【超ヘビーユーザ向け】格安SIMでデータ容量50GBの音声付SIMを契約できるのは3社!




今回はデータ容量50GBの超ヘビーユーザー向け格安SIMをご紹介していきます。

音声付データSIMで50GBの容量があるものは3社しかなく、金額にも大きな差があります。

しっかり比較することで、お得に契約できるので必ずチェックしておきましょう!

 

音声付データ50GBプランがある格安SIM

音声付データ50GBプランを提供しているのは3社だけです。

3社ともdocomo回線で利用が可能なので、十分なエリアに対応できます。

H.I.SモバイルはSoftBank回線には対応していませんので、注意してください。

 

ロボ太
これからそれぞれの格安SIMプランを詳しくご紹介していきたいと思います。

①H.I.Sモバイル

プラン名50GBプラン(D) / カケホ50GBプラン(D)
対応キャリアdocomo回線
月額料金8,000円 / 8,600円
月間データ通信50GB
通話料金【50GBプラン(D)】

30秒につき20円(アプリ経由10円)

【カケホ50GBプラン(D)】

アプリ経由で1通話5分まで無料(時間帯制限・回数制限なし)

最低利用期間5ヶ月間
違約金8,000円
支払方法クレジット支払い

 

知名度は低いですが、かなりの低価格で提供しているのが魅力的なH.I.Sモバイルです。

国内で利用するSIM以外にも海外利用用のSIMカードもあるので、最近注目され始めている格安SIM会社です。

 

[box class="green_box" title="H.I.Sモバイルを選ぶ時のポイントは3つです"]①50GBプランでは業界最低料金!

②通話オプションを選べる!

③最低利用期間が短い![/box]

①50GBプランでは業界最低料金!

H.I.Sモバイルは50GBプランでは業界最安値です。

格安SIMを選ぶ上ではこれ以上の要素はありません。

 

ロボ太
とにかく50GBプランで最も安いプランがいいということであれば、迷わずH.I.Sモバイルを選びましょう。

②通話オプションを選べる!

H.I.Sモバイルでは通話オプションとしてカケホーダイを選択することができます。

また、カケホーダイプランに加入しなくても、H.I.S電話アプリを経由するだけで30秒20円の通話料が10円で利用できます。

 

通話頻度が多いか少ないかで、カケホーダイを利用するか変わってきますので、自分の利用方法をよく考えて決めましょう!

③最低利用期間が短い!

H.I.Sモバイルの最低利用期間は5ヶ月で、もし期間内にMNPや解約をした場合は8,000円の違約金が発生します。

 

格安SIMの音声付データプランで最低利用期間5ヶ月というのは短い期間なので、初めて格安SIMを使う人や短期間の契約を希望する人には敷居が低いです。

 

ちなみに大手キャリアは24ヶ月~36ヶ月、通常の格安SIMは6ヶ月~12ヶ月程度で設定していることが多いです。

 

公式サイトはこちら

 

②エキサイトモバイル

プラン名定額50GBプラン
対応キャリアdocomo回線
月額料金10,880円
月間データ通信50GB
通話料金30秒につき20円
最低利用期間12ヶ月間
違約金9,500円
支払方法クレジット支払い

 

エキサイトモバイルはデータ小容量プランと大容量プランに力を入れている格安SIMとなります。

基本料金に必要なオプションを追加していくスタイルなので、月額料金は分かりやすいと思います。

 

[box class="green_box" title="エキサイトモバイルを選ぶ時のポイントは3つです"]①50GBを数台で分け合いできる!

②無料通話やカケホーダイは選べない…

③50GBプランの中では一番料金が高い…[/box]

①50GBを数台で分け合いできる!

エキサイトモバイルの最も大きな魅力はSIMカードを追加して、契約データ量を分け合うことができるところです。

 

ロボ太
50GBプランの契約で最大5枚までSIMカードを手に入れることができます。

 

データ50GBを複数のSIMカードで分け合うことができるので、家族や友人とシェアしたり、サブ機でSIMカード利用したりと幅広い利用が可能になります。

 

SIMカードを3枚追加した場合は月額11,380円かかってきますので、少し割高になりますがシェアをすることを考えるとそこまで高くないかもしれないですね!

