【2019年度】おすすめ厳選ワイヤレスイヤホン11選【Amazon10,000円以下!音楽を快適に!】




 

どうも、ROBOTA(robota_g)です。

 

家がレビューさせて頂いた「Bluetoothイヤホン」で大量にあるので、お気に入りワイヤレスイヤホンを日替わりで使うという気持ち悪い生活をしています。今回は私の使ってきた中で特にお気に入りだったワイヤレスイヤホンを紹介します!

 

さてさて、最近はワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン)が一般的になってきましたね。

 

Bluetoothワイヤレスイヤホンとは
「イヤホンとデバイスを有線ケーブルを使わずに接続」することが可能なイヤホンです。

 

 

ロボ太
昔はこのiPhoneのイヤホンを使っている人が多かったのではないでしょうか?

 

そして、Appleからワイヤレスイヤホンの「AirPods」が発売されました。それから通称「耳からうどん」を装着する方が一気に増えました!

 

 

AppleのAirPodsを使おう・使っている人が多いと思います。私も最初はAirPodsを購入しようと思ったのですが、値段が20,000円近くてとてもイヤホン1つに出せる金額じゃありませんでした…。

 

スペック的にはAirPodsは間違いないのですが…。

 

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,570 (2019/10/14 23:22:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

ロボ太
さすがに買ったことないBluetoothイヤホンに2万円出す勇気がありません…。

そこで同じような高スペックを持ったワイヤレスイヤホンで、1万円以下の安価な商品はないかとレビューを続けてきました。

 

その中でROBOTAが選りすぐった「安価で高スペック」なワイヤレスイヤホンを皆さんにご紹介したいと思います。正直言うと、ワイヤレスイヤホンは「当たりハズレ」がスゴイので使ってみた感想を参考にして頂ければと思います。

 

ではでは、本記事は「【2019年度】おすすめ厳選ワイヤレスイヤホン10選【Amazon10,000円以下!音楽を快適に!】」について執筆させて頂きます。

 

厳選ワイヤレスイヤホン9選
  1. 【総合力】Anker Soundcore Liberty Neo
  2. 【総合力】MpowT5(M5) ワイヤレスイヤホン
  3. 【総合力】Sound Liberty77 ワイヤレスイヤホン
  4. 【総合力】Sound Liberty53 ワイヤレスイヤホン
  5. 【総合力】Earfun Freeワイヤレスイヤホン
  6. 【総合力】Xiaomi Redmi Airdots
  7. 【総合力】SoundPEATS TrueFree+
  8. 【総合力】SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree
  9. 【バッテリー量】Hihiccupワイヤレスイヤホン<280時間大容量バッテリー>
  10. 【バッテリー量】Gaosaワイヤレスイヤホン<120時間大容量バッテリー>
  11. 【バッテリー量】G02-twsワイヤレスイヤホン<150時間大容量バッテリー>

 

Amazonでお得に買い物をする方法もご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

【Bluetoothイヤホン 10,000円以下】トータルスペック(総合力)おすすめランキング!

 

★Amazon10,000円以下 総合力で選ぶ!
  1. 【総合力】Anker Soundcore Liberty Neo
  2. 【総合力】MpowT5(M5) ワイヤレスイヤホン
  3. 【総合力】Sound Liberty77 ワイヤレスイヤホン
  4. 【総合力】Sound Liberty53 ワイヤレスイヤホン
  5. 【総合力】Earfun Freeワイヤレスイヤホン
  6. 【総合力】Xiaomi Redmi Airdots
  7. 【総合力】SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree

 

【Bluetoothイヤホン】Anker Soundcore Liberty Neo

 

Ankerの「Soundcore Liberty Neo」です。

 

IPX7の防水性能を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。ジムやランニングで汗でイヤホンが濡れる場面で使う予定の人は「IPX5以上」の防水規格のワイヤレスイヤホンを使うことをおすすめします!

 

★IPX7とは
防水規格のことで「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」レベルの防水性能を備えている商品に与えられる規格です。

 

ロボ太
マットなデザインで指紋もつきにくいのが嬉しいですね!
ワイヤレスイヤホン初心者の人が何を買おうか迷ったら、このイヤホンを買っておけば間違いないです。トータルのバランスが良く操作もシンプルなので「ペアリングのやり方がわからない」と言う心配がありません。

 

また「Soundcore Liberty Neo」は低音が最高です。

 

理由は「Soundcore独⾃のBassUpテクノロジー」を搭載しており、音楽の低周波音域を分析することにより、低音域を約43%も増幅させることに成功しています。20Hz~20kHzの広範囲の周波数帯域で音楽を楽しむことが出来るので「音質もいいワイヤレスイヤホンがいい!」という人にオススメワイヤレスイヤホンです。

 

 

ROBOTA評価Anker Soundcore Liberty Neo

音質(4.5)
防水性能(4.0)
使いやすさ(4.5)
バッテリー(3.5)
コスパ(4.0)
トータル評価(4.1)

 

created by Rinker
Soundcore
¥4,999 (2019/10/14 22:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

CHECK!!レビューを見てみる!

【Bluetoothイヤホン】MpowT5 ワイヤレスイヤホン

 

Mpow の「T5 TWS」です。

(※現在(2019年9月時点)はT5⇒M5が進化版として発売されています)

 

IPX7の防水性能を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。高い防水性能に加えて、「高音質」「デザイン性の高い充電ケース」がいい感じでした!

 

★IPX7とは
防水規格のことで「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」レベルの防水性能を備えている商品に与えられる規格です。

 

 

レザーデザインで素朴なのに上質で高級感ある印象を与えてくれます。箱を開けた時に「お、これは他の違うな」と感じました。プラスチック製品が多い中でやはり「レザーデザイン」は他の商品と違うアピールポイントですね。

 

またレザーデザインなので、指紋が付きにくいのが個人的には嬉しかったです。プラスチックは指紋だらけ(手汗すごすぎw)になっていました。でも「Mpow T5 TWS」なら指紋が付きにくいのでオススメです。

 

 

充電ケースもマグネットで簡単に収納できます。マグネットも強力なので充電ケースの中で「カシャカシャ」言う心配もありません。

 

またワイヤレスイヤホンは安価な価格帯の製品だと「低音」が弱い場合が多いのですが、「Mpow T5 TWS」低音も体に響くような音をしっかりと出してくれます。安価な商品で低音を楽しみたい人にはオススメのワイヤレスイヤホンです。

 

ロボ太
バッテリーも「連続再生42時間」と十分な容量を保有しています!

 

価格も6,000円台とこれだけの高スペック&レザーデザインなのに、かなり安い値段設定となっています。Mpow T5 TWSは「初めてワイヤレスイヤホンを買うんだけど、どれにしよう?」という人にはオススメのワイヤレスイヤホンです。

 

 

ROBOTA評価Mpow T5 TWS

音質(低音がいい感じ)
防水性能(IPX7)
接続の安定性(Bluetooth5.0)
バッテリー(42時間連続再生)
トータル評価

 

created by Rinker
Mpow
¥5,999 (2019/10/14 20:26:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

CHECK!!レビューを見てみる!

【Bluetoothイヤホン】Sound Liberty77

IPX7の防水性能を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。「圧倒的に途切れない接続」「高い防水性能」がオススメのワイヤレスイヤホンです。
IPX7とは
防水規格のことで「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」レベルの防水性能を備えている商品に与えられる規格です。
完全ワイヤレスイヤホンはBluetooth接続なので、どうしても「接続が不安定」「音がズレる」という課題がありました。
「TaoTronics SoundLiberty 77」はその課題を解決するために「Airoha社」の"MCSync (Multi Cast Synchronization) テクノロジー"を採用しています。
MCSyncのテクノロジーを採用することで「左右のイヤホンに同時伝送する」ということが可能となりました。この技術を採用することで「左右の伝送が不要」となるので、「伝送の安定性が向上」し「音の高画像度化」にも貢献しています。

 

「TaoTronics SoundLiberty 77」は、サイズは「7.3 x 3.4 x 2.7 cm」、重量「44g」ワイヤレスイヤホンの中でコンパクトサイズな設計で、持ち運びも楽チンです。

 

 

「TaoTronics SoundLiberty 77」は、イヤホン単体で「約5時間」の連続再生が可能。充電器と合わせることで「約20時間」の連続再生が可能です。

 

ラピッドチャージにも対応しており「約10分の充電で1時間」の音楽再生ができます。

 

ロボ太
バッテリーが切れても短時間で使えるようになるから重宝してるよー!

 

充電ケースにはバッテリー残量が一目でわかる「4段階のインジゲーター」がついているので、充電を忘れる心配もありません。

 

 

「TaoTronics SoundLiberty 77」はわずか「44g」と超軽量設計です。

 

 

イヤホン本体も「約10g」なので、長時間装着していても全然疲れません。

 

 

「TaoTronics SoundLiberty 77」は装着しているのを忘れるぐらい「軽く」「痛み」もないので使いやすい完全ワイヤレスイヤホンです。

 

 

ROBOTA評価TaoTronics SoundLiberty 77

音質(4.0)
防水性能(4.0)
使いやすさ(4.5)
バッテリー(3.5)
コスパ(4.0)
トータル評価(4.0)

 

【Bluetoothイヤホン】Sound Liberty53

 

TaoTronics「Sound Liberty53(TT-BH53)」です。

 

IPX7の防水性能を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。「高い防水性能」「耳が痛くならないデザイン」がオススメのワイヤレスイヤホンです。

 

 

ロボ太
一番驚いたのが、長時間つけても全く耳が痛くならなかったことです!
★IPX7とは
防水規格のことで「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」レベルの防水性能を備えている商品に与えられる規格です。

 

 

あまりにいい商品だったので、個人的にYouTubeでも紹介しています。サクッと「Sound Liberty53(TT-BH53)」の魅力を知りたい方は是非見てくださいね(._.)

 

 

「Sound Liberty53(TT-BH53)」「イヤホン単体で6時間」「充電ケースと合わせて40時間」の連続再生が可能です。作業中に長時間ワイヤレスイヤホンを使う人にとって、充電ケースとの合計連続再生時間より「イヤホン単体」の連続再生時間の方が重要だったりします。

 

イヤホン単体の連続再生時間6時間は、とても優秀です。作業をしている時に途中で使えなくなることがほとんどないので、かなり重宝します。同じように長時間連続で音楽や音声を聴くことがある人にもオススメのワイヤレスイヤホンです。

 

 

ROBOTA評価Sound Liberty53(TT-BH53)

音質(バランスがいい)
防水性能(IPX7)
使いやすさ(装着感は最高)
バッテリー(42時間連続再生)
トータル評価(3.7)

 

 

CHECK!!レビューを見てみる!

 

【Bluetoothイヤホン】Earfun Freeワイヤレスイヤホン

 

EarFunの「Free」です。

 

IPX7の防水性能を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。「高い防水性能」なのでジムやランニングで汗をかいても全く問題ありません。

 

★IPX7とは
防水規格のことで「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」レベルの防水性能を備えている商品に与えられる規格です。

 

 

またEarFun Free「ワイヤレス充電対応」しているので、簡単の充電することが出来るオススメのワイヤレスイヤホンです。毎回充電ケースにケーブルを接続して充電するのって面倒ですよね。何より充電忘れることがない!

 

ワイヤレス充電器自体もAmazonで1,000円台で販売しているので、興味のある方は下記のレビュー記事を参考にしてくださいね。

 

ロボ太
置くだけでワイヤレスイヤホンを充電できるって素敵ですね!

