【海外で失敗したくない!】auのiPhoneを海外に持っていく時の3つの注意点!




 

海外にiPhoneを持って行ってすごい高額な請求がきたって話はよく聞きますよね。あまり海外に行くことがない方はとても心配ですよね。でも大丈夫です!

 

ロボ太
しっかりと設定をしていれば、高額な請求がくることはありません。

 

海外での利用時の注意点や設定方法をお伝えしていきますね。

 

海外にauのiPhoneを持っていく時の注意点3つ!

海外でのiPhone利用で注意するべき点は3つあります。今回はauのiPhoneを海外でも利用する場合のパターンでお伝えしています。

 

ロボ太
海外SIMを利用する方やレンタルWi-Fiルーターを利用する方は設定方法が違いますので注意してください。

 

【注意1】海外渡航先が『海外定額』の対象地域かを確認する!

auに限らずキャリア毎に海外で提携している事業者は違う為、海外定額の提携外の事業者の電波を利用していた場合、高額な通信費が請求されてしまうことがある。なので必ず渡航前に渡航先が『海外定額』の対象になっているか調べましょう。

 

ちなみにauに『海外定額』は2種類ありますので、簡単に違いだけ説明します。

世界データ定額海外ダブル定額
利用料金980円/24時間0円~2,980円/日
特長日本で契約中のデータ容量から利用する。1日のデータ容量毎に料金が変動するが、契約中のデータ容量は減らない。
おすすめできる方なるべく利用金額を抑えたい方。お金はかかってもいいから、不自由なく利用したい。

 

ロボ太
世界データ定額は980円で24時間使い放題という訳ではないので注意しましょう!

ロボ太
つい最近まで僕も勘違いしてました。(笑)

 

 

 

【注意2】不要な設定をオフにする!

海外で電話を受けるかどうか、Wi-Fiだけ受けるようにするかどうかなど、パターンが複数あります。

 

電話を使う場合電話を使わない場合
データ通信をする場合モバイルデータ通信「ON」

データローミング「ON」

(4G)音声通話とデータ通信「ON」

モバイルデータ通信「ON」

データローミング「ON」

(4G)データ通信のみ「ON」

データ通信をしない場合モバイルデータ通信「ON」

データローミング「OFF」

4G「OFF」

モバイルデータ通信「OFF」

データローミング「OFF」

(4G) 音声通話とデータ通信「OFF」

 

いらない機能があれば渡航先でオフにしておきましょう。ちなみに下記の方法でデータローミングや4Gの設定を変更できます。

 

 

また、海外にいても通信できる環境であればアプリがバックグラウンドで通信をしますので、「バックグラウンド通信」をオフにしておくことをおすすめします。

 

★設定方法
※「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」→「Appのバックグラウンド更新」をオフにすれば設定できます。

 

【注意3】契約している料金プランが『海外定額』の対象となっているか確認する!

現在契約中のプランもしくはオプションが『海外定額』の条件になることがある為、必ず渡航前に確認しましょう。こちらも海外定額によって違いますので、気をつけましょう。

 

◾︎世界データ定額

「データチャージ」に加入中

 

◾︎海外ダブル定額

「LTE NET」もしくは「LTE NET for DATA」に加入中

 

世界データ定額は事前にAppStoreから「世界データ定額」アプリをインストールしておくことをおすすめします。アプリの初期設定(auIDのログインなど)が完了していれば、海外到着時にアプリの中の利用開始ボタンを押せば定額サービスが利用できます。あまり詳しくない、失敗したくないという方は必ずインストールしておきましょう。

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう