【初心者向け】サイトの表示速度アップにはAutoptimizeがオススメ!使い方と設定方法も図解で解説!




 

Autoptimizeはサイトの表示速度をアップさせるのに適した無料のプラグインです。

 

初心者にとってはサイトの表示速度を上げるのは、専門的な知識や経験がいるので難しいのですが、Autoptimizeはそれを簡単にクリアしてくれる非常に便利なプラグインです。

 

今回は初心者の方向けに、Autoptimizeの良いところと使い方や設定方法をご紹介していきたいと思います。

 

Autoptimizeとは

AutoptimizeはWordPressで作成したサイトの表示速度を速くしてくれるプラグインです。WordPressの管理画面から誰でも簡単に無料でインストールできます。

 

マシーンくん
なんでAutoptimizeを使うだけで、サイトの表示速度が速くなるの?

ロボ太
サイトの表示速度が速くなるのは、AutoptimizeがHTMLやCSSのコードを圧縮してくれるプラグインだからだよ!

 

AutoptimizeでHTML・CSS・Javaを圧縮するメリット

サイトの文章やデザインを表示する際には、HTMLやCSSやJavaScriptと呼ばれるコードが「どんな風に表示するのか」を決めています。実は普通にサイトや記事を作成しているだけでも、不要なコードが組み込まれてしまうことがあります。

 

例えば「空白」や「改行」などです。

 

「空白」や「改行」などの不要なコードが組み込まれてしまうことで、データ量が大きくなり読み込みに時間がかかってしまうのです。その不要なコードを削除・圧縮して、データ量を少なくして読み込ませてくれるのがAutoptimizeの大きなメリットです。

 

ちなみにサイトの表示速度が上がるということは、Googleの評価が上がることにも繋がります。つまりネット検索された時の順位が、上位になる可能性が高くなるということです。

 

ロボ太
アフィリエイターとして、Googleの掲載順位は何よりも重要!

 

Autoptimizeは本当に圧縮効果はあるのか?

これは誰しもが思う疑問ですよね。

 

Autoptimizeのプラグインをインストールするだけで、サイトの表示速度が上がるなんて中々信じられません。本当かどうか、試した方が分かりやすいので実証してみました。

 

まずはサイトの表示速度を評価する方法ですが、Googleが提供するPageSpeed Insightsを使いました。

 

PageSpeed Insightsとは
Googleがウェブページの読み込み時間を数値で評価してくれるツール

 

スコアが65〜80あれば、とりあえずは大きな問題はありません。平均以上のスコアという感じです。ちなみに80以上あれば十分優秀ですが、49以下のスコアの場合は要改善が必要です。

 

実際にAutoptimizeを設定する前のスコアはこんな感じです。

どちらもスコア70以上なので平均以上という感じです。

 

今度はAutoptimizeを設定してから試してみると、驚くほどスコアが上昇しているのが分かります。

モバイル89、パソコン97は非常に優秀すぎる結果です。

 

ロボ太
想像以上に結果が出てしまったので、嬉しいというよりも驚いています(笑)

 

この結果から言えることは、Autoptimizeはコードを圧縮してサイトの表示速度を向上させる機能を持っているということです!

 

ぜひ興味を持った人はAutoptimizeを設定していきましょう。

 

Autoptimizeの使い方

Autoptimizeには特に使い方はありません。記事を投稿する度に何かしないといけないこともないので非常に楽です。つまり初期設定を1度だけ行っておけば問題ないということだけ覚えておけば大丈夫です!

 

初期設定の方法はこれからご紹介していきます。

 

Autoptimizeの設定方法

Autoptimizeの初期設定は非常に簡単です。詳細を設定することもできますが、初心者の方は3つの項目にチェックを入れるだけで十分です。

 

それでは詳しく設定方法について説明していきます。

 

まずはAutoptimizeをインストールしていきます。

WordPressの管理画面から「プラグイン」の「新規追加」でAutoptimizeを検索します。検索結果に表示されたら「今すぐインストール」をクリックし、インストール完了後に「有効化」をクリックします。

 

有効化されると「インストール済みプラグイン」の一覧にAutoptimizeが表示されますので、「設定」をクリックします。

 

あとは先ほどお伝えした通り、3つの項目にチェックを入れるだけです。

  1. 「HTMLコードを最適化」にチェックを入れる
  2. 「JavaScriptコードを最適化」にチェックを入れる
  3. 「CSSコードを最適化」にチェックを入れる

 

この項目以外にも詳細な設定をすることができますが、初心者のうちは設定する必要はありません。この3つにチェックを入れるだけでも十分に効果があるからです。

 

3つにチェックを入れたあとは忘れずに「変更を保存してキャッシュを削除」をクリックしましょう。これをしておかないと初期設定は完了しません。

 

これで設定は完了です。お疲れ様でした。

 

まとめ

Autoptimizeは設定が簡単すぎて少し拍子抜けするくらいですよね。僕も最初はこれだけで改善できる訳ないと疑っていたんですが、試してみると数値が明らかに変わったのでびっくりしました。

 

ちなみに念の為、別で運営しているサイト(記事数160、画像は数百枚ほど)でインストールしてみたところ、同じようにGoogleのPageSpeed Insightsでスコアが大幅にアップしました。

 

こちらがAutoptimizeをインストールする前のスコアです。

 

そしてこちらがAutoptimizeをインストールした後のスコアです。

モバイルのスコアは前からヤバイと思っていて何かしないとと思ってましたが、Autoptimizeを使っただけでこれだけ改善されるとは思ってませんでした(笑)

 

実際に使ってみた効果は運営しているサイトにより様々かと思いますが、コードを圧縮するのは非常に重要なことであるのに間違いないです。Autoptimizeは無料で使いやすいプラグインなので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか!

 

コード圧縮以外のサイト表示速度をアップする方法はこちらもチェック!

 

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう