ブログやサイトを運営している人はみなさんアクセスアップを狙いたいですよね。

[box class="pink_box" title="どうしたらいいの?"]

・どうやったらアクセスアップするのはイマイチわからない

・ネットにはたくさん情報があるけど、意味がわかりにくい

・ホントにSEOって効果あるの?

[/box]

という人も多いのではないでしょうか。今回はSEO対策とはなにか?具体的なSEO対策の内容についてお話します。

「うちの会社のサイトも「SEO対策」しなくてはいけないな。」

と言われた経験がある人も多いのではないでしょうか。SEOって社内でも良く耳にする言葉になったけど、具体的に何かわからないという人も多いと思います。

[box class="green_box" title="SEOとは"]Search Engine Optimizationの事で、ウェブ上で何かキーワードを検索した時に自分のサイトをより多くの人に見てもらうようにする対策のことを言います。

簡単に言うと、「何かのキーワードで検索した時に一番最初に出てくるサイトを目指す為の対策」ということです。[/box]

会社でSEO対策しろ!と言われたから調べてみたけど、色々な情報があって何が効果があるのかわからないし、どれから優先的に進めればいいのかわらないと思います。

まっさん
私も初心者の頃は全くわかりませんでした(笑)

でも、わからないのも無理はないのです。SEO対策の内容は常に変化しているのです。Googleなどは常に最適な情報をサイトを見てくれている人に提供するために、サイトに順位付けをしています。この順位付けの条件が常に更新されるので、古いSEO対策は効果がなかったり逆効果だったりすることがあるのです。

私は当サイト以外にも複数のサイトを運営しており、その経験で得た知識を当サイトを通してご紹介しています。

SEO対策とは

SEO対策とは、サイトを閲覧するユーザーの事を考えてブログやサイトを最適化し、サイトの検索順位を上位に表示されるための対策のことです。SEOはSearch Engine Optimizationの略で直訳すると「検索エンジン最適化」となります。

この事からわかるように、Google、Yahooなどの検索エンジンの好むWebサイトに最適化させることがSEO対策になるのです。検索エンジンはGoogle、Yahoo、Bing、Baidu(百度)など、様々な種類があります。この中で最もシェア率(利用割合)が高いブラウザはGoogleです。

引用元:statcounter

やっさん
なるほど!シェア率の高いGoogleを意識してSEO対策すると効率的というわけなんだね!
まっさん
その通り!利用ユーザーが多い検索エンジンでサイトが上位表示されればアクセスアップが期待できるんだ!

国によってシェア率は異なりますが、日本であればGoogleが2019年2月時点では75.09%のシェア率を誇っています。

つまり「Googleの検索順位を上げること=SEO対策」と言っても過言ではありません。

言い換えるとGoogleの検索エンジン最適化を行えばアクセスアップが期待できるというわけです。そのためにはGoogle独自の検索が上位に表示されるアルゴリズム(順位の算出方法)を理解し、最適な対策をする必要があるのです。

Googleのアルゴリズムは数100以上あると言われていますが、重要なポイントはまとめると2つで「被リンク数」「コンテンツ」です。より質の高いサイトのコンテンツを検索結果としてユーザーに表示させるために、この2つのポイントを重視しています。

被リンク数が多いサイトのコンテンツはそれだけ別ユーザーに価値の高い情報コンテンツだと判断されていると考えることができるからです。このような被リンクの多いサイトを作るためには「コンテンツ」は必須なのです。

やっさん
つまり良いコンテンツを作れば被リンク数が増えて、Googleの検索が上位になる!というわけだね。

Googleはどのサイトのコンテンツがユーザーによって有益か判断するために、どのサイトのリンクを自分のサイトに貼っているかを判断基準の1つとしています。

引用元:Googleが掲げる10の事実

具体的な4つのSEO対策

[box class="green_box" title="具体的な4つのSEO対策"]①質の高いコンテンツを提供する

②質の高い被リンク数を増やす

③キーワード選定をする

④ユーザー目線でコンテンツ作成する[/box]

上記の4つを意識してコンテンツ作成をすることで、アクセス数をアップさせることができます。

①質の高いコンテンツを提供する

質の高いコンテンツ、つまりアクセスが稼げる内容の充実したコンテンツだけでサイトを構成することでGoogleに「このサイトは質の高い情報提供をしているサイトだ」と判断してもらうことができます。

質の低い「月間アクセス10以下」のようなコンテンツを大量に残しているサイトは、「質の低いコンテンツを提供しているサイトだ」と判断されてしまったり、ユーザーがそのコンテンツを見てしまった場合、別ページを見てもらえなかったり、サイト自体訪問してくれなくなる可能性があります。質の低いコンテンツを残していたが為に、機会を損失してしまうのです。

このような機会損失を無くすためには、質の低いコンテンツは「リライト」「削除」などの対策をする必要があります。

まっさん
リライトは重要で、アクセスが集まっていないコンテンツを書き直すことでアクセスを集められるコンテンツに生まれ変わらせる作業です。
やっさん
常に新しい情報があるから、その追記なども必要なんだね

②質の高い「被リンク数」を増やす

質の高い被リンク数とは、不正にお願いしてリンク数を増やしたり、自己リンクでリンク数を稼いだりするのではなく、自然にユーザーが必要だと判断したリンクのことです。

当然ですが、質の高いリンクは質の高いコンテンツからしか生まれません。質の高いコンテンツを見てその情報を他の人にも発信したいと思いリンクを貼るという流れが一般的なのです。

質の高い被リンクを増やす事でGoogleから「リンクの多いコンテンツだから有益な情報があるサイトだ!」と判断してもらうのです。

まっさん
一般ユーザーに支持されているコンテンツかどうかが重要なんだ!

③キーワード選定をする

「1ページに対して1キーワード」と言われていますが、1つのページにどんなキーワードで文章を書くのか事前に考える必要があります。

キーワードを考える上で重要なポイントは、キーワードプランナーを利用して、どんなキーワードで書けば需要があるのか調べる必要があります。また検索数が多いことも重要ですが、競合性(ライバルが多いのか)も調べておく必要があります。

例えば、検索母数が多いけど競合が多数ある場合は検索上位に入りにくくなるので、アクセスが全く稼げないページが出来てしまう可能性があります。逆に競合は全くないけど、検索母数が0に等しい場合もいいキーワード選定とは言えません。

このように、1つのページに対して効果の高いキーワードを選定して、そのキーワードを中心にコンテンツを作成していくことをオススメします。そうすることでコンテンツ自体がそのキーワードに付随する情報に強くなるので、それだけでSEO対策となるのです。

まっさん
例えば、ラーメンのサイトなのに、急にケーキの話を書き出すサイトに対してGoogleは「いい情報がある」とは判断してくれないんだ。

④ユーザー目線でコンテンツ作成する

当然ですが、ユーザーの必要としている情報を提供する必要があります。「タイトルと内容が全く一致していないページ」「必要な情報量が足りないページ」等、ユーザーが検索したキーワードに対して求めている答え・量に達している必要があるのです。

情報量、つまり文字が多ければいいのか?

これは実は「半分Yesで半分No」なのです。どういうことかと言うと、Googleが有益な情報があるかどうか判断するアルゴリズムに確かに文字数というのはあると言われています。しかし、文字が多ければいいのではなくそこに質が求められてきます。

例えば、「SEO対策」と検索して上位に表示されるサイトが5000文字程度で書かれているサイトが多いのであれば、その情報量が最適なのです。その情報量の中でユーザーによりわかりやすく、ページを作り情報提供することがSEO対策となるのです。

文字数を増やせば、アクセスが集まる!と思われがちですが、それだけでは不十分なのです。

まとめ

SEO対策とはブラウザのシェア率の高いGoogle対策と言っても過言ではありません。Googleのイメージしている良質なサイト・ブログとは「ユーザーにとって質の高い情報提供」をすることです。

ただ長い文章を書いたり、ブラックハット(正攻法じゃないSEO)をするのではなく、ユーザーにとって有益な情報提供を真摯になって行うことこそが、サイトのアクセスアップに繋がります。

最初はなかなかアクセスがアップしなくて焦るかもしれませんが、今回ご紹介した4つのポイントを意識しながらコツコツ良質なページを作成してみてくださいね。それが必ず2カ月後・半年後・1年後と大きなアクセスアップに繋がります。

急がば回れです。ユーザー目線になって1つ1つ丁寧にコンテンツ作成しましょうね!

 






おすすめの記事