【知らないと危険!?】公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)を利用する際に気を付けるべき3つのポイント!




公衆無線LANは非常に便利なサービスですが、便利がゆえに危険でもあります。

 

ロボ太
知らないで利用していると、個人情報が誰かに盗まれたりしていることがあります。

 

今回は公衆無線LANを利用する上で気を付けないといけないポイントを3つに絞ってご紹介していきます。

 

公衆無線LANとは

公衆無線LAN(こうしゅうむせんラン)とは、無線LANを利用したインターネットへの接続を提供するサービスを指す。そのアクセスポイントから受信できる場所を、無線LANスポット、Wi-Fiスポット、フリースポット、ホットスポットなどと呼ぶ。

引用:Wikipedia(公衆無線LAN)

 

有名なのがセブンイレブンやスターバックスなどの店舗に設置しているWi-Fiです。

現在では様々な会社・店舗・地域が参入しており、あらゆるところで公衆無線LANの利用が可能になってきています。

 

便利だけど、公衆無線LANで注意すべき3つのポイント!

  1. セキュリティに不安要素あり!しっかりと対策を!
  2. 回線が混雑して、通信速度が遅いことがある!
  3. 利用前・契約前に利用できるデバイスを確認しておく!

上記が利用する前に必ず注意しておくべき3つのポイントです。特に重要なのは①セキュリティ問題です。順番にご紹介していきます。

 

①セキュリティに不安要素あり!しっかりと対策を!

公衆無線LANを利用する上で最も重要なのは『セキュリティ問題』です。無料で誰でも利用できるので、個人情報を公衆無線LAN経由で盗まれてしまう危険性もあります。

 

ロボ太
特に『セキュリティ保護されていない公衆無線LAN上で、個人情報などを暗号化されていない状態で取り扱いすること』は非常に危険です。

 

あとでやっておくべき対策方法をお伝えしますので、それだけは利用前に必ず行うようにしましょう!

 

②回線が混雑して、通信速度が遅いことがある!

公衆無線LANは多くの人が接続するので、回線が混雑するケースが多く通信速度が遅くなる場合があります。動画などを見ていても頻繁に停止したり、ダウンロードができなかったりと煩わしいこともあるので、多くの人が利用している公衆無線LANの通信速度には注意しましょう。

 

ロボ太
特にスターバックスやマクドナルド、コンビニなどの無料で誰でも使える公衆無線LANには注意しましょう。

 

ちなみに公衆での利用にふさわしくないサイトや動画などはアクセスできないことがあります。

 

③利用前・契約前に利用できるデバイスを確認しておく!

一部の公衆無線LANでは、利用できるデバイスが限られていることがあります。スマホやタブレットは利用できるが、PCやゲーム機は利用できないなど、公衆無線LANの種類によって様々です。

 

例えば、ソフトバンクWi-Fiスポットでは「SIMカードを契約しているスマホやタブレット」しかWi-Fiを利用することができません。

 

ロボ太
PCは利用できないのです。

 

ですので、PCを操作しようと思ってY!mobileを契約して、ソフトバンクWi-Fiスポットを利用しても使えないのです!必ず契約前には利用したいデバイスと公衆無線LANの種類を把握しておきましょう。

 

公衆無線LANを利用する際の重要な5つのセキュリティ対策

公衆無線LANを利用する際には、大事な個人情報を守るためにセキュリティ対策をしましょう。セキュリティ対策としてすることが5つあります

5つの対策
  1. 暗号化されている公衆無線LANを利用する
  2. PC利用時はネットワークをパブリック設定にする
  3. なるべくSSL対応サイトを利用する
  4. 個人情報を利用する作業は極力控える
  5. セキュリティソフトがあればより安心できる

①暗号化されている公衆無線LANを利用する

公衆無線LANを利用する際は暗号化されているものを利用しましょう。暗号化されてるかどうかは下記から簡単に分かります。

iPhoneの場合はこちら

Wi-Fi名の横に『鍵マーク』があります。これがセキュリティ保護されている状態です。

 

ちなみにPCの場合はこちら

出典:答えは現場にあり!技術屋日記

 

接続するWi-Fi名の下に『セキュリティ保護あり』と表示されていれば大丈夫です。暗号化されていない公衆無線LANを利用していると、通信が暗号化されていないので情報を盗み取られる可能性があります。

 

②PC利用時はネットワークをパブリック設定にする

PC利用時には接続ネットワークの種類を『パブリック』に設定しましょう。パブリックに設定することで、ファイアーウォールやファイル共有などのセキュリティを高めることが出来るので、ウイルス感染のリスクを下げることができます。

 

パプリックの確認方法
  1. デスクトップに表示されているWi-Fiマークを右クリック
  2. 「ネットワークと共有センター」をクリック
  3. Wi-Fi名の下にパブリックもしくはプライベートの表示を確認する
パブリックの設定方法
  1. 「設定」→「ネットワークとインターネット」をクリック
  2. 「接続プロパティの変更」でパブリックを選択する

③なるべくSSL対応サイトを利用する

GoogleやYahoo!などで検索したサイトページには、「https://~」と「https://~」の2種類のURLが存在しています。「https://~」のように「s」が付いている場合は暗号化されており、暗号化されていることをSSLと言います。「https://~」の場合はサイトページが暗号化されていないので、個人情報などを送信したりすると非常に危険です。

 

Amazonや楽天など大手企業はほぼ全てSSLに対応しているので安心ではありますが、公衆無線LANの環境下で利用するのは注意しましょう。

 

④個人情報を利用する作業は極力控える

すでに何度かお伝えしていますが、公衆無線LANのネットワーク上でクレジットカードや住所などの個人情報を使わないようにしましょう。

ロボ太
暗号化や保護ができていたとしても100%安全という訳ではありません。

 

それでは携帯電話の電波を使っている方が、通信が独立しているので安全だと個人的には思います。どちらにしても個人情報の入力には気を付けましょう!

 

⑤セキュリティソフトがあればより安心できる

公衆無線LANのようなせっかくの素晴らしいサービスは、使わないと損です。セキュリティ上の問題が怖いという理由だけで使わないのは、少し勿体無いです。少しでも安心して公衆無線LANを利用したい方には、セキュリティソフトのインストールをおすすめします。

 

僕のおすすめのセキュリティソフトは『ESET』です。

created by Rinker
キヤノンITソリューションズ
¥6,000 (2019/11/14 13:16:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

ESETはキャノンが提供するセキュリティ対策ソフトで、動作が軽く低価格なのにセキュリティレベルは他社と遜色ないことが人気です。3年5台までのESETソフトを購入すれば、iOS・Windows・androidの3種類に対応できるので家族で使ったり、1人で複数デバイスに使ったり様々な利用方法があります。

 

まとめ

いつも何気なく利用している公衆無線LANですが、便利だけど危険な一面もあることはわかってもらえましたでしょうか?

 

正しい利用方法をしていればそこまで危険ではないので、安心して利用して快適な通信ライフを送りましょう!

 

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう