誰でも分かる!iTunes経由でiPhoneのデータ移行を行う方法




今回はiTunes経由でiPhoneのバックアップと復元の方法を、誰でも分かるようにご紹介したいと思います。

 

ロボ太
PCを使うと聞いただけで少しハードルが上がったように感じる方が多いですが、そんなに作業工程はありません!

 

少し肩の力を抜いていきましょう!

 

iTunesでデータ移行を行うメリットとは?

 

マシーンくん
そもそもiTunes経由でiPhoneのバックアップアップと復元を行うとどうなるんでしょうか?

 

簡単にいいましょう。

 

ほぼ全てのデータが今と同じように移行できます。

 

連絡先や写真やアプリなどのデータは勿論のこと、パスコードやWiFi情報まで引き継いでくれます。

 

非常に便利で、すぐに新しい端末を利用できますので嬉しいですよね!

 

iTunes経由であれば「暗号化してバックアップ」を利用することで、TouchIDやWallet、LINEのトーク履歴まで復元できます。

 

「今と同じやん」って口に出したくなるほど一緒なので、オススメです!

 

ちなみにiCloudとはどう違うの?

 

iCloudのデータでもiTunesと同じように引き継いでくれます。

 

PCもいらないので非常に便利です。

 

が、しかし!

 

マシーンくん
最大の欠点がiCloudにはあります!

 

それは、バックアップ・復元できる容量が少ないということです。

 

iCloudを利用する場合は5GBまでとなっています。

 

 注意
5GB以上のバックアップ・復元をする場合は、有料となっています。 

 

なんか、少し残念ですよね。

 

ちなみにiCloudの容量追加には、月額での支払いが必要となります。

 

iCloud 月額料金
5GB無料-
50GB月額130円-
200GB月額400円ファミリー共有可能
2TB月額1,300円ファミリー共有可能

 

PCが無い、使いたくないって人はお金はかかりますが、iCloudでも良いかもしれませんね。

 

ただ、iCloudはインターネット環境は必須です。

 

WiFiがないとバックアップ・復元はできないので準備しておきましょう!

 

ちなみにデメリットはあるの?

 

個人的には無いと思います。

 

iPhoneのデータを移行する上で一番ベストな方法はiTunes経由で間違いないです。

 

唯一デメリットがあるとすると、PCでの操作がほとんどなのでPCが分からない人には少しハードルが高く感じるくらいでしょう。

 

ですが、今からそれもご紹介しますので問題はないですね!

 

iTunesでのデータ移行方法

 

iTunes経由でのバックアップ・復元には時間がかかるケースが多いです。

 

10GB以内のデータであれば比較的バックアップ・復元は早くできます。

 

それ以上の容量であれば、復元完了するまで1〜2時間ほどかかる場合があります。

 

時間的に余裕がある時に行いましょう!

 

データ移行《バックアップ編》

⑴iTunesを立ち上げます。iTunesをインストールしていない方は下記からインストールしてください。

 

[blogcard url="https://www.apple.com/jp/itunes/download/"]

 

⑵iTunesの左上の「編集」をクリックし、「環境設定」をクリックしてください。

 

 

⑶「デバイス」のタブを選択して頂き、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れます。

 

 注意

この作業をしない場合、iPhoneが勝手にiTunesと同期をしてしまうことがあります。

勝手に同期してしまうと、iPhoneの中のデータが上書きされる可能性がありますので注意しましょう!

 

⑷自動的に同期しない設定が完了してから、iPhoneをPCに接続します。

 

ちなみに100円ショップなどの安いケーブルは同期ができない場合がございます。

 

純正ケーブルもしくは、MFi認証ケーブルを利用しましょう!

 

MFi認証ケーブルとは?
[blogcard url="https://to-enrich.info/archives/148"]

 

 

⑸iTunes左上のiPhoneのアイコンをクリックしてください。

 

⑹画面中央周辺にバックアップという項目がでてきます。
バックアップの「このコンピューター」にチェックをいれてください。

 

 

⑺「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れてください。

 

バックアップを暗号化することでパスワードやWi-Fi、Walletなど個人情報もデータ移行することができます。

 

⑻パスワードを入力し、「パスワードを設定」をクリックしてください。

 

以前、パスワードを設定されている方はそのパスワードを復元の際に入力してください。

 

パスワードを忘れてしまった方は、バックアップの復元ができません。

 

パスワードをリセットすれば復元が可能となりますので、パスワードをリセットする方法はこちらを参考にしてください。

 

[blogcard url="https://to-enrich.info/archives/796"]

 

 

⑼バックアップを開始していますので、完了するまでお待ちください。

 

⑽⑵でも操作したように「編集」から「環境設定」をクリックし、「デバイス」のタブを開けてください。

 

「デバイスのバックアップ」の項目に最新のバックアップデータが表示されていれば完了です。

 

鍵マークが付いていると、暗号化ができている状況になります。

 

鍵マークがついていない場合は再度、バックアップをやり直してください。

 

 

データ移行《復元編》

 

⑴PCにiPhoneを接続します。

 

⑵iTunes左上のiPhoneマークをクリックしてください。

 

 

⑶「バックアップを復元」をクリックします。

 

注意!「バックアップを復元」の上に「iPhoneを復元…」がありますが、こちらを選ぶとiPhoneが初期化されます。必ず間違いないように気を付けましょう!

 

⑷復元するデータを選択し、「復元」をクリックしてください。

 

 

バックアップのデータは日時を確認の上、間違いないようにしましょう!

 

⑸「iPhoneのバックアップを暗号化」で設定したパスワードを入力し、「OK」を押してください。

 

⑹復元中になりますので、完了すればiPhone画面の指示通りに進めてください。

 

まとめ

 

ロボ太
いかがでしたでしょうか?

 

意外と作業工程としては簡単ですよね。

 

PCやiTunesのバージョンによって画面が若干変わりますが、ほぼこの通り進めることが可能です。

 

ぜひ一度チャレンジしてみましょう!

Amazonでお得に買い物をする裏技!  


Amazonでお得に買い物をするのなら、Amazonギフト券購入する方法がオススメです。    


現金でAmazonにチャージするたびに「最大2.5%のAmazonポイント」が貯まります。Amazonプライム会員あれば絶対に使った方がお得なサービスです。  





ロボ太
チャージするだけで数%もポイント還元されるのは大きなメリットだね!
 

この記事のURLをコピーする
この記事も人気です
コメントを残す

Twitterでフォローしよう