 

 

EarFun Free指紋が付着しにくく落ち着いた雰囲気になっているので、年齢・性別を問わずどんな方でも使いやすいワイヤレスイヤホンです。本体がピカピカ光ったり…ケースが近未来的だったり…そういうのは苦手!という人には使いやすいデザインです。

 

 

ロボ太
実際に使ってみて気になったのは「最大ボリューム」でした!

 

EarFun Freeを実際に使ってみて気になったところは、「若干音が小さい」ところです。爆音で音楽を楽しみたい人には少し最大ボリュームが足りないかなぁという感じです。

 

普通のボリュームで音楽を楽しむ人には全く問題はありません。音質に関してもクリアで低音もしっかりと重みのある音が出ていました。価格もAmazonで4,000円台と購入しやすいのでオススメのワイヤレスイヤホンです。

 

 

ROBOTA評価EarFun Free

音質(ボリュームが小さめ)
防水性能(IPX7)
使いやすさ(シンプルなデザイン)
バッテリー(24時間連続再生)
トータル評価(3.25)

 

created by Rinker
EarFun
¥4,980 (2019/10/14 20:26:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

CHECK!!レビューを見てみる!

【Bluetoothイヤホン】Xiaomi Redmi Airdots

 

Xiaomiの「Redmi Airdots」です。

 

Xiaomi(シャオミ)は中国のブランドで、日本でも「格安スマートフォン等」で有名になってきています。IPX4の防水性能を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。防水レベルはそこまで高くないですが、ジムやランニングで汗を流す程度ならオッケーです。

 

ロボ太
シャワー等で使うと壊れるので気を付けてくださいね!

 

★IPX4とは
防水規格のことで「あらゆる方向からの飛沫による有害な影響を受けない」レベルの防水性能を備えている商品に与えられる規格です。

 

 

Xiaomi Redmi Airdotsは黒を基調としたカラーデザインで誰でも使いやすいです。素材もマッドな感じなので、指紋も付着しづらく汚れが分かりにくいです。

 

 

Xiaomi Redmi Airdotsを私が装着したらこんな感じです。装着感もしっかりとフィットしてくれるので、ジムやランニングで激しく動いても落下することはありませんでした。

 

 

Xiaomi Redmi Airdotsイヤホン片耳あたりの重量はわずか「4g」しかありません。とても軽いので耳が疲れたり痛くなる心配がありません。開封時は「音が出る箇所」に青いテープがついていて、外さないと音が出ないので注意してくださいね!

 

 

バッテリーはイヤホン本体(片方)にバッテリーが「40mAh」搭載されています。充電ケースには300mAhのバッテリーが搭載されており、合計で12時間の連続再生が可能です。

 

ややバッテリー量は少ないですが、イヤホン本体は4時間連続再生が出来るので十分なバッテリー量だと思います。

 

ROBOTA評価Xiaomi Redmi Airdots

音質(バランスがいい)
防水性能(IPX4)
価格
バッテリー(12時間連続再生)
トータル評価(3.25)

 

 

CHECK!!レビューを見てみる!

【総合力】SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree+

防水性能を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。「コスパの良さ」「長時間バッテリー(35時間)」が売りのワイヤレスイヤホンです。
SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree+は全モデルよりユーザー目線を多く取り入れてバージョンアップされたワイヤレスイヤホンです。
バッテリー容量増加、高音・低音の改善、音の全体バランスの調整、基本音量のアップ等、あらゆる機能がスペックアップしました。
コンパクトサイズのイヤホンで、しっかりと耳にフィットするので遮音性が高いところが特徴です。
イヤホン本体自体のサイズも小さいので、耳から飛び出る感じもないので邪魔になりにくいのが嬉しいポイントです。
イヤホン単体で4.5gという超軽量設計です。
充電ケースとイヤホン単体を合計しても「51g」しかありません。
付属品に関してですが、充電器は付属されていないので別途購入が必要ですのでご注意下さい。
イヤーチップが4サイズあるのでサイズが合わない場合も細かい調整が可能です。
SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree+「防水性能」「長時間バッテリー(35時間再生)」「自動ペアリング」等、色々な機能を搭載しています。
「通勤・通学時」や「ジム・ランニング時」に使おうと思っている人にはおすすめのワイヤレスイヤホンです!

