【超簡単!】個別記事毎に301リダイレクトを設定する方法【WordPress】




今回はWordPressで301リダイレクトを個別記事毎に設定する方法を、分かりやすくお伝えします。僕も301リダイレクトをする機会があった時に様々なサイトを調べたのですが、正直どれも分かりにくかったんですよね。

 

マシーンくん
僕みたいにCSS・HTML・PHPなどに詳しくない人は、「これをここに入力するだけ!」と言われてもサッパリ分からんのです。笑

 

なので僕が301リダイレクトを設定した時の方法を、図解で分かりやすくご紹介していきたいと思います

 

301リダイレクトとは

301リダイレクトは特定のページにきたアクセスを、指定したページに飛ばす設定のことです。一般的な使い方としては、サイトの引越し等でドメインが変わった時などに使われることが多いです。

 

ロボ太
今回、僕の運営する別サイトでも引越しをすることになったので記事にしました。

 

ちなみに301リダイレクトは転送する方法がいくつかあります。

 

★301リダイレクトの転送方法

・ドメイン全体にリダイレクト

・フォルダ毎にリダイレクト

・個別ページ毎にリダイレクト

などなど。

 

僕がしたかったのは、特定のページを自分が指定したページにリダイレクトです。ということで、この記事では個別ページ毎に301リダイレクトの設定をする方法をご紹介していきます。

 

301リダイレクトの必要性

サイトを引越しする際、こんなことを考える人も多いんではないでしょうか?

 

マシーンくん
別サイトの記事をコピペして、投稿するだけじゃダメなの?

 

つまり、こんな面倒くさそうな設定はせずにコピペで移行したら良くね?ってことです。残念ながら、その方法では1つ大きなデメリットがあります。元のサイトでのGoogleの評価を引き継ぐことが出来ないのです。

 

つまりインデックスされた情報や被リンク、掲載順位などが全て新規と同じスタートになってしまうということですね。このような被害を受けない為に、301リダイレクトを設定することで評価を引き継いだ状態でページを移行できるのです。これこそが301リダイレクトを設定する理由でもあり、最大のメリットになります。

 

ロボ太
実はGoogleも公式に301リダイレクトでの転送を推奨しています。

 

検索エンジンの結果で表示されるページの URL を変更する必要がある場合は、サーバー サイドの 301 リダイレクトを使用することをおすすめします。これは、ユーザーや検索エンジンが正しいページにたどり着くことを保証する最善の方法です。

引用:ページの URL の変更と 301 リダイレクトの使用

 

Googleが推奨するのであれば間違いないと思って大丈夫ですので、ページの転送の際は必ず301リダイレクトを活用しましょう。

 

301リダイレクトの設定方法

では301リダイレクトの設定方法を解説していきます。301リダイレクトはFTPサーバーの設定変更を行う必要があるので、抵抗がある人が多いです。

 

マシーンくん
僕も最初はかなり抵抗がありました。変に触ってサイトが壊れるのは嫌ですからね…

 

ただ、実は全く難しくありません。「.htaccess」というファイルに、301リダイレクトのコードを書き込むだけでOKです。書き込む301リダイレクトのコードの構成はこちらです。

 

★301リダイレクトのコードの構成
redirect 301 /転送元のページ 転送先のページ/

 

もう少しイメージしやすくしていきます。今回は一例として、転送元のページと転送先のページを下記のようにします。

 

★記入例

転送元のページ(=転送されるページ):https://●●●.com/post/1050

転送先のページ(=転送されて表示するページ):https://★★★.com/article/2050

 

このような場合、301リダイレクトの設定はこうなります。

 

★301リダイレクト設定
redirect 301 /post/1050 https://★★★.com/article/2050/

 

このコードを「.htaccess」ファイルに書き込んでいくだけです。分かりにくいと思った方は下記の画像を参考にしていただければ分かりやすいと思います。

 

 

もちろん記事ページによって「post/1050」や「article/2050」は変わってきますのでご注意ください。実際の操作と併せて、もう詳しく説明していきます。

 

今回はレンタルサーバーがロリポップの場合で解説していきます。もちろん、ロリポップ以外のサーバーでも同じような操作になるので参考にして頂けます。まずはロリポップの管理画面にアクセスします。ドメインとパスワードを入力し、ログインします。

 

 

ログイン後、「サーバーの管理・設定」から「ロリポップ!FTP」をクリックします。

 

 

FTPサーバー内に移動しますので、「.htaccess」ファイルをクリックして開きます。

 

 

クリックすると「.htaccess」ファイルが表示され、下部に入力欄が表示されます。この入力欄を編集していきます。

 

 

入力欄を見てみると、すでにデフォルトで文字が入力されています。この文字列は消さずに「# END WordPress」の下の行に追記していきます。

 

 

入力する内容は、先ほどお伝えした301リダイレクトのコードです。今回の場合であればこのコードになります。

 

★今回の場合であればこのコードになります
★redirect 301 /post/1050 https://★★★.com/article/2050/

 

 

入力が完了すれば、「保存する」をクリックすれば設定が保存されます。以上で301リダイレクトの設定は完了です。

 

 

301リダイレクトコード入力時の注意事項

301リダイレクトのコード入力時には「半角スペース」や「半角スラッシュ」の入力漏れに注意しましょう。正しくリダイレクトの設定が反映しない可能性があります。

 

ロボ太
注意しないといけないのは3点です。

 

 

基本的には先述のコードをコピーして、編集して貼り付けすれば大きなミスもなく動作すると思います。

 

まとめ

 

ロボ太
個別記事の301リダイレクトの方法は以上です。意外と簡単ですよね。

複数のページをリダイレクトする場合は、面倒ですが1つずつコードを追加していけば大丈夫です。301リダイレクトは便利な機能ですが、設定を間違えてしまうと想定外のページに飛ばされてしまう可能性があります。使い方には十分注意してくださいね。

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう