【iPhone共通】電話に出られないときの留守電以外の便利機能!




電車に乗っている時や仕事の会議中の時など、iPhoneに電話がかかってきても出られないことありますよね。

ロボ太
そんな時、皆さんはどうしてますか?繋がらない時は留守番電話にしてますか?

 

実はiPhoneには便利な機能がありまして、僕はそれを使っています。

便利機能
  1. メッセージを送信
  2. あとで通知

 

 

iPhoneを使っている人なら一度は見たことありますよね?つい最近まで使っていなかったんですが、使い始めると意外と便利でした。

ロボ太
電話を掛けてきた人にも失礼にならないので、重宝しています。

 

今回は留守電以外の電話に出られない時の対処方をお伝えします!

 

おすすめの2つの便利機能!

先程お伝えした2つの機能をご紹介します。

メッセージを送信(テキストメッセージで返信)

電話着信時に「メッセージを送信」を押すことで、相手にSMS(ショートメール)でメッセージを送ることができます。メッセージを送信したときに電話は切れて、相手には「プープープー」という電話が切れた音が流れます。

 

残念ながら「ただいま電話に出ることができません…」などの留守電のような音声を流すことはできません。

 

注意!
通信キャリアによって通話が切れたときの音声が違います。例えば、ソフトバンクの携帯から発信した場合は、「お掛けになった電話を呼び出しましたが、お出になりません」といったアナウンスが流れます。

 

相手に送るメッセージはカスタマイズできる!

iPhoneには初期の状態では、下記の3つのメッセージを送ることができるようになっています。

初期設定
  • 現在電話に出られません。
  • 向かっています。
  • あとでかけ直します。

 

選んだ文章がテキストメッセージとして、SMS(ショートメッセージ)で相手に届きます。

ただ、会議中や電車に乗っているときなど様々なシチュエーションがあると思いますので、自分の文章に編集することができます。

 

送信するテキストメッセージを編集する方法はこちら

設定方法
  1. 「設定」→「電話」へ進む
  2. 「テキストメッセージで返信」をタップ
  3. 送りたい文章を入力する
  4. 文章を入力したら完了ですので、ホーム画面へ

 

あとで通知

着信したときにあとで通知を選択することで、指定したタイミングでiPhoneに通知が表示されるようにできます。つまり、あとで折り返しの電話を忘れないようにできるということですね!

 

ロボ太
忙しいときは折り返しを忘れることも多いですので、助かる機能です。

 

ちなみにあとで通知するときのタイミングは2種類しかなく、カスタマイズできません。

  • ここを出るとき
  • 1時間後

 

「ここを出るとき」を選択した場合は、GPSで今いる所から離れた場合に通知されます。

 

返信もせずに音だけ消したい場合、サイドボタンでサイレントに!

電話を着信したときに返信も着信拒否もしたくない、でもバイブレーションは気になるから消したい。そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

iPhoneの場合、着信中のバイブレーションをサイレントにするにはサイドボタンを1回押してもらえれば解決します!

ロボ太
音量+ボタン、音量-ボタン、電源ボタンどのボタンでも大丈夫です。

 

注意!
ただし、電源ボタンを2回押してしまうと着信拒否、つまり電話を切ったのと同じ状態になりますので注意してください。

 

今までご説明してきた電話に出られないときの対処方法は、あくまでもiPhoneが触れる状況で着信に気付いている時です。気づかないとこれまでの操作もできないですよね。そんな時は解決策は2つしかありません。

 

留守番電話サービスに申し込むか、転送設定をするかです。

留守番電話サービス有料(月額300円程度、一部無料の場合あり)
着信転送サービス無料(一部有料の場合あり)

 

有料になってしまいますが、大事な電話であれば申し込むしかない場合もありますからね。自分に合ったシチュエーションに合わせて利用を考えてみましょう!

 

 

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう