【docomo・au・SoftBank】大手3キャリアでiPhone8を最もお得に契約できるのはどこ?




 

iPhone8を契約できる会社はまだまだ少ないので、docomoやauなどから契約するしかないという方も多いんではないでしょうか。

 

でも、どこが一番安いのかよく分からないという方も多いでしょう。今回はdocomo・au・SoftBankで一番iPhone8を安く購入できるところを紹介します。

 

最もお得に購入できるのはauで契約するiPhone8!

結論からお伝えします。

ロボ太
最もお得に利用できるのは『au』です!

 

月額料金(~12ヶ月)月額料金(13~24ヶ月)2年間合計
docomo7,400円7,400円177,600円
au6,653円7,653円171,672円
SoftBank9,631円10,631円243,144円

 

auが一番安いですが、docomoもそこまで変わらないです。ただSoftBankだけはかなり金額が違うので、注意が必要です。

 

3キャリアでiPhone8を契約する時のメリット・デメリット

キャリアによって料金だけではなく、メリット・デメリットが違います。契約してから思っていたのと違う!とならないように、よく確認しておきましょう。

 

docomoでiPhone8を契約した時のメリット・デメリット

プラン名月額料金
端末代400円
カケホーダイライトプラン1,700円
ベーシックパック(~5GB)5,000円
インターネット接続サービス300円
合計(~12ヶ月)7,400円
合計(13~24ヶ月)7,400円

 

ロボ太
docomoでiPhone8を契約した場合は、2年間ずっと料金は変動しないので分かりやすいです。

 

2年経過後は端末代の支払いが終了しますので、月額7,000円で利用することが可能です。

 

メリット

メリット
  1. ドコモ光を使っていれば、さらに安く利用できる
  2. 現在利用している機種を下取りに出して、さらに安く利用できる
  3. 端末代が大幅に割引される

 

条件さえ揃えばさらに料金が1,000円以上安くなります。現在の自宅のネット契約や、利用中の機種の下取り金額を調べてみましょう。

 

デメリット

デメリット
  1. 一定期間中に解約をすると高額な違約金が発生する
  2. 使用したデータ量に応じて料金が変動してしまう

 

docomoでは端末代を大幅に割引する一括購入サポートを適用することができます。一括購入サポートを利用すると82,200円のiPhone8の端末代が、72,600円割引されて9,600円になります。

 

ロボ太
ただし、大幅な割引の条件として13ヶ月間はユーザーに利用してもらう為に、途中解約した場合は割引額の全額もしくは一部の金額を違約金として請求されてしまいます。

 

なので13ヶ月以内に解約した場合は、最大72,600円の違約金が発生する可能性があるということです。もちろん、この料金以外にも通常の2年契約の違約金と割賦残金も発生してしまいます。

 

また、データ量に応じて変動する料金プランしかありませんので、使いすぎた時にはいつもより高い料金が請求されてしまうことがあるので要注意です。

 

auでiPhone8を契約した時のメリット・デメリット

プラン名月額料金
端末代1,653円
auピタットプラン スーパーカケホ(~5GB)6,000円
スマホ応援割-1,000円
合計(~12ヶ月)6,653円
合計(13~24ヶ月)7,653円

 

ロボ太
一番料金が安かったのがauのiPhone8です。

 

ピタットプランはカケホプラン+ネット利用料+データ定額がすべてセットになっているので、分かりやすくなっているのが有難いです。

 

メリット

メリット
  1. au光を使っていれば、さらに安く利用できる
  2. 現在利用している機種を下取りに出して、さらに安く利用できる
  3. ケータイからスマホへ変更した方は割引を受けれる
  4. 端末代が大幅に割引される

 

こちらもdocomoと同じように自宅のネットや下取り機種があれば、今の提示している金額よりも安く利用することができます。家にネット固定回線を引いていない方でも、auでWi-Fiルーターを契約していれば同じように割引を受けることができるのもauの特長です。

 

また、現在ケータイを使っている方がauでスマホに変更された場合、1年間だけ毎月1,000円の割引を受けることができます。

 

ロボ太
全て割引を受けることができれば約2,000円近く安くなるので、とても大きいですね!

 

デメリット

完全にdocomoと同じデメリットです。

デメリット
  1. 一定期間中に解約をすると高額な違約金が発生する
  2. 使用したデータ量に応じて料金が変動してしまう

 

docomoよりも高額ではないですが、13ヶ月以内に解約した場合は最大35,000円の違約金が発生します。auの場合は1ヶ月経過毎に違約金が少しずつ下がっていき、13ヶ月目で0円になります。

 

また、auもdocomoと一緒で5GB程度のデータを利用する場合は、料金変動型のプランしか存在しません。データ量を上手くコントロールできる方は心配ないですが、利用する際は注意しましょう。

 

SoftBankでiPhone8を契約した時のメリット・デメリット

プラン名月額料金
端末代3,334円
通話プラン(準定額)1,700円
データ定額ミニモンスター(~5GB)6,980円
ウェブ使用料300円
1年おトク割-1,000円
合計(~12ヶ月)9,631円
合計(13~24ヶ月)10,631円

 

ロボ太
残念ながらSoftBankは一番料金が高いです。

 

結構料金が高いので契約する時は注意してください。

 

メリット

SoftBankもdocomoとauと同じく、自宅でネット回線を利用している場合はスマホ代から割引を受けることができます。

メリット
  1. ソフトバンク光を使っていれば、さらに安く利用できる
  2. ケータイからスマホへ変更した方は割引を受けれる

 

またauと違ってガラケーからスマホへ変更した場合は、1,980円という大きな割引を受けることができます。それでもまだ高いですが…

 

デメリット

SoftBankの一番大きなデメリットは月月割などの端末割引サポートがないということです。

デメリット
  1. 月月割などの端末割引サポートがない
  2. 使用したデータ量に応じて料金が変動してしまう

 

通常の契約であればスマホとセットで端末を購入した際に割引を受けることが可能ですが、SoftBankのミニモンスターは月月割の対象外となります。なので、端末代をただ分割で購入するという状況になり、割高な料金になっています。

 

あとはdocomoやauと同じで、データ量に応じて料金が変動してしまいます。使いすぎた場合は請求が増えるので注意です。

 

まとめ

大手3キャリアで最もお得にiPhone8を契約できるのはauでした!もっと安く使いたいという方は、格安SIMで契約することをオススメします。

 

格安SIMでiPhone8を契約できる会社は限られており、個人的におすすめできるのはmineoです。

 

\ mineo公式サイトはこちら /

 

au回線だけでなくdocomo回線・SoftBank回線のマルチキャリアに対応しているので、幅広く対応ができる上に料金が安いのが特長です。

iPhone8を少しでもお得に使いましょう!

 

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう