どちらもSEOの手法のことで、簡単に説明すると検索エンジンの言う通りの正攻法でサイトにアクセスを集めるのが「ホワイトハットSEO」で、検索エンジンの意図していない方法でアクセスを集めるのが「ブラックハットSEO」です。どちらもサイトにアクセスを集める手法です。今回はこの2つの手法の違いについてお話したいと思います。

ブラックハットSEOとは

まっさん
ブラックハットSEOとは、不正な方法を利用して中身のないコンテンツのアクセスをアップさせるSEOの手法です。

具体的に説明すると、基本的に検索エンジン(GoogleやYahoo、Bing等)で検索順位を上位にするためには、ユーザーに有益な情報を紹介している質の高いコンテンツを作成する必要があります。検索エンジンは検索順位を決定するためにアルゴリズムを用いて行います。このアルゴリズムを逆手に取って、質の悪いコンテンツを上位に表示するように仕掛けるのです。

ブラックハットSEOの手法

具体的なガイドライン

次のような手法を使用しないようにします。

・コンテンツの自動生成

・リンク プログラムへの参加

・オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成

・クローキング

・不正なリダイレクト

・隠しテキストや隠しリンク

・誘導ページ

・コンテンツの無断複製

・十分な付加価値のないアフィリエイト サイト

・ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み

・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成

・リッチ スニペット マークアップの悪用

・Google への自動化されたクエリの送信

引用:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

今は検索エンジン側で対策されている手法がほとんどですが、次から次に検索エンジンのアルゴリズムを逆手に取ってブラックハットSEOが行われているのが事実です。

上記のGoogleのウェブマスター向けガイドラインの抜粋からも分かるように、これらのブラックハットSEOの手法は検索順位を大幅に下げることになります。実際に昔からこのような手法で不正にアクセスアップをしているサイトがたくさんあります。

まっさん
これらの対策としてGoogleは2012年4月に「ペンギンアップデート」、2012年7月に「パンダアップデート」が行われました。

ペンギンアップデートとは

GoogleがブラックハットSEO対策として2012年4月に実施したアップデートで、「非表示の大量テキスト(隠しテキスト)(隠しリンク)」や不正なリダイレクトを繰り返しているサイトをGoogleのクローラーが認識できるようにアップデートされました。

まっさん
これにより不正にアクセスアップしていたサイトは検索圏外になったり、大幅に順位が下がる事となりました。

パンダアップデートとは

GoogleがブラックハットSEO対策として2012年7月に実施したアップデートで、主旨としては質の低いコンテンツの検索順位を下げて、質の高いコンテンツは検索上位に上ゲルというもので、ユーザビリティーを意識したアップデートです。

パンダアップデートが行われるまでは、キーワード数が多く質の低いコンテンツが上位表示されていましたが、それ以降はキーワード数に関わらず、そのキーワードに対して質の高いコンテンツであるかどうかが重視されるようになりました。

ホワイトハットSEOとは

ホワイトハットSEOとは、検索エンジンであるGoogleやYahooで推奨されている方法で行う正攻法のSEOを指します。ブラックハットSEOのように検索エンジンが明示しているガイドラインに反して行うSEOではなく、それに従って行うSEOの方法です。

ユーザビリティーを重要視し、ユーザーに対して有益な情報提供出来るサイト運営を行う。そうすることでアクセスアップが期待できるという検索エンジンに推奨されている形で行われるSEOを指します。

やっさん
つまり検索エンジンサービスのルールに逆らわずに、Webサイトに訪れたユーザーに対して役立つ情報を提供するサイト運営やSEOを実施するということだね!
まっさん
その通り!検索したキーワードに対してユーザー目線で役立つ情報があるサイトにしましょう!ということです。

まとめ

パンダアップデートやペンギンアップデートが実施されるまでは、一定以上の順位はブラックハットSEOを行わなければ太刀打ちできないという状況がありましたが、2019年現在ではホワイトハットSEOで地道に正攻法でサイト運営することがアクセスアップの一番の近道です。

ブラックハットSEOで抜け道を探して一時的にアクセスアップを狙うことも可能かもしれませんが、長期的に見た時に検索エンジン側に対策された時点で検索は全て圏外になるので時間の無駄になります。

まっさん
アフィリエイトでサイトを資産として稼ぎの1つにしたい人は絶対にホワイトSEOでサイト運営するようにしましょう。






おすすめの記事