたか?

 

つまり、iPhoneXRはiPhoneXsに比べてシングルカメラで望遠には対応していないということになります。またズームできる倍率も低めですので、遠くのものを強調して撮影する分にはiPhoneXsよりも劣ってしまうということです。

 

ロボ太
じゃあ、iPhoneXRの写真は綺麗に撮れないのでしょうか?

 

安心して下さい、しっかり綺麗に撮影出来ますよ。iPhoneXRでも一眼レフのような写真を撮ることはできます。iPhoneXR、iPhoneXsには撮影をより鮮明で綺麗にしてくれる機能が付いているからです。

 

より美しい写真を撮る為に4つの機能がある!

 

次世代Neural Engineを搭載のA12 Bionicチップ

→毎秒5兆の演算処理が可能となるほど高速・精密化した為、より背景ぼかしなどの画像処理能力が向上しました。

 

デュアル光学手ブレ補正

→通常の撮影だけでなく、遠くを撮影する時や動画を撮影する時などの手ブレによる振動を調整してくれますので、より鮮明な写真が可能になります。

 

進化したボケ効果や深度コントロールが可能なポートレートモード

→撮影後に写真の被写界深度を調整できたり、より精巧に背景をボカしたりとよりプロのような写真を撮影できるようになる技術です。

 

スマートHDR

→A12 Bionicチップや高速センサーが連携して、明部と暗部をより鮮明で精細に表現できます。

 

ロボ太
この4つの機能があるので、デュアルカメラでなくても十分に綺麗で鮮明な写真を撮ることができます。

 

【POINT②】ディスプレイ性能が違う!

2つ目の大きな違いはディスプレイの性能です。

 

ロボ太
解像度やコントラスト比はiPhoneXsよりもiPhoneXRが劣っています。

 

それはiPhoneXsが有機ELディスプレイなのに対して、iPhoneXRは液晶ディスプレイということが影響しています。これは発光方法の違いによるもので、有機ELディスプレイの方がより鮮明に綺麗に表現されるのが特徴です。

 

有機ELディスプレイは独立した「赤」や「緑」が光るので他の色の干渉を受けないので鮮明に光って見えるのに対して、液晶ディスプレイはバックライトがカラーフィルターを通して光っているので少しボヤけて見えます。

 

ロボ太
ちなみに解像度・コントラスト比・HDRディスプレイって何でしょうか?

 

解像度

→解像度は数字が大きいほどより綺麗に映ります。ビットといわれる小さい点が色を表示しており、解像度の数字はビットの個数のことを言います。

 

なのでiPhoneXRの「1,792 x 828」という解像度は、横1,792個と縦828個のビットがありますよってことです。ビット数が多いほどそれだけ細かいところまで表現できるので、ディスプレイに綺麗に映るということですね。

 

コントラスト比

→画面の最も明るい表示と最も暗い表示をしているところの明るさの比率のことです。つまりどれだけ明るさの違いを表現できるかということです。数字が大きい程、明るさ・暗さをよりはっきりと表現できるようになります。

 

HDRディスプレイ

→High Dynamic Rangeの略でiPhoneXRには搭載されておらず、iPhoneXsに搭載されている技術です。HDRは暗いところや明るいところでも色の段階数を幅広く表現できるので、写真や動画がより鮮やかに強調することができます。

 

ロボ太
ここまで聞くと全面的にiPhoneXsが優っている感じですが、個人的にはiPhoneXRでも十分綺麗だと思います。

 

【POINT③】バッテリーの性能が違う!

3つ目の違いは、バッテリー性能の違いです。iPhoneXRはiPhoneXsに比べて通話であれば5時間、インターネットであれば3時間もバッテリーが長持ちします。iPhoneXRの連続通話最大25時間、ネット利用15時間は歴代のiPhoneの中でもトップレベルのバッテリー持ちを実現できています。

 

ロボ太
iPhoneXRはiPhoneXsに比べて若干大きくて重いですが、これだけバッテリー稼働が良いと嬉しいですよね!

 

また、急速充電にも対応していて、30分で最大50%まで回復できるのは非常に助かりますね。バッテリー持ちを重視する方にはiPhoneXRはベストな機種といえます!

 

★バッテリー持ちをもっと良くしたい方はこちら

 

【POINT④】価格の手の届きやすさが違う!

4つ目の違いは価格差です。

 

ロボ太
同じ容量64GBであっても、約30,000円程度安くなっています。

 

Apple公式
iPhoneXR 64GBiPhoneXs 64GB
84,800円64GB:112,800円

 

スペック自体はある程度同じですので、カメラ性能・ディスプレイ性能の差に30,000円の価値があると考えるかどうかです。また、購入時の価格だけではなくAppleでの修理代金も変わってきます。

 

Apple修理代金(AppleCare+未加入の場合)
iPhoneXR画面破損:22,400円
その他損傷:45,400円
iPhoneXs画面損傷:31,800円
その他損傷:62,400円

 

ロボ太
やはり高性能の分だけ修理も高くなります。

 

AppleCare+に加入すれば安くなりますが、結局ランニング費用と故障した時の費用がかかってしまいます。無理して必要以上のスペック製品を買う必要はないかもしれませんね。

 

あわせて読みたい。

 

まとめ

 

ロボ太
iPhoneXRはiPhoneXsに比べてディスプレイやカメラ性能は劣りますが、バッテリーの持ちが大幅に向上しています。

 

なので対象ユーザとしてはこんな感じでしょうか。

 

★対象ユーザー

■iPhoneXR:バッテリーを重視したい。大きい画面がいい。少しでも安く持ちたい。

■PhoneXs:カメラ・ディスプレイは最大限に綺麗が良い。データ容量が大きい方がいい。

 

他にも本体カラーやサイズ、重さなど細かいところは好き嫌いがあると思います。それぞれの特長を踏まえて、お好きな機種を選びましょう!

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう