今回はiPhoneに保存している写真や動画を、PCに保存する方法をお伝えします。

 

ロボ太
iPhoneの写真や動画をPCに送る方法はいくつもありますが、インターネット通信を利用せずに送る方法があります。

 

非常に簡単に操作することができるので、参考にしてみてくださいね。

 

iPhoneの写真や動画をPCに保存する2つの方法

今回ご紹介する写真や動画をPCに簡単に保存する方法は2つあります。

  1. iPhoneケーブル経由で保存する
  2. フラッシュドライブ経由で保存する

 

ロボ太
②フラッシュドライブ経由の場合は機器を購入する必要がありますが、①の方法では無料で実行することができます。

 

自分に合った方法で試してみてください。

 

【方法①】iPhoneケーブル経由で保存する

ロボ太
最も簡単でオススメの方法が、iPhoneケーブル経由でPCに保存する方法です。

 

写真と動画だけであればiTunesを使うことなく、PCに簡単に保存できます。

 

今回はWindows10のPCと、iPhoneSEで説明していきます。まず、PCとiPhoneを有線ケーブルで繋ぎます。

注意
接続するケーブルはiPhone純正ケーブルか、データ転送も可能なApple認証ケーブル(MFi認証)を利用しましょう。

 

MFi認証対応のおすすめケーブルはこちら

created by Rinker
Anker
¥1,199 (2019/08/25 00:36:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

ロボ太
次にPC画面を操作していきます。

 

画面左下のWindowsマークを右クリックし、『エクスプローラー』をクリックします。

 

エクスプローラーを開くと繋いだiPhoneを認識しているので、名前が表示されているはずなのでiPhone名をダブルクリックしてください。

 

補足
PCと接続しているのにiPhone名が表示されない場合は、iPhoneの画面ロックが原因の可能性があるので、iPhoneのロックを解除してみてください。

 

ロボ太
表示されているフォルダをどんどん進んでいくと、iPhoneに保存している写真や動画が見つかります。

 

 

写真や動画が表示された後はPCに保存したいデータを右クリックで『コピー』して、PC内のどこかに保存すれば完了です。

 

非常に簡単ですよね。

 

ロボ太
大体1~2分もあればPCに保存できます。

 

【方法②】フラッシュドライブ経由で保存する

ロボ太
2つ目のPCに簡単に保存する方法は、フラッシュドライブを利用する方法です。

 

フラッシュドライブとは簡単にいうと、USBメモリーの一種で電力供給が不要な記憶媒体のことです。

 

今回は写真のようにiPhoneに接続できる『Lightningコネクタ』とPCにも接続できる『USBコネクタ』を搭載しているフラッシュドライブを利用します。

 

ロボ太
このようなフラッシュドライブは色んなメーカーが販売しているので、操作方法は一般的な方法をお伝えします。

 

まずはiPhoneに専用のアプリをダウンロードし、フラッシュドライブをiPhoneに挿入します。

次にアプリを開いて、フラッシュドライブに保存したいデータを選択して送信(エクスポートやバックアップ)します。

 

フラッシュドライブに保存できたあとは、PCにフラッシュドライブを接続すればUSBメモリとして認識されるので、写真や動画をPC内にコピーすれば保存完了です。

 

ロボ太
一度フラッシュドライブに保存する必要があるので、一手間ありますが簡単にデータをPCに保存することができます。

 

フラッシュドライブのメリットは簡単にデータをPCに保存できるだけでなく、データを持ち運びできるという点とiPhoneのデータを圧迫しないという点が非常に優秀です。特にフラッシュドライブを上手く活用できればiPhoneの容量を下げることができるので、1万円以上も端末代を安く抑えることも難しくありません。

 

ロボ太
家族や友人間でデータを共有できるのも魅力的ですね!

 

簡単に保存したいだけでなく、データのバックアップとして利用も考えている方はぜひ一度使ってみてほしい商品です。ちなみに僕はこちらの商品を使っています。

created by Rinker
SoftBank SELECTION
¥3,293 (2019/08/25 02:40:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

アプリのインターフェースが簡単で、コネクタ部分が可動するので装着しやすくなっているのでオススメです。

 

ネット通信経由でも保存はできるけど…

ロボ太
ちなみにLINEやGoogleドライブなどでも写真や動画は保存できますが、あまりオススメはできないです。

 

オススメできない理由は大きく4つあります

 

ネット通信経由で保存しない方がいい理由
  1. データ通信量を消費するので、通信制限にかかりやすくなる
  2. 転送速度が遅く、送信に時間がかかる場合がある
  3. 動画などの大きいデータは送信できない場合がある
  4. データを圧縮して送信することがあるので、画質が悪くなることがある

 

色々な理由がありますが、大量のデータをやりとりする場合には特に気を付けた方がいいでしょう。

 

まとめ

基本的にはケーブルを直接繋いで転送する方法が、お金もかからず簡単なのでオススメです。

 

ロボ太
フラッシュドライブはお金がかかりますがバックアップとしても利用できるので、今後の運用としてかなり便利です。

 

ぜひこの機会に一度使ってみてくださいね!

 






おすすめの記事