csvファイルをExcelで開いた時に、中のデータが文字化けしてしまって見れないってことありませんか?私はインターネット上でcsvファイルをダウンロードした時に文字化けしたことがありました。

 

ロボ太
今回はcsvファイルが文字化けした時の解決方法をご紹介します。

 

Excelでcsvファイルを開くと文字化けする?

 

Excelでcsvファイルを開いた場合、ファイル内のデータが文字化けすることがあります。英数字は文字化けすることはありませんが、なぜか日本語だけ文字化けします。このような文字化けが発生する原因は、csvに保存された文字コードの違いによるものです。文字コードの変更をした上で、保存し直せば日本語が文字化けせずに表示されるようになります。

 

Excelでcsvファイルを文字化けせずに開く方法

Excelで文字化けせずにファイルを開く場合、文字コードを変更できるエディターを準備する必要があります。

 

ロボ太
今回は無料で使える「サクラエディタ」という無料ツールを使います。
★文字化けしないファイルの開き方の流れ"
  1. ★「サクラエディタ」をインストールする
  2. csvファイルを右クリックし「プログラムから開く」で「サクラエディタ」を選択
  3. 「ファイル」から「名前を付けて保存」
  4. 文字コードを「SJIS」に変更
  5. 「保存」をクリック

 

まずはサクラエディタをインストールします。無料でインストールできるので準備しておきましょう。

 

 

次にcsvファイルを右クリックし「プログラムから開く」で「サクラエディタ」を選択します。サクラエディタでデータが表示されたらOKです。

 

 

サクラエディタで開いたら、「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択します。

 

 

ロボ太
ここが一番重要な項目です。

文字コードを「SJIS」に変更して「保存」をクリックします。一般的にはUTF-8やUnicodeという世界標準の規格が使われることが多いのですが、上手くいかない場合には「SJIS」という規格を使ってみると改善できることがあります。SJISは日本語を含む文字コードのことで、日本語が文字化けしている時には改善できる可能性が高いです。

 

 

これで新しく保存したファイルを開くと、通常通りのExcelファイルを開けるようになっているはずです。

 

まとめ

Excelの文字化けは基本的には「文字コード」が原因で起こることが多いです。稀にカンマで改行されないこともありますが、その時は「改行コード」が上手くいっていないことがあります。

 

ロボ太
無料のエディターを活用することで簡単に表示を直すことができるので、ぜひ試してみてくださいね!






おすすめの記事