【初心者向け】Shortcodes Ultimateの設定方法と使い方!サイトのカスタマイズにおすすめ!




 

WordPressをインストールしたなら絶対に入れておきたいプラグインが「Shortcodes Ultimate」です。今回はShortcodes Ultimateをインストールしてからの設定と使い方をご紹介していきたいと思います。

 

ロボ太
Shortcodes Ultimateはサイト内のレイアウトや記事の見た目を簡単にカスタマイズできるので、私もとてもお世話になっています。

 

Shortcodes Ultimateはカスタマイズが最強すぎる!

 

Shortcodes Ultimateはサイトのカスタマイズに特化しているプラグインで、初心者の方でも簡単に自分好みにサイトを編集できるのが一番の特長です。Shortcodes Ultimateは名前の通り「ショートコード」という機能をフルに使って、サイト内をカスタマイズしてくれます。

 

マシーンくん
ショートコードって何?

ロボ太
ショートコードはあらかじめ登録されているプログラムコードを短い文字列で呼び出してくれる機能のことだよ![●●●]というような短いコードを入力するだけで、文字にマーカーを引けたり、ボタンを装飾できたりするんだよ!

 

毎回長いコードを入力する必要もないので作業効率がかなり良いです!しかも無料で50以上のショートコードを使うことができます。

 

マシーンくん
使わないと勿体無いね!

Shortcodes Ultimateで出来ることは50以上!

 

前述した通り、Shortcodes Ultimateで使うことが出来るショートコードは50以上あります。

 

★特に初心者の方にオススメできる機能は10個
  1. ハイライト
  2. ラベル
  3. ボタン
  4. ボックス
  5. Youtube
  6. テーブル
  7. カラム
  8. カルーセル
  9. スライダー
  10. 引用

 

WordPressの標準エディターやテーマのカスタマイズ機能で十分対応できることもあります。

 

ロボ太
むしろ有料のテーマであればそっちの方がオシャレで楽かも!

 

サルワカさんの『SANGO』、ひつじさん『JIN』は有料のWordPressテーマで人気です!かなりカスタマイズの種類が豊富でおすすめです。

 

①ハイライト(マーカー)

 

ロボ太
記事内の文章を目立たせたい時に便利なのがハイライト(マーカー)です。

 

 

文章のアクセントになり、伝えたい箇所を目立たせることができるので、かなり見やすくなります。

 

マシーンくん
記事を書く上でコレは必須だよね

②ラベル

ワンポイント目立たせたい時にオススメなのがラベルです。「POINT!」「要CHECK!」などのラベルを使って、ユーザーに重要なポイントを伝えやすくしましょう!

 

ロボ太
色々な応用ができるので、かなり便利!

 

③ボタン

ボタンはアフィリエイトには不可欠な機能です。特に自分の記事から、外部の公式ホームページや広告ページにリンクを飛ばすのによく使います。

 

ロボ太
ボタンがあるだけでユーザーにクリックを誘導しやすい導線が出来るよ!

 

④ボックス

ボックスは最も使う機能といっても過言ではありません。重要な文章をボックスで囲むことで記事全体が見やすくなります。見やすい記事を作ることは、サイトの滞在時間UP・離脱率DOWN・直帰率DOWNに繋がります。つまりGoogleの評価が上がって、サイトや記事が検索上位に上がりやすくなるということです。サイトを見やすくするのにボックスは必須なので、使ってみてくださいね!

 

ロボ太
1つの記事に最低でも1回は使ってしまってる気がする…

⑤Youtube

YouTubeの動画を記事内に差し込めるショートコードです。文字だけでは伝わりにくい場合や、参考にしてほしい動画がある場合に使いやすいです。

 

ロボ太
筋トレの方法とか、スポーツの練習方とかはコレがあると一層分かりやすくなるよ!

 

⑥テーブル

表を記事内で見せたい場合に使う機能です。商品スペックの紹介や何かと比較をするときによく使います。PowerPointなどで作った表を画像として差し込んでもいいんですが、画像はページの表示速度に影響を与えることがあります。デザインに大きなこだわりがない場合は、テーブル機能を使うのをオススメします。

 

マシーンくん
不必要な画像は入れない方がいいね!僕も大変な目にあったから…

⑦カラム

文字や画像の表示を2列、3列で表示する機能がカラムです。記事内だけでなく、サイトトップページや固定ページなど様々な場所で使える超便利機能です。画像や広告を2カラムで表示することで、サイト全体を見やすくできる特長もあります。

 

ロボ太
カスタマイズの幅が広がるのでオススメ!

 

⑧カルーセル

記事リンクや画像などをスライドショーみたいに表示する機能です。自分のピックアップしたいものをカルーセルに選んであげれば、ループして表示してくれます。一般的にはサイトのトップページに表示させることが多く、色んな記事をユーザーに知ってもらえる導線として使います。

 

マシーンくん
興味のある記事が表示されると押してしまいますよね!

⑨スライダー

ほぼカルーセルと同じ機能ですが、自分でスライドして進めるタイプです。また、カルーセルと違ってループ表示はしません。こちらもトップページに使われやすい機能です。

 

マシーンくん
カルーセルとスライダー、使いやすい方を使いましょう!

⑩引用

記事を書く上で引用は必須機能です!

 

引用とは、広義には、自己のオリジナル作品のなかで他人の著作を副次的に紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を副次的に自己の作品に取り入れること。

引用:Wikipedia(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/引用)

 

ロボ太
まさに上のような感じのことが引用です。見たことありますよね?

 

自分の記事で何かを説明する時に、ユーザーに分かりやすくする為に他人から言葉を借りてくるのが「引用」です。つまり他人のものをパクるという行為ですが、引用自体は悪ではなくルールを破った引用が悪なのです。引用には様々なルールがありますが、その1つに引用されたことが明確であることが条件にあります。ショートコードの引用を使うことで引用しているかどうかは明確にできるので、引用を使う際はぜひ使って下さいね。

 

ロボ太
ルールを破ると著作権違反で訴訟されることもあります。僕たちもトラブルに巻き込まれたことがあるので、安易な考えは捨てた方がいいですよ!

 

Shortcodes Ultimateは設定不要ですぐに使える!

さて、やっと本題のShortcodes Ultimateの設定についてです。実はShortcodes Ultimateはプラグインをインストールするだけで、すぐに使えちゃいます!

 

マシーンくん
めっちゃ助かる!!

Shortcodes Ultimateの使い方

Shortcodes Ultimateの使い方は簡単です。記事投稿ページでショートコードを選択して、挿入するだけの3STEPで使うことが出来ます。

 

★使い方
  1. ビジュアルエディターで「ショートコード」をクリック
  2. 使いたいショートコードを選択
  3. 必要箇所だけ入力し、「挿入」をクリック

 

①ビジュアルエディターで「ショートコード」をクリック

まずは記事の「新規追加」で新しいページを呼び出し、「ショートコードを挿入」をクリックします。

 

②使いたいショートコードを選択

 

次に使いたいショートコードを選択します。今回は「ボックス」を選んでみます。

 

③必要箇所だけ入力し、「挿入」をクリック

 

「ショートコードを挿入」をクリックするとプロパティみたいな画面が表示されますので、必要な箇所だけ入力します。ボックスの場合は「コンテンツ」と呼ばれるボックス内の本文を入力して、「ショートコードを挿入」をクリックすればボックスが出来上がります。

 

ロボ太
簡単ですね!

 

ただし、デフォルトのままだとサイトの雰囲気に合わないこともありますので、ちょっとだけカスタマイズすることをオススメします。全く難しくないので安心してくださいね。

 

今回のボックスの場合は、5つカスタマイズできます。

 

タイトルや色などを変更するだけでも、サイトの雰囲気が大きく変わりますので試してみてくださいね!

 

まとめ

Shortcodes Ultimateは初期設定不要で、かなり簡単に使うことができます。ショートコードを上手く使うことでサイト全体が見やすくなるので、アクセスUPしたい人は是非とも使ってもらいたいプラグインです。無料で使えるプラグインなので、インストールして試してみて下さいね!

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう