アフィリエイトをする上でGoogleサーチコンソールは非常に重要です。ですが実際にどのようにツールを使ったらいいのか、Googleサーチコンソールを使うことでどんなメリットがあるのか分かりにくいです。

まっさん
また使い方が分かっていても、収集したデータをどのように使えばいいかも分からない人も多いんではないでしょうか?

今回はGoogleサーチコンソールを使うことで得ることができる3つのメリットについて紹介したいと思います。

Googleサーチコンソールとは

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。

引用先:Search Console の概要

Googleの概要通り、Googleのサイト掲載順位・インデックス・検索キーワードを管理するのに便利なサービスがGoogleサーチコンソールです。自分のサイトが現在どのような立ち位置なのか、どのように検索・表示されているのかを確認することができます。

やっさん
疑問なんだけど、Googleサーチコンソールとアナリティクスの違いって何なの?

アナリティクスは「サイトにアクセスがあったデータ」、サーチコンソールは「サイトにアクセスされる前のデータ」を取り扱っていると思えばイメージしやすいです。

つまりGoogleサーチコンソールでは「Googleで検索された時に自分のサイトが何回表示されたのか」「あるキーワードで検索された時にGoogleでの掲載順位は何番目なのか」などを調べることができます。

Googleサーチコンソールを使うことで重要なのは3つだけ!

Googleサーチコンソールは初心者だけでなく、上級者も利用するツールです。それが原因かどうか分かりませんが、初心者の方からすると使い方がよく分からないんですよね。

[box class="green_box" title="最初のころに覚えておくべきポイントは3つだけ"]①「検索パフォーマンス」でサイトの検索情報を収集する

②「URL検査」でGoogleにクロールを通知する

③「カバレッジ」でインデックス数を確認する[/box]

それぞれの使い方とメリットを実際のサイトを例にご紹介していきます。

「検索パフォーマンス」でサイトの検索情報を収集する

まっさん
Googleサーチコンソールで最重要項目と言っても過言ではないのが「検索パフォーマンス」です。

検索パフォーマンスではサイト記事の【クリック数・表示回数・CTR・掲載順位】のデータを収集することができます。

このデータを参考にすることで自分のサイトの記事がどれくらい上位にいるのかを知ることができます。掲載順位が上にいるほどアクセス数も上がりやすいです。

やっさん
サイトのこのデータを知って、どんなメリットがあるの??

って思いましたか?

まさにその通りで、収集したデータをどのように利用するかが重要です。

Googleサーチコンソールで収集したデータは『リライトする時・新規記事を作成する時』に活用できます。

[box class="green_box" title="例えば、検索表示数は多いのにクリック数が少ない場合を例にしてみます"]■表示回数:10,000回

■クリック数:100回

■CTR(クリック率):1%[/box]

これを記事毎に並び替えしてみると「あること」が分かりますよね。表示件数に対してクリック数が圧倒的に不足しているということです。このように表示回数ではなくクリック数を改善したい場合はリライトが必要になります。

やっさん
どこをどうやってリライトすればいいの?

クリック数を改善したい場合は「掲載順位を上げる」か「記事タイトルを変える」などが効果的です。よく聞くのが記事タイトルにキーワードが含まれていないということです。ユーザーの視点で考えてみて、Googleに表示されているタイトルに欲しい情報(キーワード)がないとクリックしないですよね。

また、Googleに表示されるタイトルは35文字程度です。タイトルが長い場合はキーワードが見えていない場合もあります。その場合クリックを敬遠されている可能性も考えられますよね。

なので「記事タイトルを変えてみる」ことが効果的になる可能性があります。こんな感じでGoogleサーチコンソールのデータを活用できるのがメリットです。

「URL検査」でGoogleにクロールを通知する

アフィリエイトをする上で投稿した記事がGoogleに反映・表示されることは重要です。検索されても表示されなかったら意味がないですからね。

ただし、新しく作成したばかりの記事はインデックスされるのに時間がかかってしまいます。それはGoogleがサイトまでクロールしてくれるタイミングが不定期で、こちらが手動で登録できることではないからです。

 補足
■インデックス:Googleに記事が登録されていくこと

■クロール:Googleがインデックスをするために記事をサイトまで探しにくること

そこで重要になってくるのが「URL検査」です。

インデックスしたいURLを入力し検査することで、現在Googleにインデックスされているかどうかを確認することができ、登録されていない場合は「Googleにクロールしにきてよー」と通知を出すことができます。

新規記事を作成するたびにURL検査で「インデックス登録をリクエスト」をしておくと、何もしない時よりかはGoogleに登録されるのが早くなる可能性が高いのでオススメです!

「カバレッジ」でインデックス数を確認する

Googleサーチコンソールのカバレッジを活用することで、Googleにインデックスされている数を確認することができます。

例えば記事を50記事投稿しているはずなのに、20記事しかGoogleにインデックスされていない場合は、Googleが自分のサイトをクロールできていない可能性があります。

まっさん
(定型文)その場合、先ほどご紹介した「URL検査」でGoogleにクロールの通知を送りましょう。

いつまでも放置していると非常に勿体無いです。

ちなみにサイトマップを送信するプラグインを利用することでも、このような問題を解決できます。

サイトマップを自動送信してくれるプラグインはこちらを参考にしてみてください。

[kanren postid="518"]

まとめ

Googleサーチコンソールは無料で使えて、使い方によっては非常に役に立つツールです。特に記事が50記事・100記事と増えてくると、リライトする時にも重宝します。

ぜひ積極的に活用して、アフィリエイトに取り組んでいきましょうね!






おすすめの記事