②無料通話やカケホーダイは選べない…

エキサイトモバイルは残念ながらオプションは豊富ではないので、無料通話やカケホーダイのオプションは存在しません。

 

ロボ太
よく通話をする方は基本料金プラス通話料が丸々かかってくるので、注意が必要です。

ちなみに転送設定は月額無料で利用できますが、留守電や割込通話は有料です。

③50GBプランの中では一番料金が高い…

残念ながら格安SIMで最も大事な要因である料金は、50GBプランでは最も高い料金になりました。

 

最も安いH.I.Sモバイルと比較すると、毎月2,880円も高いことになります。

わざわざ契約するメリットは薄いかもしれないですね。

 

ただ、SIMカード3枚でシェアして利用したいという方には1枚あたり3,793円で利用できるのでお得に使えます。

 

 

公式サイトはこちら

 

③イオンモバイル

プラン名音声50GBプラン(docomo)
対応キャリアdocomo回線
月額料金10,800円
月間データ通信50GB
通話料金30秒につき20円
最低利用期間なし

※純解約の場合のみ。MNP解約は最低利用期間あり。

違約金0円

※純解約の場合のみ。MNP解約は違約金あり。(MNP転出費用として発生)

支払方法クレジット支払い

 

圧倒的知名度と人気があるイオンが提供する格安SIMがイオンモバイルです。

 

データ容量11種類の料金プランに豊富なオプションやサービスも充実しているので、悩んだらイオンモバイルを契約してもいいと思えるほどです。

 

[box class="green_box" title="イオンモバイルを選ぶ時のポイントは3つです"]①全国のイオン店舗で契約できる!

②最低利用期間・違約金は緩め!でも注意が必要!

③オプションやサービスが豊富![/box]

①全国のイオン店舗で契約できる!

イオンモバイルの一番の特長は、全国展開している200以上のイオン店舗で直接契約することも可能ということです。

 

初めて格安SIMを使う人やスマホや契約に詳しくない方は、店舗でプロが対応してくれるので分かりやすくて安心です。

 

ロボ太
もちろん訪問が面倒な人はWebからでも契約は可能なので、安心してください。

②最低利用期間・違約金は緩め!でも注意が必要!

イオンモバイルでは最低利用期間や違約金は設けていません。

契約して2週間程でやっぱり解約するとなっても違約金は0円です。

 

短期間で利用する方や、一度試してみたい方には大きなメリットですよね。

 注意
ただし、注意点が1つあります。純解約の場合は最低利用期間や違約金は0円ですが、他社へのMNP(転出)での解約には最低利用期間と違約金が発生します。

 

MNP時の最低利用期間と違約金(MNP転出手数料)

最低利用期間違約金(MNP転出手数料)
契約日から90日以内15,000円
契約日から91日以降3,000円

 

つまり90日以内に他社へ移行した場合は、違約金としてMNP転出手数料15,000円という高額な請求が発生するということです。

 

ロボ太
91日以降であればいつMNPしても3,000円は発生しますので、どうしてもMNPしたい場合でも90日間は耐えて利用するようにしましょう。

③オプションやサービスが豊富!

料金プランが11種類あるだけでなく、オプションやサービスも充実しています。

 

通話料が半額になるオプションや通話カケホーダイのオプション、端末保証オプション、データ残容量の繰り越し、高速データ通信のオン/オフ機能などなど、かなり充実しています。

 

料金だけでなく充実したサービスを求めている方にはオススメできる格安SIMです。

 

公式サイトはこちら

まとめ

大容量50GBプランの格安SIM3社はいかがでしたでしょうか?

料金面がとにかく安いH.I.Sモバイルがオススメです。

他社よりも毎月2,000円以上も安いというのは大きすぎます。

 

公式サイトはこちら

 

また、サービスやオプションの充実さを求める方はイオンモバイルもオススメです。

全国200以上のイオン店舗で対応してもらえるので、何かあった時や分からないことがあった時は安心です!

 

公式サイトはこちら

 

どちらを重視するかで変わってきますので、ぜひとも参考にしてくださいね!

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう