【3分で解決!】Office2013とOffice2016のプロダクトキーをPCで確認する方法

 

今回はOffice2013・Office2016のプロダクトキーをPCで確認する方法をお伝えします。残念ながらPCにインストールされているOfficeからは下5桁のプロダクトキーしか分かりません。

 

この記事はこんな方におすすめです
  • 複数のOfficeを利用していて管理できていない方
  • Officeでどのプロダクトキーを使っているか分からない方

 

プロダクトキーを忘れてしまった・紛失してしまった場合の対処法を知りたい方は、こちらの記事でお伝えしております。

 

 

よければ参考にしてくださいね。

 

プロダクトキーを確認する前に「事前確認」すること

プロダクトキーを確認していく前に、2つのことを確認していく必要があります。

 

確認事項
  1. PCのbit数を確認する
  2. Officeの種類を確認する

 

この2つが分からないと正しくプロダクトキーが分からない場合があります。簡単ですので、必ず確認していきましょう。

 

①PCのbit数を確認する

ロボ太
PCのbit数を確認する方法をお伝えしていきます。

 

Windows7・Windows8・Windows10すべて共通です。

 

確認方法
  1. 「コントロールパネル」をクリック
  2. 「システム」をクリック
  3. 「システムの種類」の項目をチェック

 

Windows10のビット数の確認方法

 

32ビットもしくは64ビットになりますので、覚えておいてください。

 

②Officeの種類を確認する

次にOfficeの種類を確認する方法をお伝えします。Officeの種類とはOffice2013やOffice2016のことです。すでに分かっている方は確認不要です。

 

確認方法
  1. Excelを開く
  2. 「ファイル」を開く
  3. 「アカウント」をクリック
  4. 「製品情報」を確認すれば完了です

 

Office2016の商品名の確認方法1

 

Excelなどを開く際に表示されていることもあるので、ここまでする必要もないのですが…(笑)念の為お伝えしておきました。

 

Office2016の商品名の確認方法2

 

 

Officeのプロダクトキーを確認する方法

さて、やっと本題です。プロダクトキーを確認する上で、Office2013と2016、32ビットと64ビットで操作が変わってきます。自分のPCに当てはまるものを選んでください。

 

Office2013のプロダクトキーを確認する方法

32ビットの場合
  1. 「コマンドプロンプト」を開く
  2. コマンドプロンプトに下記を入力し、Enterを押す
    コードcscript "%programfiles%Microsoft OfficeOffice15ospp.vbs" /dstatus
  3. 「Last 5 characters of installed product key」の下5桁を確認する
64ビットの場合
  1. 「コマンドプロンプト」を開く
  2. コマンドプロンプトに下記を入力し、Enterを押す
    コードcscript "%programfiles(x86)%Microsoft OfficeOffice15ospp.vbs" /dstatus
  3. 「Last 5 characters of installed product key」の下5桁を確認する

 

少し分かりにくい場合は次のOffice2016で画像付きで解説しますので、参考にしてください。

 

Office2016のプロダクトキーを確認する方法

32ビットの場合
  1. 「コマンドプロンプト」を開く
  2. コマンドプロンプトに下記を入力し、Enterを押す
    コードcscript "%programfiles%Microsoft OfficeOffice16ospp.vbs" /dstatus
  3. 「Last 5 characters of installed product key」の下5桁を確認する
64ビットの場合
  1. 「コマンドプロンプト」を開く
  2. コマンドプロンプトに下記を入力し、Enterを押す
    コードcscript "%programfiles(x86)%Microsoft OfficeOffice16ospp.vbs" /dstatus
  3. 「Last 5 characters of installed product key」の下5桁を確認する

 

参考までにOffice2016の64ビットの場合を画像付きで解説します。

 

  • STEP1
    「コマンドプロンプト」を開く
    検索欄で「cmd」と入力していただくとすぐに起動できます。

    コマンドプロンプトを起動する

  • STEP2
    コマンドプロンプトに下記を入力し、Enterを押す
    cscript "%programfiles(x86)%Microsoft OfficeOffice16ospp.vbs" /dstatus

    Officeのプロダクトキーをコマンドプロンプトに入力する

  • STEP3
    「Last 5 characters of installed product key」の下5桁を確認する

    プロダクトキーの下5桁を確認する

 

ロボ太
上の項目にもプロダクトキーが表示されますが、「LICENSED」と表示されたプロダクトキーを参照してください。

 

まとめ

これでOffice2013とOffice2016でどのプロダクトキーは簡単に確認することができますね。

複数のOfficeを管理している方には非常に助かるので、ぜひ試してみてください。

 

またOffice365であれば「アカウント」と「パスワード」があれば簡単に使うことができます。面倒なプロダクトキーも管理する必要もありません。

 

しかも1ライセンスで複数台の使用が可能で、オンラインストレージ「OneDrive」も1TBもの大容量を使うことができます。利用するのに継続的な費用は発生しますが、管理面と使いやすさを考えると超おすすめなサービスです。

 

ぜひ気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

created by Rinker
マイクロソフト
¥11,581 (2020/09/25 21:53:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

人気【超効率アップ!?】仕事で役立つおすすめガジェット10選!

人気【2020年版】本当に買ってよかったもの6選!ガジェットをメインでご紹介!

 

\気に入ったらSNSでシェアしよう/

この記事のURLをコピーする

\ 今すぐチェック!! /

この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう