【旅行・出張・留学に最適】海外でのWi-Fi・ネット利用にはY!mobileの海外データ定額!




以前から高いなーと思っていた海外でのネット利用料金ですが、ついにY!mobileから激安の海外データ定額が始まりました。

 

今回はY!mobileの「海外データ定額」について良さそうな点、悪そうな点をご紹介したいと思います。

 

【メリット】良さそうなところはこの4点!

 

ざっと見た感じではこの5点が魅力的ですね。

 

①料金が圧倒的に安い!

②データ容量を国内と海外で別々で利用!

③バッテリーが大容量!

④国内・海外のモード切替が簡単!

⑤Wi-Fiルーターをレンタルする手間がない!

 

[adchord]

①料金が圧倒的に安い!

今までも各社から「海外データ定額」は存在していましたが、正直なところあまり安くなかったです。

 

むしろ高いイメージがありました。

 

ですが、Y!mobileの「海外データ定額」では圧倒的な低価格になっています。

 

Pocket WiFiプラン2月額3,696円
海外データ定額月額284円
海外利用料日額90円×海外利用日数
合計(税抜)月額3,980円+海外利用料

 

特に重要なのは「海外利用料」が日額90円ということです。

 

今までの「海外データ定額」は日額1,980円〜2,980円です。

 

データ容量が25MB以上利用すると、上限の2,980円/日がかかっていました。

 

 

それに比べて、日額90円で1日のデータ容量を気にすることがないという点は非常に使い勝手が良いですよね。

 

海外に7日間行く前提で料金を比較してみると、一目瞭然です。

 

※1日100MB利用した場合で算定しています。

【Y!mobile】海外データ定額月額3,980円+日額90円×7日間=月額4,610円(税抜)
【従来】海外データ月額3,696円+日額2,980円×7日間=月額24,556円(税抜)

 

同じように利用していても、24,556円-4,610円=▲19,946円も削減が可能になるのです!

 

これは海外での利用では革命的ですね!

 

②データ容量を国内と海外で別々で利用!

 

データ容量は国内7GBと海外7GBの計14GBで大容量です。

 

良くも悪くも国内と海外でデータ量が別れているので、国内で使い過ぎたという状況になっても海外で安心して利用できます。

 

[adchord]

 

③バッテリーが大容量!

バッテリー容量は5,350mAhを搭載しており、かなり大容量になっています。

 

最大連続通信時間は約18時間なので、1日持たないという状況は避けられそうですね!

 

これは国内でも海外でも嬉しいスペックです。

 

④国内・海外のモード切替が簡単!

 

海外に渡航した際の操作・設定は意外と悩ましいものですよね。

 

何度も渡航している人でも、間違った設定だと高額請求がきてしまうので心配になるものです。

 

今回のWi-Fiルーターは「クラウドSIM」を選ぶだけという簡単操作で利用できます。

 

ちなみに端末は「701UC」という「uCloudlink社」のWi-Fiルーターとなります。

 

⑤Wi-Fiルーターをレンタルする手間がない!

 

海外に行くときは空港でWi-Fiルーターをレンタルするっていう人は結構いるのではないでしょうか?

 

海外用としてレンタルする方が安いことが多いですからね。

 

ただ海外データ定額の場合は、国内も海外も同じWi-Fiルーターを利用できるので、レンタルする手間がありません。

 

しかも料金も安いとなれば、大きなメリットかと思います。

 

[adchord]

 

【デメリット】残念なところ、気をつけないといけないのはこの6点!

 

圧倒的な価格のメリットがありますが、少し気になる点が多い印象です。

 

大きな問題点はないですが、7点ほど気になる点をお伝えします。

 

①契約期間の縛りに要注意!

②海外での通信制限には要注意!

③海外利用可能エリアは要確認!

④利用できる機種は701UCのみ!

⑤通信速度が少し物足りない!

⑥同時接続台数が少ないので注意⁉

⑦契約は個人契約限定!

 

①契約期間の縛りに要注意!

 

これだけ安いので何か裏があると思っていましたが、やはり3年契約・自動更新という厄介な縛りがありました。

 

3年以内の解約の場合は、端末代の精算と解約金9,500円(税抜)が請求されます。

 

勿論、【3年契約】もしくは【契約縛り無し】を選ぶことができるのですが、【契約縛り無し】の場合は月額料金5,980円となります。

 

いきなり高い!!

 

また、【契約縛り無し】を選択して短期解約をしようと思っても、端末代の精算が必要となります。

 

短期での契約にはメリットがなさそうですね…

 

②海外での通信制限には要注意!

 

他のWi-Fiルーターと一緒でデータ通信が7GB以上となると、通信制限が発生します。

 

通信制限がかかった場合は送受信最大128Kbpsになり、締め日まで低速状態が続きます。

 

但し、500MB毎に500円の課金で通常速度に戻すことが可能になります。

 

それに対して、この「海外データ定額」は海外での利用時に7GBを超えた場合、送受信最大64Kbpsまで低速化になるだけではなく、締め日まで速度を戻すことができません!

 

追加で課金をするということもできないのです!

 

ですので、海外で急にネットが利用できなくなるほど速度が低速になる可能性があります。

 

長期的に渡航される方は注意してくださいね!

 

[adchord]

③海外利用可能エリアは要確認!

 

海外での利用可能エリアは106ヵ国です。

 

主要国はカバーしていますが、196ヵ国中の106ヵ国なので54%のカバー率です。

 

契約しても渡航する国がエリア外であれば利用できないので、渡航前には要確認が必要です。

 

★海外利用可能な国はこちら

[blogcard url="https://www.ymobile.jp/plan/data/pocketwifi_global/"]

 

④利用できる機種は701UCのみ!

 

海外データ定額に対応しているのは、現時点では「701UC」のみです。

 

自分が持っている機種にこの契約を追加するということはできないので、勘違いして解約などはしないように注意しましょう!

 

⑤通信速度が少し物足りない!

 

通信電波としてソフトバンク回線・Y!mobile回線・海外回線の3つを掴む設定になっています。

 

通信速度はベストエフォート方式で下り最大72Mbps、上り最大37.5Mbpsです。

 

最近のWiFiルーターでは下り最大612Mbpsと爆速なので少し物足りないかもしれませんが、10Mbpsあれば不自由なくネット通信はできるので、大丈夫でしょう。

 

ただ最新機種で最大72Mbpsのスペックは少し不安ですね…

 

[adchord]

⑥同時接続台数が少ないので注意⁉

 

意外と見逃しがちな点ですが、同時接続台数は最大5台までとなっています。

 

他メーカーなどの最新機種は10台が標準なので、最大台数は少ないです。

 

5台以上同時に接続することは滅多にないと思いますが、このような使い方をされている場合は注意しましょう!

 

⑦契約は個人契約限定!

 

最後に契約条件です。

 

この超お得なプランですが、個人契約しか受け付けていません。

 

法人の出張利用こそ実力を発揮しそうなものですが…

 

[adchord]

まとめ

 

メリット、デメリットをまとめてみましたが、いかがでしたか?

 

よく海外に行く人にはすごくメリットがありますが、年に1回~2回程度の海外渡航ではメリットが薄いかなという印象です。

 

何せ3年契約ですからね!

 

年1~2回の為に契約をするよりかは、レンタルする方が賢いですね!

 

ただこれだけ圧倒的な料金なので、お得なのは間違いないです!

 

条件に当てはまる方は即契約をオススメします!

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう