【徹底比較】個人利用でおすすめのクラウドストレージ3選!使いやすくて人気◎

 

スマホやパソコンのデータが大量すぎて、データ保管をどうしようかと悩んでいませんか?

 

ロボ太
そういう僕もかなり悩んでいた1人でした。

 

写真や動画など画質が大きくなるにつれ、データ容量サイズも大きくなってきているので、気が付いたらiPhoneの容量が一杯になっているのが非常に苦痛でした。

 

iPhoneに音楽を入れているので、なおさらです。

 

そこでデータを削除するかどうか悩んでいた時に思いついたのが、クラウドストレージを活用するということでした。

 

今回の記事では使いやすくて個人利用にもおすすめできる、クラウドストレージをご紹介したいと思います。

 

ロボ太
僕はクラウドストレージを活用することで20GB程削減できたので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

クラウドストレージとは…?

インターネット上のサーバーにデータを保管することができるサービスのことです。

 

一般的なサーバーと違って物理的な装置を持たないので、ネット環境さえあればいつでもどこでもデータの取り出しや保管ができるのが一番の特長です。

 

クラウドストレージと聞くと難しそうな印象を持つ人もいますが、操作は本当に簡単で利用料もリーズナブルな価格になっています。

 

ロボ太
有名なクラウドストレージであれば、Googleの「GoogleDrive」やAppleの「iCloud」が代表的です。

 

使いやすくて個人利用におすすめ!人気のクラウドストレージ3選

誰でも使いやすくて、個人での利用におすすめできるクラウドストレージは3つです。

 

個人利用におすすめのクラウドストレージ3つ
  1. Google Drive
  2. Dropbox
  3. OneDrive

 

これからクラウドストレージを使おうと思っている人は、この3つから選んでおけばまず間違いです。

 

【おすすめクラウドストレージ①】Google Drive

一番オススメしたいのがGoogle社が提供するGoogle Driveです。悩んだらGoogle Driveを選べば間違いないと言っても過言ではありません。

 

【Google Drive】料金と容量

Google Driveの料金と容量についてはこちらです。

 

見て頂いても分かる通り、とにかく安いです。

 

Google Driveは他社サービスと比べて料金プランが細分化されているので、ユーザー毎に合わせた利用ができるのも大きなポイントになっています。

 

ロボ太
1GB数円、100GB以上でも月額250円~380円であれば、すごく手が出しやすい!

 

【Google Drive】使いやすさ

Google Driveのメリットは「容量の大きさ」と「価格の安さ」だけではありません。あらゆるデバイスから、あらゆるファイルを簡単に利用することができるのも人気の1つです。

 

Google DriveはWindows・Mac・androidスマホ・iPhone・タブレット・iPad等、ほぼ全てのインターネット接続できるデバイスで利用できます。

 

ブラウザだけでなくアプリも提供しているので、操作性は抜群です。

 

ロボ太
アプリだとPC・スマホの操作が苦手な人でも、簡単に利用できたという人は多いです!

 

【Google Drive】便利な機能

また、Google DriveではGoogle版のOfficeともいえる「Googleドキュメント・スプレッドシート・スライド」も役に立ちます。

 

これらはMicrosoft Officeの「Word・Excel・PowerPoint」とほぼ同等の機能を搭載しており、オンライン上で利用できるのでどのPCでも利用できるのが特長です。しかも無料

 

Googleの無料アカウントでも使えるサービスなので、仕事やプライベート問わず、文書作成や表計算やプレゼンテーションを使う方にはかなりおすすめです!

 

ロボ太
ちなみにドキュメントやスプレッドシートは複数人と共有することができ、同時に編集や閲覧もできる優れもの!

 

 

【おすすめクラウドストレージ②】Dropbox

クラウドストレージの中でも有名な企業が「Dropbox」です。僕も一番最初にクラウドストレージを知ったのがDropboxです。

 

【Dropbox】料金と容量

 

Dropboxの容量は2GB・1TB・2TBの3プランとなります。

 

無料プランは2GBまでなので少し物足りないですが、有料版であれば1GBあたり1円で利用できるので、大容量を低価格で使うことができます。

 

【Dropbox】使いやすさ

Dropboxはデスクトップ版とアプリ版が提供されているので、自分が使いやすい方で使うことができます。

 

Dropboxのデスクトップ版はPC上にフォルダのように設置することができ、そのフォルダの中にデータを入れると自動的にネット上にアップロードしてくれます。

 

ロボ太
難しい使い方を少しでも避けたい方は、デスクトップ版がおすすめ!

 

またDropboxは多くの企業・サービスと提携しているので、あなたが利用中のサービスもDropboxと連携できる可能性があります。

 

【Dropbox】便利な機能

Dropboxは上位プランを利用するほどできることが増えていきますが、その中でも便利な機能の1つとしてMicrosoftのOfficeをウェブ上で編集できるという機能があります。

 

ロボ太
Microsoftのアカウントだけ作成しておけば、Officeを契約していなくても利用ができます。

 

もしMicrosoft Officeを必須で利用したい場合であれば、Dropboxを利用するのもありかもしれません。

 

 

【おすすめクラウドストレージ③】OneDrive

最後にご紹介するのはMicrosoftが提供する『OneDrive』です。MicrosoftのOfficeと連携したサービスが魅力的なクラウドストレージです。

 

【OneDrive】料金と容量

 

OneDriveは無料プランで5GBまで利用することができます。有料プランの場合は50GBと1TBの2つを選ぶことができます。

 

ロボ太
Google DriveとDropboxと比較すると、容量は小さく、1GBあたりの価格も若干高めの設定になっています。

 

【OneDrive】使いやすさ

OneDriveもGoogle DriveやDropboxと同じく、あらゆるデバイスに対応しておりアプリも提供しているので、いつでもどこからでもアクセスできる使いやすさがあります。

 

Microsoftが提供しているだけあってインターフェイスは見やすいので、初めて使う人でも悩みにくいんではないでしょうか。

 

【OneDrive】便利な機能

OneDriveの特長は何と言っても「Office365」と連携できるところです。

 

実はOneDriveの1TBプランはOffice365 Soloというサービス名で、Office365を契約するとOneDrive1TBが付いてくるというものです。つまり「Officeは必須で使うよー」という方は、たった月額1,274円でOffice365とOneDrive1TBを使うことができるんです。

 

ロボ太
これはかなりお得!!

 

大事なのはここからで、Office365で作成したExcel・Word・PowerPointなどのファイルを、自動でOneDriveに保存・編集することもできるんです。

 

OneDriveにファイルが保存されるので、「家や会社で編集していたファイルを忘れた!」というような失敗もなくなります。またOneDriveに保存してあれば万が一削除してしまっても、ゴミ箱からすぐに復元することも可能です。

 

ロボ太
OneDriveはOffice365を使う人であれば、コレしかないってほどに便利なクラウドストレージなのでぜひ使ってみてください。

 

 

【おすすめクラウドストレージ】まとめ

おすすめのクラウドストレージをご紹介しましたが、最後にもう一度まとめておきます。

 

料金だけ見ると容量も価格もGoogle Driveが非常に優秀です。

 

しかも100GB・200GBという容量で200~300円という価格は、個人利用としては非常に嬉しいところですからね!

 

どれを選んだらいいか分からない、大容量(1TB以上)は必要ないから少しでも安く使いたい、Officeのようなファイルが使えたら十分という方は、絶対にGoogle Driveがおすすめです!

 

もしウェブ上だけでOfficeが使えたら良いという人はDropbox、Office365を絶対に使う必要があるという人はOneDriveをおすすめします!

 

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう