【Outlook2016×Windows10】GmailをOutlookで設定できない時の対処法!




 

今回はGmailをOutlookで利用する時に注意すべき点をお伝えしたいと思います。基本的にはGmailはウェブ上かGmailアプリで利用している方がほとんどだと思いますが、事情によりOutlookを使わないといけないこともありますよね。何度設定してもOutlookでエラーになってしまった時に経験した対処法をお伝えしたいと思います。設定した環境は『Outlook2016』です。

 

ちなみにGmail『●●@gmail.com』以外にも、Gsuiteなどで独自ドメイン『●●@▲▲.co.jp』を利用されている方にも参考にできます。 [

 

Outlook2016にGmailを設定する方法

Outlookでの設定には、POPもしくはIMAPを利用します。

 

ロボ太
下記の通りに設定すれば、5分もかかりません。本来であれば…

 

まず、Outlookを開いて「ファイル」をクリックします。

 

 

次に「アカウント追加」をクリックして、メールアドレスの設定画面に進みます。

 

 

下記の画面に移りましたら、メールアドレスを入力して「接続」をクリックします。次にパスワードを入力し、「接続」をクリックします。

 

 

はい、これで問題なければ完了です。

 

 

めちゃくちゃ簡単ですよね。ただ、この通りに設定ができないことがあるんです…

 

Outlook2016でGmailの設定ができない時の確認事項は4つ!

Outlookで設定できない時にはこんな画面が表示されます。

 

この画面以外の場合はメールアドレスやパスワードが間違っていることがありますので、もう一度確認してください。

 

★上記の画面と同じ場合であれば下記の2つの方法で解決できると思います

【1】Gmailの設定でPOP/IMAPを許可する

【2】Googleアカウントlの設定でOutlookアプリを許可する[/box]

基本的にはGmail側の設定変更で解決できると思います。順番に説明していきますね。

 

【1】Gmailの設定でPOP/IMAPを許可する

ロボ太
まず、PCでGmailを開いてください。

Gmailを開いたら右上の歯車のマークの「設定」クリックして、再度「設定」を選択します。

 

 

次に「メール転送とPOP/IMAP」というタブがありますのでクリックしてください。

 

 

POPとIMAPの設定情報が出てきますので、設定が無効になっている場合は「有効にする」にチェックを入れて、最後に「変更に保存」をクリックしましょう。もしPOPとIMAPの現在の設定状況が無効か有効か分かりにくい場合、ステータスを確認してください。

 

 

【2】Googleアカウントの設定でOutlookアプリを許可する

POP/IMAPの設定に問題がない場合、次はGoogleアカウントの設定を変更します。Gmailを開いていただき、ログインしている自分のアイコンをクリックし、「Googleアカウント」というボタンをクリックしてください。

 

 

Googleアカウントのマイページしたら、「ログインとセキュリティ」をクリックしてください。

 

 

最後に「安全性の低いアプリの許可」を有効にすればOutlookをGmailが認識してくれます。

 

 

おそらくこの設定で大体の場合はいけるんではないでしょうか。

 

まとめ

これでOutlookで設定を行えば、無事認証するはずです。これでもダメな場合は、手動設定で「サーバーのポート」や「セキュリティ認証方法」を見直してみてください。

 

POP/IMAP受信993SSL
送信587 or 465SSL or TLS

 

一度確認してみてくださいね。

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう