iPhoneとの相性抜群!AirPodsの4つの特徴




通勤や通学で多くの人がイヤホンを付けて音楽を聴いてますよね。

僕はよく人のイヤホンを見てるんですが、本当に色んなイヤホンがあるなーって思う日々です。

特にiPhoneの純正イヤホンは多い印象ですねー。

 

その中でも最近すごくワイヤレスイヤホンが増えてきてるように思います。

随分前からワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン)はありましたが、どうも使い勝手が悪いイメージでした。

電池の持ちや音質が悪かったり、接続不良が多かったんですよね。

 

そのワイヤレスイヤホンの中でも見かけるのが増えたのはAppleの「AirPods」です。

PHOTO

 

僕も実際に使ってます。今までのワイヤレスイヤホンと違って、革新的な使いやすさなので、非常に満足して使ってます。

今回はAirPodsでできることを紹介していきたいと思います。

 

まずは商品スペックについて

PHOTO

サイズ(イヤホン)16.5 × 18.0 × 40.5 mm/各1個
重量(イヤホン)4g/各1個
サイズ(充電ケース)44.3 × 21.3 × 53.5 mm
重量(充電ケース)38g
AirPodsと充電ケースの併用24時間以上の再生時間

最大11時間の連続通話時間

AirPods(1回の充電)最大5時間の再生時間

最大2時間の連続通話時間

充電ケースで15分充電3時間の再生時間

1時間以上の連続通話時間

音楽再生
音声通話
Siri

特徴は充電ケースが付いている点ですね。

充電ケースとAirPodsの両方にバッテリーがあり、AirPodsのバッテリーを充電ケースから給電できます。

従来のBluetoothイヤホンは、イヤホンに直接micro USBケーブルを挿してましたが、そんな必要もありません。

充電が楽になり、紛失リスクが減ったのは非常に嬉しいところです。

さて、ここからはおすすめしたい4つの特徴を紹介していきます。

 

1.邪魔にならないコンパクトデザイン

PHOTO

Bluetoothイヤホンになるので「線」がありません。

通勤・通学・勉強中・スポーツ中などでも、「線」が邪魔になることはありません。

使用していない時にも「線」がかさばることはなく、すっきりと充電ケースに収納が可能です。

 

充電ケースの大きさはミンティアの半分位の大きさで、分厚さは2cm程度ですので、非常にコンパクトです。

充電ケースがあることで、イヤホンの片方を失くしたということもありません!たぶん。

僕はよくBlueToothのイヤホンを失くしてましたが、AirPodsにしてから1年全く無くすことなく利用しています。

 

2.バッテリーの持ちはトップクラス

PHOTO

Bluetoothイヤホンの課題の1つである「バッテリーの持ち時間」が大きく改善されたのが、このAirPodsです。

1回の充電で最大5時間の再生が可能です。

5時間⁉短くね⁉と思われた方も多いでしょうが、そんなことはないです。

他のワイヤレスのイヤホンと比べても同じくらいの持ち時間です。

 

メーカー商品名バッテリー時間
AppleAirPods最大5時間
BOSESoundSport Free wireless headphones SSport Free最大5時間
SONY完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X最大3時間

 

しかも、あくまでもイヤホン本体での持ち時間です。

充電ケースを併用することで最大24時間以上の音楽再生が可能です。

 

僕はいつも片道1時間の通勤時に利用していますが、1週間以上充電をしないことが多いです。

今までは毎日充電してましたので、嘘みたいに使いやすいです!

 

ちなみに、たった15分間充電するだけで3時間も音楽再生が可能になります。

急ぎで利用したいときも対応ができるのは嬉しいですよね!

ちなみに充電ケースのフタをiPhoneの近くで開けると、電池残量が表示されます。こんな感じのポップアップが出てきます。

 

3.感度のいい操作性

PHOTO

Bluetoothイヤホンのもう1つの課題である「操作性」も、AirPodsは期待をいい意味で裏切ってくれました。

なんといっても「使いやすい」のただ1点です。

 

購入してから1度だけBlutooth接続をしてしまえば、面倒な接続作業は今後不要です。

充電ケースからAirPodsを取り出して、耳につけるだけで1~2秒程で接続が完了します。

電源ボタン等は一切ないので、余計な操作はいらないんです。

 

ちなみに、接続が完了すると「ポーン」という音が鳴りますのですぐに分かりますし、iPhone自体にも上部に「イヤホン」マークがつきます。

これで音楽が電車内で勝手に流れることはありませんね!

 

また、イヤホンが耳から取り外したときも自動で音楽を停止してくれる機能もついてます。

もしイヤホンが耳から落ちたときも安心です。

なぜこれほど自由度が高いのかというと、AirPodsには動きや音声を感知するセンサーが備わっているからなんです。

確かによく見るとイヤホンの上部にセンサーっぽいのが付いてるんですよねー。

 

非常に便利な機能です。

 

また、音楽再生で必須な機能である「再生/停止」「次の曲/前の曲」も備わっています!

操作は簡単で、AirPodsを2回タップするだけです。

 

ん?「再生/停止」と「次の曲/前の曲」への区別ってできなくね?

そう思いますよね!

AirPodsは左右で操作機能を変更することができます。

左は「再生/停止」、右は「次の曲」という形でカスタマイズができます!

 

すげーぞAirPods!

 

ただ、2つしか機能が選べないので注意です。片耳に1機能です。

僕は「前の曲へ」は諦めています!男なら過去を振り返らずにいきましょう。

 

俺のAirPodsに「次の曲/前の曲」を選ぶところがないんだけど…?

僕も少し前まではそうでした。

非常に困ってました。

ですが、「iOS11」にアップデートしてから利用できるようになったんです!

すぐにアップデートしてくださいね!

僕も購入した時は「次の曲」にいけへんのかい!「次の曲」にスキップするのに、「Siri」を開いて音声で伝えるとかアホか!って思ってました。

今世紀最大のアップデートだと個人的には思ってます。

 

4.心地よい音質

PHOTO

こんなタイトルを付けてますが、音質のことはよく分かりません。

素人なんで、すいません!

 

個人的な意見をお伝えしますと、音質は良い方だと思います。

市販の2,000~3,000円くらいのBluetoothイヤホンを使っていたころは低音があまりでしたが、AirPodsにしてからは音質には何も気にならなくなりました。

こだわりがない人には何の問題もないです。

ネットで調べていると音質についてはあまり良い評判はないような気がしますが、他社製品と比較している記事があったので載せておきます。

 

[blogcard url="https://the360.life/U1301.doit?id=1344"]

 

音質にこだわる方は別の商品を検討してみるのもありだと思います!

 

ただ、噂では2018年~2019年に「AirPods2」が発表される予定もあるそうで、「AirPods2」にはノイズキャンセラー機能が付いているとのことです。

 

今後、音質面にもより強化されていくことは間違いなしです。

 

[blogcard url="https://seiya-blog.com/apple/newairpods2/"]

 

まとめ

AirPodsは非常にシンプルで使いやすい商品です!

これほどにiPhoneに柔軟に対応したワイヤレスイヤホンはないと思いますし、本当に使い勝手が良い!

 

ですが、音質にこだわりがある方は、BOSEなどのイヤホンを試してみる価値はあると思います。

iPhoneで完全ワイヤレスで利用するなら、個人的には「AirPods」しかないです!

一択です!

 

ぜひ一度「AirPods」を試してみてください!

 

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です

Twitterでフォローしよう