【レビュー】dynabook R63/Jの評価!仕事・プライベートでも使える18時間バッテリーノートPC




仕事でもプライベートでも毎日使えるノートPCで、最低限のスペックが使えたらいいと思っている方、いらっしゃるんではないでしょうか?最近はノートPCもかなり豊富に種類があるので、どれを選べばいいのか分からないんですよね。

 

マシーンくん
たしかにスペックを気にするとキリがないよねー

ロボ太
そんなパソコン選びで悩んでいる方にオススメなのが、dynabook R63/J(PR63JEA1347QD21)というノートPCになります。

dynabook R63/Jは仕事でもプライベートでも使うことがある機能を備えていて、スペックも必要最低限をカバーできているのが特長のノートPCです。また13.3型ノートPCにもかかわらず、質量1.19kgと軽量化されているので持ち運びにも便利です。バッテリーも約18時間駆動してくれるので、外出先でも使いやすい事間違いなしですね!

 

ロボ太
軽量化+バッテリー長持ちなのは、営業の方や女性の方にはかなり嬉しいですよね!

 

今回は仕事・プライベートのどちらでも毎日使えるノートPC【dynabook R63/J(PR63JEA1347QD21)】のスペックと実際に操作してみた評価をご紹介したいと思います。ちなみにこの記事はこんな方に役立ちます。

dynabook R63/Jをオススメできる人
  • 仕事とプライベートのどちらでも使いたいと思っている人
  • 画面が大きく、持ち運びしやすいノートPCを探している人
  • スペックが良く分からず、どんなPCを選べばいいか分からない人

 

【dynabook R63/J】スペック

dynabook R63/Jのスペックはこちら。

dynabook R63/Jの製品スペック
型番dynabook R63/J (PR63JEA1347QD21)
CPUインテルCore i5-7200U 2.50GHz
ストレージSSD128GB
メモリ4GB
グラフィックスタイプインテル® HDグラフィックス620
無線(Wi-Fi)IEEE802.11a/11b/11g/11n/11ac準拠
BluetoothBluetooth 4.2
バッテリー18時間
ディスプレイ13.3型HD軽量・高輝度TFTカラーLED液晶(1366×768)
質量1.19kg

 

CPUにはCore i5の第7世代・ストレージにはSSDを搭載しているので、処理速度は大分早くなっています。ただしSSD128GB・メモリ4GBが標準になっているので、大量のデータを使って作業をする人や同時に複数のデータを使う人にとっては、少し動きに不安な点が残るかもしれません。

 

ロボ太
僕が実際にインターネット・Excelなどを同時に動かした時は快適に動いていたよ!

 

dynabook R63/Jの魅力の1つとして、バッテリーが非常に長持ちです。メーカーの情報では約18時間も駆動してくれるので、電源なしで外出もできます。ただ、実際のPC操作によって駆動時間は変わってきます。半日くらいは使えるという認識でいた方がいいでしょう!

 

【dynabook R63/J】外観デザイン

dynabook R63/Jはマグネシウム合金を採用していますので、軽量で頑丈なノートPCに仕上がっています。

 

ロボ太
アルミニウム素材に比べて高級感が少ないかもしれませんが、非常に軽量化されているよ!

 

ノートPCの裏面はこんな感じです。

 

滑り止めが全部で5つありますので、シリコン製っぽいものでしっかりと固定されています。実際に机で操作している時も滑りにくいです。

 

【dynabook R63/J】内観デザイン

次にdynabook R63/Jの内観のデザインについてです。

筐体はブロンズシルバーっぽいカラーで、シルバーがくすんだ様なイメージです。少し独特な色合いです。ディスプレイはマットブラックで筐体とのコントラストが落ち着いた印象を与えてくれます。

 

ディスプレイの上部には200万画素のWebカメラを搭載しているので、PC1台さえあればテレビ会議も利用することができます。ちなみにデュアルマイクも搭載しているので、しっかりと声を拾ってくれます。

 

キーボードはディスプレイ枠と同じようなマットブラック基調になっています。

 

【dynabook R63/J】充電ケーブル

dynabook R63/Jの充電ケーブルはこちらです。

 

全体の質量として195グラムしかないので、持ち運びも便利です。だいたいiPhoneXRと同じくらいの重さです。

 

【dynabook R63/J】サイズと質量

dynabook R63/Jは13.3インチのノートPCですが、一般的な13.3インチのノートPCよりも若干コンパクトなサイズに仕上がっています。

dynabook R63/JHP ProBook430 G3
横幅316mm326mm
奥行227mm234mm
厚さ13.9~17.9mm21mm

 

実際に比較してみても、一回りほど小さいです。

 

dynabook R63/Jはベゼルを一般的なPCよりもベゼルを狭くしている為、同じ13.3型のノートPCよりも横幅を短くすることができています。

 

dynabook R63/Jの質量はメーカー公表数値は1.19kgとなっていますが、実際は1.133kgと少し軽かったです。この1.133kgという質量は、標準的なノートPCよりも200~300gほど軽いので、持ち運ぶには非常に楽です。

 

東芝 dynabook R63/J (PR63JEA1347QD21)

 

【dynabook R63/J】インターフェイス

dynabook R63/Jのインターフェイスについてはこちら。

dynabook R63/Jのインターフェイス
USB3.0ポート3ポート(右×2、左×1)
HDMIポート1ポート(左)
イヤホンジャック1箇所(左)
LANポート1ポート(右)
SDカードポート1ポート(右)
D-SUBポート(15ピン)1ポート(左)

 

見て頂いても分かる通り、必要最低限のポートは搭載済みです。仕事での利用頻度が高いHDMIやD-SUBもあるので、非常に使い勝手は良いですよね!

 

dynabook R63/Jの右側面

dynabook R63/Jの左側面

 

東芝 dynabook R63/J (PR63JEA1347QD21)

 

【dynabook R63/J】操作感

ここからはdynabook R63/Jの操作感についてです。率直な感想をお伝えしていきたいと思います。

 

まずはキーボード操作。キーボードの大きさは横1.5cm/縦1.3cmと少し長方形になっています。個人的に使ってみた印象ですが、縦が狭い為にタイピングが少ししづらい印象はあります。

「キーボードのトップが0.2mm凹んでおり、キーピッチも19mmあるので打ち心地が良い」とメーカーから紹介されていますが、残念ながらあまり感じられていないです。

引用先:R63/J 2018年7月発表モデル

ですがキーボードを入力する際の入力音は非常に静かな印象です。カチャカチャと音がしにくい静音設計を希望される方にはオススメです。

 

次はタッチパットの操作感ですが、非常に操作しやすいです。タッチパットがマットっぽい素材になっているので、指がスムーズに動きます。

ちなみにタッチパッドに物理的なクリックボタンは存在しないので、MacBookと同じような操作感になります。

dynabook R63/Jはバッテリーが超長持ちです。MAX18時間30分駆動しますので、ACアダプタを持ち運ばなくても1日くらいの仕事量であれば大丈夫です。

 

ロボ太
ちなみにMacBook Proでも、最大10時間ほどしかバッテリーが持たないです。18時間はかなり長いですね。

もちろん何に利用するか・利用する環境によって大きくバッテリー時間は変動してしまうので注意しましょう。

 

東芝 dynabook R63/J (PR63JEA1347QD21)

 

【dynabook R63/J】まとめ・評価

dynabook R63/Jは仕事でもプライベートでも使い勝手の良い、バランスの良いノートPCです。特に1.13kgという軽量さと、18時間という長時間バッテリーは非常に魅力的です。

仕事・プライベートの両方でノートPCを使う方で、最低限サクサク動けばどれでもいいと思っている方にはぜひオススメしたいノートPCです。

 

東芝 dynabook R63/J (PR63JEA1347QD21)
Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

関連キーワード

Twitterでフォローしよう