ブログやアフィリエイトを始めたばかりの方に、おすすめの検索順位チェックツール「Rank Guru」をご紹介したいと思います。

 

他社と比べてRank Guruはとにかく「低価格」なので、ちょっと興味があるという人でも始めやすいのが大きなメリットになっています。

 

初心者でも始めやすいような簡単な設定になっているので、他のチェックツールの利用を諦めた人にもおすすめです。

 

こんな方にRank Guruはおすすめ!

  • 興味はあるけど、稼げてないから費用をなるべくかけたくない
  • 記事数が増えてきたので、効率良く検索順位を調べたい。
  • 検索順位を把握して、今後のリライトに役立てたい。

 

Rank Guruのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

Rank Guruのメリット・デメリット

実際にRank Guruを使ってみた、メリットとデメリットをご紹介していきます。

 

Rank Guruのメリット

  1. 買い切りで、相場よりもかなり安い!追加費用なし!
  2. Webサイト・キーワードを無制限に登録できる!
  3. 操作・設定が簡単!初心者でも安心して使える!
  4. Google以外にもBing、Yahooの検索エンジンにも対応!
  5. キャプチャ認証も回避して、順位の取得もできる!

 

やはりRank Guruの一番の魅力は「価格」でしょう。MacのApp Storeからたった840円で購入することができます。しかも買い切りなので、月額費用や追加費用が発生することもありません。

 

他の検索順位チェックツールのほとんどは、年額や月額で数千円〜数万円の費用がかかってしまいます。しかもキーワード登録数に上限があり、無制限プランだと年間で2・3万円以上は超えてしまうでしょう。

 

ですが、Rank Guruはたった840円でキーワードも登録し放題。これは比べるまでもなく安いですよね!ブログやアフィリエイトを始めたばかりの人で、あまりお金をかけたくない人にはかなりオススメです!

 

注意
ただし買い切りということで開発会社も収益化が難しいため、定期的な更新はあまり期待しない方がいいと個人的には思います。

 

 

Rank Guruは柔軟なカスタマイズができない代わりに、超シンプルなので誰でも直感で操作することが可能です。GRCを一度触ったことがありますが、少し複雑で分かりにくかったです。慣れると気にならないんでしょうが、個人的にはRank Guruの方が圧倒的に使いやすいと思います。

 

最後に検索順位をチェックする上で重要になってくるのが、Googleのキャプチャ認証を回避できるかどうかです。この問題はMacのApp Store内のRank Guruのレビュー欄に多数コメントされていましたが、2019年9月時点では解決されています。

 

実際に僕は200近くのキーワードを毎日チェックしていますが、Googleのキャプチャ認証に引っかかることなく使うことができています。

 

「スピードダンプ二ング」という設定にチェックが入っていれば、時間はかかりますがキャプチャ不要で検索順位を取得できるはずです。

 

Rank Guruのデメリット

  1. インストール型なのでMacをずっと開いておかないといけない。
  2. 検索順位を取得するのに時間がかかる
  3. Rank GuruをダウンロードしたMacしか使えない

 

安さと使いやすさが魅力のRank Guruですが、残念ながらデメリットもあります。

 

Rank Guruが起動していてオンライン状態にないと検索順位を取得することができないので、ずっとMacを起動させておく必要があります。

 

これだけならMacを起動させておけばいいだけですが、いかんせん時間がかかってしまうのもデメリットです。個人的な体感では150〜200キーワードを5〜6時間かけて取得しているようなイメージです。

 

僕はいつも寝る前に起動させて、朝には順位を取得できていますので、時間がかかると困る方は時間帯をうまく活用するか、キーワードを減らして使うようにしてみてください。

 

あとはRank GuruはMacしか対応していません。もしWindowsのパソコンしかないという方は諦めるか、Macを購入する必要があります。

 

意外とこれもハードルが高いかもしれませんね・・・

 

まとめ

Rank Guruは安くて使いやすい、初心者向けの検索順位チェックツールです。

 

Macを持っている方で、検索順位チェックツールを使おうかどうか悩んでいるようでしたら、ぜひ一度購入して試してみてくださいね!

 

ただし、検索順位を取得するのに時間がかかって、その間はMacを起動しておかないといけないことは忘れずに!

 






Twitterでフォローしよう

おすすめの記事