iPhoneのバッテリー寿命を長くする4つの方法




どんな優れている機器でも必ず使えなくなるタイミングはきます。ですが利用者によって使える期間は変わってくるのです。そうです。iPhoneでも同じです。利用者が少し工夫するだけでバッテリー寿命は長くなります。

 

ということで、iPhoneのバッテリーの寿命を長くする方法をお伝えしていきます。

 

iPhoneのバッテリーについて

まずiPhoneのバッテリーについてです。iPhoneのバッテリーには「リチウムイオンバッテリー」を採用しています。「リチウムイオンバッテリー」は早くて軽く、長持ちするバッテリーとして有名です。

 

充電時には2段階の充電方式が取られており、早い充電とバッテリーに優しい充電を行っています。これを、「高速充電」と「トリクル充電」といいます。

複合的な充電プロセスが、デバイスをより短時間で外に持ち出せるようにするだけでなく、バッテリーの耐用年数も延ばします。

引用先:バッテリー なぜリチウムイオンバッテリーなのか Apple(日本)

 

また、リチウムイオンバッテリーの特徴はこれだけではありません。充電効率が良く、通常のバッテリーよりも長持ちしやすいつくりになってます。iPhoneのバッテリーはフル充電サイクルを500回繰り返しても、容量の最大80%を維持するようにできています。

 

マシーンくん
500回?!めっちゃ少なくない?

たしかに少ないような気がします。ただ、リチウムイオンバッテリーのフル充電サイクルということが大きなポイントです。充電回数が500回ではなく、フル充電サイクルが500回です。

 

引用先:バッテリー なぜリチウムイオンバッテリーなのか Apple(日本)

 

上記の写真のように、バッテリー容量を100%使い切ったら1回とカウントします。ですので、1日に80%の充電を繰り返した場合は約1年6ヶ月程度は保つということです。

 

マシーンくん
でも最低でも2年くらい使えないと困るんだけど?

そうですよね。ただ、バッテリーは必ず経年劣化してきます。少しでも長持ちする為に普段から少し工夫が必要です。ただしあくまでも、最大80%のバッテリー容量を保つということですので、使えない訳ではありません。

 

iPhoneのバッテリーの寿命を調べる方法

現状のiPhoneの最大バッテリー容量の確認を行いましょう。今の自分のiPhoneはどの程度バッテリーが劣化しているのかを確認します。購入して2年以上経過してるとバッテリーが劣化している可能性があります。そもそもバッテリーが劣化しすぎていると、どうしようもない可能性がありますので、現状確認は大事です。

 

バッテリー容量の確認の前に準備すること
  • iOS11.3以降の環境

 

「最大容量」とは

「最大容量」とは、購入時(新品時)と比べてどの程度のバッテリー容量かどうかを表しています。

最大バッテリー容量の確認方法
設定 ⇒ バッテリー ⇒ バッテリーの状態(ベータ) ⇒ 最大容量

「91%」の場合、新品時と比べて9%程度劣化しているということですね。交換の目安は、「80%未満」です。

 

通常のバッテリーは、通常の条件下で使用された場合、フル充電サイクルを 500 回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大 80% を維持するよう設計されています。

引用先:Apple Inc. iPhone のバッテリーとパフォーマンス

 

Appleが正式に公表している文章で、通常の場合は80%を維持するということを公表しています。80%未満になると使えない訳ではありませんが、半日もするとバッテリーがない可能性も考えられます。十分なパフォーマンスを発揮するには、「80%未満」になるとバッテリーの交換をする必要がありそうです。

 

ピークパフォーマンスとは

併せてここも確認してください。

ピークパフォーマンスの確認方法
設定 ⇒ バッテリー ⇒ バッテリーの状態(ベータ) ⇒ ピークパフォーマンス性能

 

「ピークパフォーマンス性能」とは、最大瞬時給電時にどの程度のパフォーマンスができるかどうかを表します。「お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています」という表記が標準です。これ以外の表示をしている場合、バッテリーの劣化の可能性があります。

 

ピークパフォーマンスに異常がある場合は、バッテリーの交換または新しいiPhoneの購入をおすすめします。

 

バッテリー寿命をのばす4つの方法

ではここから簡単に対応できる方法をお伝えしていきます。

 

1.充電を使い切らない

昔はよく使い切ってから充電をした方がいいと言われていましたが、リチウムイオンバッテリーは違います。むしろ、充電を使い切らないのがポイントです。

マシーンくん
なぜ使い切らない方がいいの?

放電深度(DOD)という放電量が非常に重要になっています。

放電深度とは、二次電池の放電容量に対する放電量のことです。DoD(Depth of Discharge)とも呼ばれています。

引用先:リチウムイオン電池の効率的な使い方

 

簡単にいうと、100%あった充電が0%になることを放電深度(DOD)100%と表現します。どんだけ消費(放電)したかどうかが大事ということですね。この放電深度(DOD)が深い状態で何度も充電されると、バッテリーに負荷がかかります。

 

つまり、毎日100%から0%まで使用している人はバッテリーの劣化が早いです。反対に50%程度の使用をしている場合は、バッテリーの劣化は抑えられています。

マシーンくん
iPhoneで50%なんてすぐ無くなってしまうから、無理じゃない?

 

たしかに普通に使っていたらそうです。ですので、頻繁に充電するということがポイントになります。頻繁に充電することで、放電深度(DOD)は浅くすることができるのです。

 

2.充電は50%以下の時に行う。

放電深度(DOD)は、充電状態が高い時と低い時でも劣化のしやすさが変動します。つまり、80%の時に充電するのと、20%の時に充電するのでは劣化のしやすさが大きく変わってくるということです。

 

引用先:iPhoneのバッテリー寿命を長持ちさせる4つのポイント

 

図のように充電状態が高い時に、充電を繰り返すほどに劣化しやすくなります。少しでも長持ちさせる為には、50%以下の充電状態で充電を行うことが必要です。

 

3.充電しながらの使用は控える

なぜ充電しながらだと、ダメなのか?理由は2つです。

  1. 放電深度(DOD)は浅くても、常に満充電の状態の為、劣化しやすくなるため。
  2. 充電が続いている場合、バッテリーが熱を持ちやすいので、劣化しやすくなるため。

 

特に2は皆さん、経験したことはないでしょうか?家やカフェ、新幹線など長時間iPhoneを触る状況の時、充電が減るのは嫌ですよね。そんな時に充電をしながら、ネットやゲームをしているとiPhoneが凄く熱くなったことはありませんか?

 

iPhoneにとって熱は天敵です。

 

高温な状態が続くとバッテリーの損傷に繋がります。また、ただ充電してるだけでも熱を持ちやすいことがあります。iPhoneのケースやカバーが熱を閉じ込めてしまう場合があります。ですので、充電中にiPhoneが熱くなったら、ケースやカバーを外しましょう。

 

ちなみにAppleはケースを外すことを公式に推奨しています。

特定の種類のケースに入れたままデバイスを充電すると、過度の熱が発生し、バッテリー容量に影響を及ぼす可能性があります。

充電中にデバイスが熱くなったら、まずケースから取り出しましょう。

引用先:Apple Inc. バッテリー 全般なパフォーマンスに関するヒント

 

ちなみに熱を保ちにくいケースやカバーは外す必要はないです。

 

4.極端な周囲温度を避ける。

Apple製デバイスは、広い周囲温度範囲で正しく動作するように設計されており、最適な範囲は16°C~22°Cです。

バッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるため、35°Cを超える周囲温度にデバイスをさらさないことが特に重要です。

引用先:バッテリー パフォーマンスを最大化する Apple(日本)

 

Appleが公式に周囲温度については注意するように発表しています。あまり気にして使う必要はないと思いますが、長時間iPhoneを利用する場合は周囲の温度にも気をつけましょう。

 

まとめ

今回お伝えしたことを簡単にまとめてみました。

 

iPhoneを長持ちさせるためには…
  • 充電を使い切らない
  • 低い充電状態で充電をする
  • 充電しながら使用をしない
  • 熱に気をつける

つまり、80%〜20%のバッテリー容量を保てるようにこまめに充電を行う!

 

iPhoneを常に50%までしか充電しないというのは難しいです。普通に使っていたらすぐに無くなりますからね。そもそも、そんな使い方だとiPhoneを最大パフォーマンスで使えません。

 

なので、充電は80%までにしましょう。そして、20%になったら充電をしましょう。80%まではiPhoneの高速充電で時短で充電できます。

 

また、20〜80%の充電であれば放電深度(DOD)は60%です。放電深度(DOD)100%の場合に対して、約40%もカットできますので、バッテリーの損傷を抑えることができます。今回お伝えした内容をできる範囲で実践して、iPhoneを少しでも長く使いましょう!

 

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です

Twitterでフォローしよう