iPhoneの充電を長持ちさせる11のコツ




スマホを使っている人と話していると、たまに話題になる「バッテリー問題」。

どうしてもスマホからは消える事のない課題ですよね。

個人的には1日保てばいいんですが、80%以下になると不安になるというツワモノもいました。

僕の奥さんですが。。。

それだけ、スマホが使えなくなると困ってしまうんですよね。

 

「スマホ中毒」ってコワッ!

 

でもどうせ使うなら、不便にならない程度で充電の減りを抑えたいですよね。

ということで、iPhoneの充電を少しでも長持ちさせるコツをお伝えします!

 

1.iOSソフトウェアを最新にアップデートする

 

iOSは今までで最もバッテリー効率が良いiOSになるように設計をされています。

ですのでiOSを常に最新にアップデートすることで、

アプリケーションによる無駄を省くことができ、消費電力を抑えることができます。

 

作業手順

設定 ⇒ 一般 ⇒ ソフトウェア・アップデート ⇒ 今すぐインストール

 

WiFiの接続中でないとアップデートできませんので、まずWiFiに接続しましょう。

 

アップデートの種類によっては急激に電池の減りが早くなったという方もいるので、新iOSの発表後すぐのアップデートには気を付けましょう。

 

2.iPhoneの画面の明るさを調整する

 

画面が明るいほど消費電力を食います。

現在のiOSでは画面の明るさを自動調整ができますので、自動調整をONにしましょう。

 

作業手順

設定 ⇒ 一般 ⇒ アクセシビリティ ⇒ ディスプレイ調整 ⇒ 明るさの自動調整をオン

 

3.WiFiを積極的に利用する

 

データ通信を行う際は携帯の通信よりもWiFi通信の方が、消費電力が少ないので電池が長持ちします。

WiFi環境下では常にオンにしましょう。

 

作業手順

設定 ⇒ Wi-Fi ⇒ 接続するWiFiを選び、接続する

 

Wi-Fiをオンにしたまま外出しない!

使用しない時もWi-Fiオンだった場合、常に電波を拾いにいってる状況になるので、バッテリーを消費しやすいことがあります。

使わない時はオフにしましょう!

 

4.低電力モードを有効にする

 

バッテリー残量が少ないときにiPhoneのパフォーマンスを最適化してくれます。

そうすることで、バッテリー駆動時間を長くすることができます。

 

作業手順

設定 ⇒ バッテリー ⇒ 低電力モードをオン

 

5.利用していないアプリを削除する

 

何でも片っ端から削除しても構わないですが、たまに使用するアプリもあると思います。

何度も必要な度にインストールしていたら手間ですよね。

ですので、利用していないのにバッテリー消費をしているアプリを削除しましょう。

 

作業手順

設定 ⇒ バッテリー ⇒ バッテリーの使用状況の24時間以内/7日以内

表示しているアプリ一覧から、使用していないのにバッテリーを使用しているアプリを削除しましょう!

6.バックグランウンドをオフにする

 

バックグラウンド通信とは実際にアプリを開いていなくても、自動で裏で情報を更新する機能です。

常に最新の情報を取得できることが非常に便利ですが、通信を頻繁に行う必要があるために電池消費が激しくなります。

 

非常に便利な機能ですので、全てのバックグラウンドをオフにするのは勿体ないです。

利用していないアプリや、重要度の低いアプリをオフにしましょう。

代表的なバックグラウンド通信としては、「GoogleMapsのナビ機能」や「無料音楽アプリのロック画面での再生」などがあります。

 

作業手順

設定 ⇒ 一般 ⇒ Appのバックグラウンド更新

全てのバックグラウンド通信をオフにする場合は、「Appのバックグラウンド更新」をオフにする。

アプリ毎にバックグラウンド通信をオフにする場合は、アプリ毎にオン/オフを選択しましょう。

7.位置情報サービスをオフにする

 

アプリによっては位置情報をGPSやBluetoothでデータを取得しています。

GPSは非常に電池消費を行うので、無駄なアプリの通信を抑えましょう。

 

作業手順

設定 ⇒ プライバシー ⇒ 位置情報サービス ⇒

①すべてのアプリの位置情報をオフにする場合、「位置情報サービス」をオフにする

②アプリ毎に位置情報をオフにする場合、アプリ毎に「許可しない」または「このAppの使用中のみ許可」を選択する

「常に許可」を選ぶと消費しやすいです。

最低でも「このAppの使用中のみ許可」にしておきましょう。

 

8.iTunes Store、App Storeの自動ダウンロードをオフにする

 

勝手にアプリをダウンロードや、アップデートを行わないようにします。

アプリのダウンロードやアップデートは重いですからね。

不要なものをオフにしましょう。

 

作業手順

設定 ⇒ iTunes StoreとApp Store ⇒ 自動ダウンロードを全てオフ+モバイルデータ通信もオフ

9.電波が悪い時は機内モードに変更する

 

電波が非常に悪い時(圏外〜1本ほど)は、ケータイは常に電波を受信しようと通信し続けます。

電波を遮断していいのであれば、機内モードに変更しましょう。

 

作業手順

設定 ⇒ 機内モードオン

 

電話もネットもできなくなるのであまりメリットないですが、WiFiだけは接続できます。

山奥のキャンプの時とかで、電波が常に通じない場合とかはお勧めです!

 

10.待受画面は静止画を設定する

 

待受画面が静止画ではない場合、電池を消費しやすくなります。

LIVE壁紙やダイナミック壁紙は設定しないようにしましょう!

 

作業手順

設定 ⇒ 壁紙 ⇒ 壁紙を選択

 

11.Bluetoothをオフに変更する

 

Bluetoothがオンになっている場合、常に機器を探しています。

あまりバッテリーを使わないようになっていますが、少しでも消費を抑えたい場合はオフにしましょう。

普段Bluetoothの機器を使わない人は常にオフにしておくことをオススメします!

 

作業手順

設定 ⇒ Bluetooth ⇒ オフに変更

まとめ

すでに実践していることもあるかと思いますが、ぜひ一度試してみてください。

どうせ使うなら、ストレスなく使いましょう!

 

もし、これでも電池の減りが早いようであればバッテリー交換が必要になるかもしれません。

 

Apple公式のバッテリー交換を参照してください。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

 

 

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です

Twitterでフォローしよう