ロボ太
お値段はなんとAmazonで2,000円台と言う圧倒的コスパ!

ROBOTA評価SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree+

音質(4.0)
防水性能(3.0)
使いやすさ(4.5)
バッテリー(3.5)
コスパ(4.5)
トータル評価(3.9)

 

CHECK!!レビューを見てみる!

【総合力】SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree

Sound Peatsの「True Free」です。

 

IPX4の防水性能を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。「コスパの良さ」「高音質」が売りのワイヤレスイヤホンです。

 

★IPX4とは
防水規格のことで「あらゆる方向からの飛沫による有害な影響を受けない」レベルの防水性能を備えている商品に与えられる規格です。

 

価格がAmazonで2,000円台で安価なのに、ACCコーディック対応(音質)しています。この3,000円までのワイヤレスイヤホンを探しているなら、Sound Peatsの「True Free」が圧倒的にオススメです。

 

📝補足
ACC音声とは「Advanced Audio Coding」は音声圧縮方式の1つで、iOSに対応しています。

 

 

難しい操作は不要でイヤホンのボタン1つで「音楽の再生/停止」から「電話の受話操作」まで可能です。シンプルで非常に操作しやすいワイヤレスイヤホンです。

 

ロボ太
わざわざスマホを取り出さなくていいから楽チンだね!

 

★音楽再生時の操作

・音楽再生/停止⇒イヤホンのボタンを1回押す(左右どちらでも可)

・曲スキップ⇒右のイヤホンのボタンを2回押す

・曲戻し⇒左のイヤホンのボタンを2回押す

★電話の受話操作

・電話に出る⇒着信時にイヤホンのボタンを1回押す(左右どちらでも可)

・電話を切る⇒通話時にイヤホンのボタンを1回押す(左右どちらでも可)

・電話を着信拒否⇒着信時にイヤホンのボタンを1.5秒長押し(左右どちらでも可)

 

 

ワイヤレスイヤホンって充電ケースが大きいタイプのモノも多いんですけど、Sound Peatsの「True Free」ケースを含めてもたったの37gしかなく、非常に軽い設計になっています。

 

長さは綿棒ほどしかないので、カバンの中は勿論のこと、ポケットに入れて持ち運びも苦になりません。ケースにフタがないから「イヤホン落下しないの?」と思うかもしれませんが、充電ケースのマグネットにガッチリと固定されているのでご安心ください。

 

ロボ太
ケースにフタがないけど、しっかりマグネットでくっつくから落ちないよ!

 

 

Sound Peatsの「True Free」AAC音声フォーマットに対応しているので、高音質な音楽再生が可能です!Apple製品には標準でAACに対応しているので、iPhoneやiPodでワイヤレスイヤホンをつかう場合は必須のフォーマットです。

 

iTunesストア等で音楽を<購入・ダウンロード>するときのフォーマットなので、iPhoneユーザーはACC対応のワイヤレスイヤホンを購入することをオススメします。

 

2,000円台という圧倒的に安価なワイヤレスイヤホンでACC対応しているものは珍しいので、低価格のワイヤレスイヤホンでは間違いなくトップクラスの音質です。

 

 

ROBOTA評価SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree

音質(バランスがいい)
防水性能(IPX4)
価格(高コスパ)
バッテリー(20時間連続再生)
トータル評価(3.37)

 

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥2,541 (2019/10/15 11:22:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

CHECK!!レビューを見てみる!

 

【Bluetoothイヤホン】バッテリー量で選ぶ!おすすめランキング

★バッテリー量で選ぶ!
  1. 【Bluetoothイヤホン】Hihiccupワイヤレスイヤホン<280時間大容量バッテリー>
  2. 【Bluetoothイヤホン】Gaosaワイヤレスイヤホン<120時間大容量バッテリー>
  3. 【Bluetoothイヤホン】G02-twsワイヤレスイヤホン<150時間大容量バッテリー>

 

①【バッテリー量】Hihiccupワイヤレスイヤホン<280時間大容量バッテリー>

Hihiccupワイヤレスイヤホンです。

 

IPX6の防水性能を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。Hihiccupワイヤレスイヤホンの売りはなんと言っても「圧倒的バッテリー量」です。なんとワイヤレスイヤホンなのに、モバイルバッテリー並みのバッテリー量を搭載しています。

 

★IPX6とは
防水規格のことで「あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない」レベルの防水性能を備えている商品に与えられる規格です。

 

 

そのバッテリー容量は「4,000mAh」でイヤホンの再生可能時間で言うと、「連続再生280時間」に相当します。ハンパじゃないバッテリー量ですね(笑)

 

他社のワイヤレスイヤホンは12時間連続再生!などを売りにしているのに対して、ケタ違いの280時間再生という性能です。バッテリー性能に関しては、他社とかなり差別化されています。

 

マメに充電するのが面倒だ…

すぐ充電するのを忘れちゃう…

 

という人には、マメに充電するという手間は省けるのでかなりオススメできるワイヤレスイヤホンです。

 

 

なんと「Hihiccupワイヤレスイヤホン」はその大容量バッテリーを活かして、モバイルバッテリーとして使うことも可能となっています。4,000mAhあれば、スマホを1回フル充電するぐらいは出来るので、スマホの充電が無くなる心配もありません。

 

ロボ太
ワイヤレスイヤホンがモバイルバッテリーになるなんて…

 

ROBOTA評価Hihiccupワイヤレスイヤホン

音質(HI-FI高音質)
防水性能(IPX6)
価格
バッテリー(280時間連続再生)
トータル評価(4.2)

 

 

CHECK!!レビューを見てみる!

②【バッテリー量】Gaosaワイヤレスイヤホン<120時間大容量バッテリー>

 

GaosaX6ワイヤレスイヤホンです。

 

IPX7の防水性能を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。ジムやランニングで汗でイヤホンが濡れる場面で使う予定の人は「IPX5以上」の防水規格のワイヤレスイヤホンを使うことをおすすめします!

 

★IPX7とは
防水規格のことで「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」レベルの防水性能を備えている商品に与えられる規格です。

 

 

120時間連続駆動可能な大容量バッテリー・IPX7の防水性能・HiFi高音質・Bluetooth5.0搭載と、どのような使い方をする人にも合うスペックを持っているワイヤレスイヤホンです

 

 

バッテリー量は「3,000mAh」で、ワイヤレスイヤホンなのにモバイルバッテリーとして使うことも可能です。外でスマホの充電が無くなれば、サッとGaosaX6ワイヤレスイヤホンにUSB接続することでスマホなどを充電することが可能です。

 

出典:Amazon

 

「横85mm×縦52mm」と充電ケースのサイズはやや大きめです。これだけのバッテリー量とスペックと搭載しているので、普通のワイヤレスイヤホンの充電器より一回り大きい感じでした。

 

 

ROBOTA評価GaosaX6 ワイヤレスイヤホン

音質(HI-FI高音質)
防水性能(IPX7)
使いやすさ(少し大きめ)
バッテリー(120時間連続再生)
トータル評価(4.0)

 

 

CHECK!!レビューを見てみる!

③【バッテリー量】Akiki TWS-P10<120時間大容量バッテリー>

 

Akiki TWS-P10ワイヤレスイヤホンです。

 

IPX7の防水性能を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。「最新のBluetooth技術搭載」「連続120時間音楽再生可能」「3,500mAhの大容量バッテリー搭載」という「音が切れにくい」「バッテリーが長持ち」するという「通勤・通学」など長時間利用を予定している人におすすめのワイヤレスイヤホンです。

 

★IPX7とは
防水規格のことで「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」レベルの防水性能を備えている商品に与えられる規格です。

 

 

Akiki TWS-P10ワイヤレスイヤホンは驚異の「120時間連続再生」が可能です。バッテリー容量は3,500mAhと簡易なモバイルバッテリー並みのバッテリー容量を保有しています。

 

充電回数で表すと、1回2.5h~4時間使えるイヤホン本体(片耳)が60回の充電が可能です。半端ないバッテリー量ですね!これだけあれば、外出先で充電が無くなるという事態は避けることができます。

 

ロボ太
一般的なワイヤレスイヤホンのバッテリーは連続再生20時間~40時間程度なので、比べると圧倒的バッテリー容量ですね!

 

「外で充電が無くなった(._.)」という心配は一切ありません!

 

また音質に関しては「HIFI高音質」を搭載しており、ノイズや歪みが最小限に抑えられています。なので気持ちよく音楽を楽しむことができます。HIFIとは「High Fidelity(高い忠実度・再現性)」を意味しており、「原音に忠実な再現」をするということです。

 

価格もAmazonで5,000円台と「バッテリー容量」「音質」がこのスペックであることを考えるとかなり安価なワイヤレスイヤホンです。

 

★こんな人におすすめ!
  • 長時間外で使う予定がある人(通学・通勤等)
  • 充電を毎日するのが手間な人(まさに私です)

    上記のような方にオススメのワイヤレスイヤホンです。先でさらに詳しく「Akiki TWS-P10ワイヤレスイヤホン」をレビューをしているので、参考にしてみてくださいね。

     

    カスタマーレビュー・評価を見てみる!

     

    ROBOTA評価 Akiki TWS-P10(ワイヤレスイヤホン)

    音質(HI-FI高音質)
    防水性能(IPX7)
    使いやすさ(少し大きめ)
    バッテリー(120時間連続再生)
    トータル評価(4.2)

     

    【進化版 3500mAh IPX7完全防水】Bluetooth イヤホン
    AKIKI

     

    CHECK!!レビューを見てみる!

     

    まとめ

    本記事は「【2019年度】おすすめ厳選ワイヤレスイヤホン9選【Amazon10,000円以下!音楽を快適に!】」について執筆致しました。

     

    最近はワイヤレスイヤホンが主流となっているので、色々なメーカーが多くの種類のワイヤレスイヤホンを発売しています。「正直色々ありすぎてどれがいいのか分からない」と言う人が多いと思います。

     

    高くてもいい品質のワイヤレスイヤホンを使いたいという方は「AirPods」を買っておくと間違いないと思います。約20,000円程度で購入可能で、Apple製品なのでiPhoneとの連携もバッチリです。

     

    created by Rinker
    Apple(アップル)
    ¥19,570 (2019/10/14 23:22:29時点 Amazon調べ-詳細)

     

    「10,000円以下でコスパのいいワイヤレスイヤホンを購入したい!」という人には今回ご紹介したワイヤレスイヤホンがオススメです。どれも安価でスペックが高いワイヤレスイヤホンです。

     

    「音質」「バッテリー容量」「防水性能」を見て、どれが自分のワイヤレスイヤホンの使い方に合っているか見てみることをオススメします。

     

    特にROBOTAが一押しなのは、以下の2つのワイヤレスイヤホンです。レビュー記事もあるので参考にしてみてくださいね!

     

     

    レビュー記事はこちら

     

    以上、ROBOTA(robota_g)でした!

     

     

    Amazonでお得に買い物をする裏技!  


    Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


    現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





    ロボ太
    チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
     

    この記事のURLをコピーする
    この記事も人気です
    コメントを残す

    Twitterでフォローしよう