今回は話題の超小型スマホ『Palm Phone』についてご紹介します。Palm Phoneは現在の流行に逆行した小型スマートフォンで、なんと大きさは手のひらサイズというコンパクトさです。

 

 

スマホは小さい方が良いという方にとって、魅力的なスマートフォンに仕上がってます。Palm Phoneのスペックや特長についてご紹介していきたいと思います。

 

【Palm Phone】スペック

Palm Phoneのスペックについてご紹介します。

サイズ(mm)高さ96.6×幅50.6×厚さ7.4
重さ62.5g
OSandroid8.1
容量32GB
メモリ3GB
ディスプレイ3.3インチ
メインカメラ1200万画素
フロントカメラ800万画素
防水/防塵○(IP68)
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth4.2
外部メモリ×
指紋認証×
顔認証
テザリング×
SIMnanoSIM
最大通話時間約3時間20分
最大待受時間3日以上
バッテリー800mAh
充電ポートUSB-C

 

ロボ太
★スペックだけ見ると、メイン機として使うには少し物足りない印象です。

 

ただサブ機として、もしくはあまりスマホを使わない人のメイン機としては、かなりオススメできる機種です。

 

【Palm Phone】特長・魅力

Palm Phoneの魅力についてご紹介していきます。

 

★Palm Phoneの特長・魅力は全部で3つ
  1. iPhoneSEよりもコンパクトなボディ
  2. 通知を最低限にして省電力にできるライフモード
  3. 素早くアプリを起動できるジェスチャーパッド

 

iPhoneSEよりもコンパクトなボディ

Palm Phoneの一番の魅力はやはり小さいボディでしょう。スマホの大型化が進んでいる中で、手のひらに収まるほど小さなスマホは希少です。

 

ロボ太
邪魔にならないサイズなので、持ち運びも◎

 

小さいサイズで人気のiPhoneSEと比べても、違いは明らかです。

 

 

iPhoneSEが4インチディスプレイに対して、Palm Phoneは3.3インチしかありません。一般的にはクレジットカードとほぼ同じ大きさとも言われています。

 

重さもiPhoneSEが113gに対して、Palm Phoneは62gと卵1個分しかありません。複数台のデバイスを持ち運んでいる方や、荷物を少しでも少なくしたい方に非常におすすめです。

 

通知を最低限にして省電力にできるライフモード

『ライフモード』は画面がオフのときに電話やメッセージ、アプリ通知などの表示を非表示に設定することができる機能です。通知が多いと業務に支障が出たり、睡眠時の邪魔になることがありますが、ライフモードを活用することでスマホで煩わしい思いをすることもなくなります。また不要な通知がなくなる分、バッテリーの持ち時間も少し良くなります。

 

素早くアプリを起動できるジェスチャーパッド

『ジェスチャーパッド』は言葉通り、ロック画面中から起動したいアプリ名の頭文字をジェスチャー(手でなぞる)することで、素早くアプリを呼び出すことができます。呼び出したアプリは複数表示されるので、あとはアプリをタップすれば起動します。非常に簡単ですよね!

 

ロボ太
特別に難しい設定も不要なので、iPhoneのショートカットよりも使うのは簡単そう!

 

created by Rinker
Palm
¥44,800 (2019/08/24 03:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

【Palm Phone】注意点

Palm Phoneは小さいが故に、機能を最小限にしているところもあります。「スマホなら搭載していて当然!」と思っていても、購入してから「あの機能が使えない…」と失敗しないように注意点をしっかりと確認しておく必要があります。

 

バッテリーが短い

スマホ選びで重視されるポイントの1つである「バッテリー」が一般的なスマホに比べて短くなっています。小さいボディなので大きいバッテリーを搭載できないので当たり前なんですが、これは少し残念ですよね。ちなみにフルで使い続けて約3時間20分ほどでバッテリーが無くなってしまうので、使い方によっては午前中で電池が切れるという事態に陥ってしまう可能性もあります。

 

ロボ太
外出先で使うなら、モバイルバッテリーは必須だね!

 

▼おすすめのモバイルバッテリー

created by Rinker
Anker
¥2,799 (2019/08/24 03:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

テザリングができない

Palm Phoneはテザリングができないので、他製品に電波を飛ばすことができません。パソコンやタブレットなど複数デバイスを使う人にとっては、残念なポイントです。ちなみにWi-Fiは2.4GHzの電波帯しか対応しておらず、4Gも使えるエリアが限られています。仕事・プライベート問わずに活動エリアが幅広い方は注意しておきましょう。

 

物理ボタンが電源のみ

物理ボタンは電源のみで、音量の上げ下げはディスプレイ上で表示させて操作する必要があります。物理ボタンがないのは誤作動がなく助かりますが、音量を操作するのに毎回ディスプレイが表示されるのは少し面倒ですね。

 

SIM非対応の可能性

Palm Phoneの対応エリアの関係で、持っているSIMカードが挿入しても使えないという方も多いです。

 

ロボ太
Palm Phoneを契約する前には必ず契約しているSIMが使えるかどうか確認をしましょう。

 

docomo・au系の回線は対応していない周波数帯が多く、ソフトバンク系の回線であれば使えている人が多いみたいです。

 

外部ストレージの追加は不可

 

ロボ太
Palm Phoneは外部ストレージ、つまりmicroSDカード等で容量の追加はできません。

iPhoneと同じで、最初から決められた容量で上手く使う必要があります。ただし、Palm Phoneは容量32GBモデルしか発売していませんので、あまり無駄なデータを保存しておく余裕はないでしょう。

 

【Palm Phone】まとめ

Palm Phoneは魅力的なスマホではありますが、コンパクト故に機能が限られています。Palm Phone1台のメイン機として使うのではなく、サブ機として使うのがベストでしょう。

マシーンくん
バッテリーや容量、利用できる回線の少なさはメインとして使うには、少し不便だもんね。
★Palm Phoneはこんな場面で使う人にオススメ

・ちょっとしたネット閲覧やLINEなどのSNSとして

・通勤や通学時の音楽プレイヤーとして

・結婚式など荷物を持ちたくない時のメイン機として

・ジョギングや山登りなどの運動時の携帯用として

 

興味がある人はぜひ使ってみてくださいね!






おすすめの記事