WordPressで記事数がかなり増えてくると、記事の管理が大変になってきます。

 

・同じような記事を書いていないか

・タイトルのキーワードは最適になっているか

・カテゴリやタグは整理できているか

 

などなど、記事一覧を整理することで記事同士が潰しあうリスクを最低限にでき、サイト内のリンクが活きてきてアクセスUPに繋がることがあります。

 

ロボ太
今回は記事一覧をcsvファイルでエクスポートする方法をご紹介したいと思います。

 

プラグイン「WP All Export」が記事のエクスポートに便利!

 

WordPress内の投稿記事一覧をエクスポートする場合、「WP All Export」というプラグインを使うと非常に便利です。3分位でエクスポートすることができますし、自分にとって必要な情報を取捨選択することも可能です。

 

ロボ太
しかも日本語に対応しているのでWordPressに詳しくない人でも安心です。

 

WP All Exportで記事一覧をエクスポートする方法

まずはプラグイン「WP All Export」をインストールして「有効化」にします。WordPressの管理画面から「すべてエクスポート」の「新規エクスポート」をクリックします。

 

 

エクスポートする内容を選択します。今回は「投稿」を選択します。

 

 

記事数に間違いがなければ「エクスポートファイルをカスタマイズします。」をクリックします。

 

 

ここにエクスポートしたい情報を右の項目から選んでいきます。個人的に絶対に入れておいてほしい項目は「Title」「カテゴリー」「タグ」の3つです。選択し終わったら「続行」をクリックします。

 

 

「エクスポートの確認&実行」をクリックします。

 

 

最後に「Download」の「CSV」をクリックして、csvファイルがダウンロードできれば完了です。

 

 

csvファイルが文字化けする時の解決方法

csvファイルがExcelで開く場合に文字化けしてしまうのは、文字コードの違いによるものです。文字コードを変更してからExcelで開くことで解決できます。

 

  1. csvファイルを右クリックして「プログラムから開く」→「サクラエディタ」を選択
  2. 名前を付けて保存で文字コードを「SJIS」に変更して保存

 

この作業を行うには「サクラエディタ(https://sakura-editor.github.io/download.html)」をインストールしないといけませんが、無料なので試してみてもいいと思います。文字化け解決方法を分かりやすくした記事がありますので、こちらも参考にしてくださいね。

 

【Excel】csvファイルが文字化けして見れない時の解決方法

 

まとめ

 

ロボ太
記事一覧をエクスポートして一番のメリットはカテゴリやタグの整理にも非常に役に立つということです。

 

私自身も100記事以上投稿してからカテゴリやタグを整理し始めましたが、結構手間でした。何よりもカテゴリがバラバラな状態で投稿していたので、アクセスが上がりにくかったことが非常に勿体ないなと思っています。ぜひ記事のリライトや新規投稿の参考にしてみて下さい!






おすすめの記事